昼顔映画のキャスト一覧の最新情報!鈴木浩介と吉瀬美智子は出ない?

スポンサーリンク

 

2014年に不倫ドラマの金字塔を打ち立てた『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』ですが、2017年に映画『昼顔』として帰ってきます

内容は、ドラマ版の続編。引き離された紗和と裕一郎のその後を描いているということなので、出演キャストも主要キャストを残して一新するようです。

そこで今回は、映画『昼顔』の気になるキャストのご紹介をしていきたいと思います。

映画昼顔の主要キャストとは?

相棒映画2017劇場版IV のキャスト一覧は?あらすじや見どころも!
2017年2月11日(祝)ロードショーの『相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』はご存知テレビドラマ「相棒...

 

それでは、映画版の『昼顔』の主要キャストをご紹介しましょう。

やはり、映画版では一部主要キャストが変更されていますね。

 

木下紗和

北野との不倫が発覚した後、夫と別れ独り身に。自分のことを誰も知らない海辺の町で暮らし始める。

引用元 http://hirugao.jp/character/index.html

 

離婚して自由の身になった紗和ですが、結局のところ不倫の慰謝料を支払ったり、裕一郎とは二度と会うことを許されない立場であったりと、色々と強要があるようです。

しかし、元々逆境でこそ燃え上がる不倫関係ですから今回も波乱の予感がしますね。

 

演:上戸彩(うえとあや)

1985914日生まれの31

 

2000年に女優デビューした上戸さんは、2001年の『3B組金八先生(第6シリーズ)』で性同一性障害の鶴本直役で一躍脚光を浴びる存在となりました。サラシ姿の上戸さんには度肝を抜かれましたね。

その後、『高校教師(2003年)』や映画『あずみ(2003年)』『テルマエ・ロマエ(2012年・2014年)』でも話題を呼び、平成のモンスタードラマ『半沢直樹(2013年)』では、主演の堺雅人(さかいまさと)さん演じる半沢直樹の妻・花(ヒロイン)を演じ、豪華俳優陣にも負けない演技力の高さを見せてくれています。

2012年には元EXILEHIROさんと結婚。2015年には第1子(女児)を出産されています。

 

北野裕一郎

紗和の不倫相手。高校の生物教師をしていたが退職。妻・乃里子と離婚はせず、新天地へ引っ越す。

 

『昼顔』の出演で、大躍進したのは言うまでもありませんが、今回の映画でもセクシー斎藤工が目白押しのようですね。紗和と乃里子の間で揺れ動く裕一郎の結末はいかに!

 

演:斎藤工(さいとうたくみ)

1981822日生まれ35

 

モデル出身で、2001年に俳優デビューされた斎藤工さんですが、デビュー当時はあまり仕事もなく苦労されたようです。

今では、最もセクシーな俳優としても知られ、俳優だけでなく、ナレーションやバラエティ番組でもご活躍されています。

記憶に新しい『ガキ使 絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』で披露した「サンシャイン斉藤」は非常に話題になり、一人の芸人をスマッシュ・ヒットにの仕上げましたね(笑)

 

北野乃里子

北野の妻で、生物の研究をしている。ある日位、夫と紗和の不倫関係に気付き、法的手段で引き離した。

 

ドラマ版では、その猟奇的な演技も話題になった乃里子ですが、再発する紗和と裕一郎の不倫に今度はどんな表情を見せてくれるのでしょうか?

今度こそ離婚してしまうのかも、注目ですね。

 

演:伊藤歩(いとうあゆみ)

1980414日生まれ37

 

子役出身で伝説のSF映画『スワロウテイル』で子役として出演。子供ながらその演技力の高さに日本アカデミー賞新人俳優賞・優秀助演女優賞を同時受賞しています。

しかし、その後は表立った配役をこなすことも少なくなり、2013年の事務所移籍を期にドラマに再度挑戦した矢先、『昼顔』で再び脚光を浴びることとなる。

最近では、『営業部長 吉良奈津子』で略奪愛を画策する家政婦・坂部深雪役を演じ、その怪演ぶりは健在でした。

 

杉崎尚人

紗和が働き始めた飲食店のオーナー。ワケありな紗和に理解を示しつつ、密かに思いを寄せている?

 

今回、唯一の主要キャスト新顔です。紗和と裕一郎の不倫に待ったをかける存在として関係してくるようですが、果たして不倫を阻止できるのでしょうか。

 

演:平山浩行(ひらやまひろゆき)

19771017日生まれ39

 

2003年に芸能界入りした平山さんですが、デビューは25歳の時と、若干遅めでした。

『高原へいらっしゃい(2003年)』で俳優デビューし、『菊次郎とさき(2005年)』や『ROOKIES2008年)』『JIN‐仁‐(2009年)』『ファースト・クラス(2014年)』『ディアシスター(2014年)』などなど、名バイプレイヤーとしての階段を着々と登って来ている実力派俳優の一人です。

 

映画昼顔のその他のキャストとは?

小野恵令奈は現在は何してる?引退の理由とは?

2016年4月1日に映画『白ゆき姫殺人事件』が地上波初放送するということで、本作品に出演している小野恵令奈さんについて調べてみま...

 

さらに、現在はまだ配役を公表されていませんが、出演される俳優さんたちのご紹介もしていきましょう。

 

黒沢あすか(くろさわあすか)

19711222日生まれ45

 

子役あがりの黒沢あすかさんですが、昭和を代表する青春ドラマ『あすなろ白書(1993年)』やスペシャルドラマなどで名脇役を演じている女優さんです。

映画でも『六月の蛇(2002年)』や『嫌われ松子の一生(2006年)』『冷たい熱帯魚(2010年)』、役所広司(やくしょこうじ)さんの怪演が話題になった『渇き。(2014年)』にも出演されています。

 

萩原みのり(はぎわらみのり)

199736日生まれ20

 

デビューは2012年という、まだまだ新人の萩原みのりさん。

デビュー作はドラマ『放課後グルーヴ(2013年)』で、その後REPLAY&DESTROY2015年)』や『表参道高校合唱部!(2015年)』など主に深夜帯の連ドラに出演の多い女優さんですね。

 

志賀廣太郎(しがこうたろう)

1948831日生まれ68

 

言わずと入れた名バイプレイヤーの志賀廣太郎さん。

出演作品も数知れず、シリアスからコメディまでこなす名俳優さんです。

私個人の好みではありますが、DVDのみで公開されている実写版『THE3名様』のパフェおやじが大好きで、あのシュールな笑いは志賀さんの真骨頂とも言える作品ですね(笑)

 

三浦誠己(みうらまさき)

19751116日生まれ41

 

元芸人(トライアンフ)という意外な経歴の持ち主の三浦さんですが、その強面なお顔から任侠モノや怖い役が非常に多い役者さんですね。

最近でも『侠飯~おとこめし~』でヤクザの親分柳刃隆一(生瀬勝久)の舎弟・火野丈治役を演じていましたね。

 

渋川清彦(しぶかわきよひこ)

197472日生まれ42

 

元モデル「KEE」として活躍していた渋川さんですが、1998年に映画『ポルノスター』で俳優デビュー。

その後、『ケイゾク(1999年)』や『空飛ぶ広報室(2013年)』『ウロボロス~この愛こそ、正義。(2015年)』『ラヴソング(2016年)』、映画『ゴールデンスランバー(2010年)』など活躍の場を広げています

 

松居大悟(まついだいご)

1985112日生まれ31

 

脚本家や演出家、監督と言った顔を併せ持つ俳優・松居大悟さん。

映画『アフロ田中(2012年)』や『バイプレーヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~(2017年)』に監督をする傍ら、自身も出演するなどマルチな才能の持ち主です。

 

中村育二(なかむらいくじ)

19531221日生まれ63

 

1987年に「劇団カクスコ」を立ち上げた舞台畑出身の俳優さんです。

とは言っても出演ドラマや映画は数多くあり、最近では『フラジャイル(2016年)』や映画『SCOOP!』のも出演されている名脇役の俳優さんです。

 

スポンサーリンク



 

映画昼顔に吉瀬美智子や鈴木浩介は出ないの?

64前編のネタバレとは?映画ロクヨンのあらすじの幸田メモや隠ぺいとは?

いよいよ始まる映画「64(ロクヨン)」の後編。

でも「前編見てないよ!」とか「前編見たけど復習したい!」という方のために、...

 

と、ココまで映画『昼顔』の新キャストをっわかっている限りご紹介してきたわけですが、ドラマ版ではW主演で出演されていた吉瀬美智子(きちせみちこ)さんの名前がありませんね。

また夫役の鈴木浩介さんの名前も確認できません。

現状では、特に出演の情報がなく出演されるかどうかは不明です。

今回は、話題性の高かった紗和のその後のストーリーがメインになうようで、吉瀬さん演じる滝川利佳子にはスポットが当たっていないようですね。

また元夫なども特に映画版では出てこない悲しい現実。個人的に鈴木さんのキャラクター好きだったので、残念なところですが。

もしかしたら、何らかの形で出演される可能性もありますが、ドラマ版のように細かい描写は無いものと思われます。

 

まとめ

 

今回、6月公開の映画『昼顔』の出演キャストの紹介をしてきましたが、キャストも新たにドロドロの恋愛模様が繰り広げられるということで、特に人気の高かった主婦層の方たちは待ち遠しいのではないでしょうか?

ドラマも人気が高かっただけに公開が楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す