坂上忍はなぜ人気で消えない?どうして急に売れたのかブレイクのきっかけについても

スポンサーリンク

フジテレビのお昼の番組「バイキング」の司会としてすっかり定着した坂上忍(さかがみしのぶ)さん。

天才子役から俳優となり、バラエティ番組でよく見かけるようになったな〜って思ったものつかの間、知らず知らずにテレビで見ない日がないくらいの超売れっ子となっていましたね。

バイキングの司会になった頃は「この人気、どうせ長続きしないんだろうなぁ〜」くらいに思って見ていましたが、人気が衰えるどころか、今や準レギュラーや不定期出演の番組も含めると月に10本以上ものレギュラー番組を抱えています!

はて?ブレイクしたきっかけってなんだっけ?

あんなに自由奔放なのに人気が落ちない理由って?

そんな疑問について調べてみました!

坂上忍のブレイクのきっかけは?

坂上忍の飯田祐馬のゲス不倫擁護発言がムカツク?めしだが被害者なの?
出家騒動、告白本出版で毎日のように、世間を騒がしている清水富美加。

そんな中、またしても清水さんがやってくれました。告白本で...

多分ですが、これがきっかけ!というよりはジワジワと「ちょっと変な人」っていう感じで人気が出てきたように思います。

マツコデラックス&有吉の毒舌ブームに便乗したともいえます。

とはいえ、注目をひいた番組もあります。

2008年 踊る!さんま御殿

このときに潔癖性の話で番組を盛り上げました。

2012年 笑っていいとも!の「まったく行列のできない人生相談所」コーナー

坂上忍さんが相談に来た光浦靖子さんと大久保佳代子さんに、目を合わせることなくフリップに「帰れよ」「出てけよ」と書いたことです。

ブス嫌いを公言していたので、その場にいた観客は騒然としたようですが、この思い切りの良さがウケたのかもしれませんね。

思い切りの良さといえば、坂上忍さんの芸歴はなんと47年!

そこいらのタレントさんよりずっと長いので、上からものを言える立場。

「お前が嫌いだった」とか平気で言う姿勢も視聴者からみると新鮮だったのかもしれませんね。

坂上忍に対する周りの人の反応は?

スポンサーリンク



坂上忍が嫌いな理由10選!どうしてこんなに嫌われるのか検証!
毒舌キャラとして今やワイドショーの司会もこなす坂上忍さん。テレビで顔を見ない日はないというくらい、引っ張りだこの忙しさです。
...

あんなに思ったことズバズバ言うんだから、周りのスタッフも大変だろうなぁ〜って思っていましたが、全く反対のようですね。

とにかく礼儀正しいそうです。

子供の頃から売れっ子の芸能人なので、礼儀が身についているのでしょうか?

そしてスタッフのリクエストに応えようとがんばってくれるそうなんです。

売れても決して偉ぶったりすることがないのも、スタッフ受けの良いところのようです。

ですが一般人から見ると少々違うようで、こんなランキングがありました。

AbemaTVによる10代男女がテレビに出ていたらチャンネルを変えたくなる有名人」というもの。

坂上忍さん、当然入っていますが(笑)何位だと思います?

ジャジャーーン! 堂々の2位でした!

ちなみに1位は意外にもAKB48

3位がりゅうちぇる、4位が広瀬すず(!)そして5位が安定の(笑)和田アキ子!

というわけで、嫌いな人は多いみたいですが(^_^;)ツイッターでは好きという声も結構ありました。

犬好きだからホントはいい人なのかな?”

坂上さんステキ過ぎです(^^)”

ほうーーー驚いた、人の痛みが分かるとは、感度アップだが正しい。 坂上忍が涙で訴え、小林麻耶へのネット中傷”

世間に媚びず、論理的に判断して、悪い事は悪いと言える坂上忍 かなり感度高い”

坂上忍、優しかったよね 感度上がったww”

決して多くはありませんが(^_^;)好き、好感度アップというツイート、結構ありました。

嫌いというツイートもありますが、さほど多くありません。

みなさん、坂上忍さんの強烈なキャラクターに慣れ親しんできたのかもしれませんね(^ ^)

坂上忍はなぜ嫌われないのか?

坂上忍の清水富美加引退の批判はムカツク?事務所擁護に違和感?
人気女優ふみかすこと清水富美加の突然引退報道が世間を騒がせていますが、各種情報番組でもこの事件を取り上げています。

基本的に...

ある程度の年齢の人ならご存知かと思いますが、坂上忍さんは天才子役が親の借金を返済するという涙ぐましい過去を持っています。(T . T)

最近の傾向として、しくじり先生(有名人が自分の過去の失敗や過ちを話す番組)とのように、何も苦労せずに成功したスーパーヒーローよりは、一度どん底に落ちて再びのし上がってきた人に好感を持つような風潮があります。

有吉弘行さんもそうですよね。

ミリオンヒットを飛ばすも、その1曲だけでその後は墜落の人生を歩んでいました。

いわゆる”苦労組”は視聴者心理として、こういった人たちに心の中で「がんばれ!」ってエールを送りたくなるのかもしれませんね。

そしてもうひとつ坂上忍さんといえば潔癖性!

坂上忍さんに限らず、結構潔癖性ネタって結構面白いですよね。

「ありえな〜い!」「そんな人と生活するのムリ〜!」

と思わせることは、逆に嫌われないのかもしれません。

まとめ

坂上忍さんは二日酔いで仕事をしたり、大金をかけた博打の話などをざっくばらんに話しますが、その自由さと豪快さは見ていて気持ちがいいのかもしれません。

普通に働いている人には絶対できない行為を当たり前のように話すのは、見ている方もスカッとするんじゃないかな?って思います。

芸能人なんだから破天荒な人の方が面白いんじゃないでしょうかね^ ^

スポンサーリンク

コメントを残す