ドキンちゃんとバイキンマンの関係性が衝撃?しょくぱんまんが好きな理由についても?

スポンサーリンク

 

みんなが大好きなアンパンマン!

個人的にもやなせたかし先生心から大好きです!

アンパンマンを改めて見ると…バイキンマンとドキンちゃんってどういう関係かはっきりとは知らないことに気づきました。

バイキンマンはドキンちゃん大好きそう。でもドキンちゃんって堂々としょくぱんまんが好きだしなぁ(゚ω゚)恋人ではないよな。

などと、なんなーく予想で見ている人、私以外にもいるのではないでしょうか。

今回はその関係をあきらかにします!バイキンマンとドキンちゃんの関係

そしてドキンちゃんがなぜしょくぱんまん大好きになったのか調べました(`・ω・´)ぜひごらんください♪

 バイキンマンとドキンちゃんの関係とは?

アンパンマンといえば、今では小学生の娘も、小さい頃はだいぶんお世話になりました。

私ごとですが最近息子が生まれ、また娘がお世話になったように息子も絶対好きになるんだろうなぁと思っています。

そんなアンパンマンの中の人気キャラクターバイキンマンとドキンちゃん。

調べてみると、ふたりの関係について公式なページの質問コーナーにのっていました!

バイキンマンとドキンちゃんの関係は?という質問に対しての答えは

「おなじ、ばいきん星出身という関係です。どうやら、ばいきんまんはドキンちゃんが大好きみたいですけど、ドキンちゃんはしょくぱんまんに夢中ですね…。」

引用元: http://www.anpanman.jp/sp/world/qanda/

です。つまり、同じ星の仲間が一緒に住んでるって感じですね(゚∀゚)

ドキンちゃんは居候という立場です。

バイキンマンはドキンちゃん大好きだから、ドキンちゃんのためにいつも何かするのですが、やり方が…それ、だめだろう(苦笑)とつっこみたくなるようなものばかりです。

そうすることで、こどもにわかりやすく「してはいけないこと」を教えてくれているんですよね。バイキンマンとドキンちゃんって悪さばかりだけど、どこか憎めない、愛らしさがありますよね。

ふたりの関係もなんだかんだ愛があり、ドキンちゃんもバイキンマンを思いやる、それが描かれているシーンもたまにあります。

恋とかそういう感じより、家族や仲間的な愛に感じます(*´ω`*)

 

ドキンちゃんはなぜしょくぱんまんが好き?そのきっかけは?

 

スポンサーリンク



 

ドキンちゃんといえばしょくぱんまん大好き、恋する乙女です。

しょくぱんまんさまぁ〜♡と目をハートにしている姿、なんともかわいいですよね♪

そもそもなんでしょくぱんまんを好きになったのか調べてみると、それは2人の出会いでした。

バイキンマンの作戦で、ドキンちゃんはねんざしたふりをして道にすわっており、そこを通るしょくぱんまんがドキンちゃんに声をかけようと車をおりたすきに食パンをうばうというもの。

ドキンちゃんはそのときに、しょくぱんまんの優しく紳士的なふるまいに恋におちたようです。なるほど(((o(*゚▽゚*)o)))♡

公式ページにドキンちゃんとしょくぱんまんはどうなるの?という、なんとも気になる質問がのっていました♪答えは

「ドキンちゃんがしょくぱんまんを大好きで、いろいろアプローチをしていますね。さて、この後どうなるかは、みなさんで見守ってあげてください。」

引用元: http://www.anpanman.jp/sp/world/qanda/

とありました。うん、見守る!応援するよ、ドキンちゃん!!と言いたいところですが…。

原作者のやなせたかし先生のインタビューでは、ドキンちゃんとしょくぱんまんは結婚しますか?との質問に「しません。所詮パンと菌です。」と答えられたそうです。

なんとも現実的(゚∀゚)

また、ドキンちゃんはなぜしょくぱんまんが好きなのかという質問には「わがままな女の子はなぜかマジメな優等生タイプを好きになることが多いのです。名作風と共に去りぬでの、スカーレット・オハラとアシュレーの関係と似たようなものです。」と答えられています。このリアルさがドキンちゃんの可愛さ、見守りたくなる恋の秘密かもしれませんね(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

 まとめ

いかがでしたか?ドキンちゃんとバイキンマンの関係は「同じ星の仲間」でした。

また、ドキンちゃんとしょくぱんまんは結ばれることはないようです。だけど私は、毎日思いっきり恋するドキンちゃんを応援したいと思います!調べてみて感じたことですが、知れば知るほどアンパンマンの世界って深くて楽しいですよね。大人になってからみると、本当に素敵なキャラクターやお話にあらためてひきこまれます。息子と一緒にこれからアンパンマンいっぱい見るぞー♪

読んでいただいてありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す