欅坂46てち(平手友梨奈)の紅白動画は?不協和音で震えてたけど大丈夫?

スポンサーリンク

毎年話題のNHK紅白歌合戦で事件が起きました。

人気グループ欅坂(けやきざか)46のパフォーマンス中に、激しいダンスが原因なのかなんと、失神者が出たんです。

私も見ていたのですが、なかなか衝撃でした。

今回はその衝撃の動画と、その後倒れてしまったメンバーがどうなってしまったのか、まとめていきます。

メンバーが失神!?パフォーマンス中に何が起きたの?

 「第68回NHK紅白歌合戦」が12月31日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。欅坂46メンバーがパフォーマンス後に倒れ込むハプニングがあった。欅坂46のメンバー3人が過呼吸のような状態になり倒れ込むハプニングがあった。総合司会の内村とのコラボレーションパフォーマンスの終盤、鈴本美愉(20)が後ろに倒れそうになり渡辺梨加(22)に支えられた。歌唱後、平手友梨奈(16)もステージで崩れ落ち、志田愛佳(19)も倒れ込んだ。3人はメンバーに抱えられながら退場して舞台裏に運ばれた。

NHKや関係者によると3人は過呼吸のような状態になったという。その後、待機していた看護師の診察を受け、体調は回復に向かった。救急搬送はされておらず、楽屋で待機させたという。

コラボの約20分前、欅坂46はメンバー20人で「不協和音」を披露した。関係者によると、肉体的にも精神的にもエネルギーを使う曲で、全力のパフォーマンスで力を出し切ってしまったという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00090669-nksports-ent

もともと、総合司会の内村さんとのコラボが噂されていたのですが、内村さんが怪我をしたとのことで、コラボは中止なのかな??って思っていたら、なんと、通常の欅坂46のパフォーマンスの後に、内村さんとのコラボを再度行う演出。

欅坂46は2回不協和音を踊ることになったので、確かに激しいといえば激しいのですが、何が原因でこんなことになってしまったのか、疑問です。

ネット上では「運営側の落ち度では?」という指摘も。

人気グループを酷使しすぎたのでは?

きちんと体調管理はできていたのか?メンバーがかわいそうという声があがっていました。

 

欅坂46てちなど紅白2017の衝撃のダンス映像とは?

スポンサーリンク



では、そんな3人が倒れてしまったという衝撃の動画です。

 

なかなか衝撃すぎる動画ですよね~。

パフォーマンスの途中で内村さんが平手友梨奈さんに「大丈夫??」というような声を掛けていたり、最後には後方にいたメンバーが明らかに倒れてしまい、他のメンバーに抱えられる場面も。

その場面を見ていたゲスト審査員の吉岡里帆さんがじっと心配そうに見ていたシーンも印象的でした。

 

欅坂46の倒れたメンバーは大丈夫?

紅白のステージでパフォーマンス中に3人のメンバーが倒れた欅坂46が、3人の無事が確認できる紅白終了後の写真を公式ツイッターに投稿した。

欅坂46公式ツイッターは1日未明、「皆さん、あけましておめでとうございます!本年も欅坂46・けやき坂46の応援、どうぞよろしくお願いいたします!」とあいさつ。そして「写真はNHK紅白歌合戦を終えたメンバーです!」として、番組でパフォーマンス後に倒れ込んだ平手友梨奈(16)、鈴本美愉(20)、志田愛佳(19)も笑顔で写ったメンバーの集合写真をアップした。

NHK広報局は番組後、「3人が軽い過呼吸のような状態になった。待機した看護師に看てもらい、特に問題なく快方に向かっている。病院には行っていない」とコメントしていた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00090950-nksports-ent

とりあえず、3人とも無事で良かったです。

家族の人など、心配で生きた心地しなかったと思います。

今後はメンバーの体調管理など徹底してやってあげて欲しいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す