世にも奇妙な物語で竹内結子主演の箱のあらすじのネタバレや結末は?感想も

スポンサーリンク

 

11月28日(土)9時~放送された世にも奇妙な物語2015秋。その中でも竹内結子さん主演の「箱」という作品のあらすじのネタバレを結末まで。また感想もまとめました。

竹内結子さんの迫真の演技が素晴らしい作品でした!そして息をのむ展開からの最後の結末はびっくりさせられました。是非ご覧ください!

監督さんやキャストについての詳細は以下のリンクから確認できます。

世にも奇妙な物語2015秋が25周年!映画監督編のあらすじのネタバレは?

世にも奇妙な物語2015秋!竹内結子主演の箱のあらすじのネタバレと結末は?

世にも奇妙な物語2015秋!中谷美紀主演の事故物件のあらすじのネタバレや結末は?

朔子は研究室で何者かに襲われてしまい、気づくと棺おけのような狭い箱の中に閉じ込められていました。ペンライトで周りを照らし、状況を把握して「誰か助けて!!!」恐怖に叫ぶ朔子でした。痛みを感じて腕を見ると、細長い虫がはっていました。また恐怖に叫びますが、そんな時、スマホがあるのを見つけます。それは自分の携帯ではありませんでした。

朔子はまず110番します。そして「閉じ込められている、箱の中で、背後から殴られて気づいたら箱の中にいた」と状況を話します。

逆探知するように頼みますが、自分の携帯ではないので番号がわかりません。一旦携帯の番号やキャリアを調べるために電話を切ります。そして、携帯番号がわかると、手にメモをして再び110番します。番号やキャリアを報告すると、場所を確認するということで、また一旦電話を切ります。

世にも奇妙な物語2015秋!阿部サダヲ主演のバツ×のあらすじのネタバレや結末は?

すると、箱が動きだして焦る朔子。ちょうど警察から電話がかかってきたので、箱が動いていることを伝えると「携帯から探知した場所の半径50メートル以内を捜索中」とのこと。充電が切れてしまうので、恐怖の中で電話を切ります。

しばらくすると、突然パイプオルガンの音がします。大音量でした。警察に電話をして「パイプオルガンの音がします!パイプオルガンの場所を探してください」と朔子は叫びます。

すると警察からまた電話がきて「警官が捜索している付近に教会があります。警察が来たら音をたてて合図してください」それを聞いて安心する朔子。しかし20分たっても助けは来ません。

すると警察がまた電話があり「捜索しても見つからなかった。これ以上捜索しても手掛かりがない。捜索を打ち切る」と見捨てられてしまいます。朔子は落胆して叫ぶのでした。

スポンサーリンク



次に朔子は、誰かに電話を掛けます。「朔子!」と言う声が聞こえたので「大ちゃん、閉じ込められてる、すぐに警察に連絡して、助けて、お願い!」と電話で叫びますが、電話は切れてしまい、何度電話をかけても電話がつながりません。

留守電に「大ちゃん、充電が切れちゃいそうなの。私ここで死んじゃうのかな。いろいろありがとう。大ちゃんの声聞きたかったな。大ちゃん、恐いよ!」泣きながら話します。そして充電が切れるのでした。

そして明りが顔を照らします。研究室のみんなが自分を見つめています。そして「覚えている?君が閉じ込められた時にどういう脳内になるか実験をしようと言ったんだよ」と言われます。そして、ハッと目覚めると、やっぱり箱の中です。

そして次のシーンでは、病院です。朔子は研究室で誰かに殴られて、搬送されて植物状態になっていたのでした。

箱の中にいた時に感じた痛みや動いている状況やパイプオルガンの音は、治療中に注射を打たれたり、担架で運ばれたり、検査器の音だったのです。

永遠に続くかもしれない植物状態は、箱の中にいるような恐怖を味わいながら過ごしているということだったのです。そしてラストは朔子は箱の中で「誰か~!誰か~!!助けて」と叫び終わります。

永遠に続くかもしれない植物状態においては、箱の中にいる恐怖をずっと味わうということだったのでした。ちなみに電話していた「大ちゃん」は朔子の恋人で、朔子が植物状態になった病院に駆けつけたのでした。電話の声は病院に駆け付けた大ちゃんが「朔子!」と言った声だったのでした。

世にも奇妙な物語2015秋!竹内結子主演の箱の感想

世にも奇妙な物語2015秋!満島真之介主演の嘘が生まれた日のあらすじのネタバレや結末は?

誰が、何のために、どうして???と展開が気になって、ドキドキしながら見ていました。竹内結子さんの迫真の演技が素晴らしくて、それだけに本当に怖かったです。

なので、最後の結末は、とっても意外でなんだ、そんなことか~と思ってしまいましたが

よく考えてみると、植物状態の中で、箱の中にいるような恐怖がずっと続くという事実は、どんな心霊現象よりも実はすごく恐ろしいことだと思って、最後はぞくっとしました。

だって、ずっと朔子は辛そうに叫んでいて、それって本当に生き地獄ですよね。もし植物状態の人間がそういうことになっていたのなら、と思うと本当に怖いな~と思いました。

スポンサーリンク

コメントを残す