箱根駅伝2016の東洋大学のメンバーや注目選手とは?区間エントリーも

スポンサーリンク

 

前回、圧倒的な強さで優勝した青山学院大学。前評判も優勝は青学!と言われていますが、その打倒!青学の最右翼の東洋大学についてみていきます。今年の全日本駅伝で優勝した東洋大学はかなりの期待が持てます。まさに優勝候補筆頭に相応しい大学の一つです。

ここでは東洋大学の箱根駅伝2016年の選手情報と注目選手の一人口町亮選手を取り上げていきます。また、東洋大学の監督、出雲駅伝・全日本駅伝と前回の箱根駅伝の結果も載せていますので是非ご覧になって下さい。また区間エントリーや登録選手もまとめました!

箱根駅伝2016東洋大学の区間エントリー選手とは?

1区 上村和生(4)
2区 服部勇馬(4)
3区 服部弾馬(3)
4区 小笹椋(1)
5区 五郎谷俊(4)
6区 口町亮(3)
7区 櫻岡駿(3)
8区 山本修二(1)
9区 高橋尚弥(4)
10区 渡邊一磨(4)

 

 

 

引用元:http://www.ntv.co.jp/hakone/92/team/3.html

箱根駅伝2016東洋大学の登録選手とは?

305456

箱根駅伝2016の出場校は?優勝順位予想や注目選手も

では早速箱根駅伝2016の東洋大学の登録選手を見てみましょう。

 

氏名 フリガナ 学年 年齢 登録陸協
上村 和生 ウエムラ カズキ 4 21 徳 島
五郎谷 俊 ゴロウタニ シュン 4 22 石 川
高橋 尚弥 タカハシ ナオヤ 4 22 岩 手
寺内 將人 テラウチ マサト 4 22 和歌山
長谷川 直輝 ハセガワ ナオキ 4 22 新 潟
服部 勇馬 ハットリ ユウマ 4 22 埼 玉
湯田 晟旭 ユダ テルアキ 4 22 愛 知
渡邊 一磨 ワタナベ カズマ 4 22 熊 本
口町 亮 クチマチ リョウ 3 21 埼 玉
櫻岡 駿 サクラオカ シュン 3 21 栃 木
橋本 澪 ハシモト レイ 3 21 群 馬
服部 弾馬 ハットリ ハズマ 3 20 埼 玉
野村 峻哉 ノムラ シュンヤ 2 20 鹿児島
堀 龍彦 ホリ タツヒコ 2 20 福 岡
小笹 椋  コザサリョウ 1 19 埼 玉
山本 修二 ヤマモト シュウジ 1 19 石 川

(下線が引いてある選手は前回出場)

※主将は服部 勇馬

出典元:http://hakone-ekiden.jp/

 

こうしてみると16人中8名が4年生と半数を占めることが分かります。これは全体的にみると多い部類に入りますがさして気にすることでもないでしょう。ただ前回出場選手が7名いることは大きいです。やはり前回を経験していることは大きな強みになります。

 区間予想ですが服部兄弟は前回、前々回と過去2年連続で勇馬2区、弾馬7区なので今回も同様だと思います。5区は予想が難しいのですが今回注目で取り上げたこともあり大穴の口町亮選手で!

 

 

東洋大学の注目選手とは?

スポンサーリンク



箱根駅伝2016の青山学院大学のメンバーや注目選手とは?登録選手や区間エントリー予想も

 一時、日本中を沸かせた山の神こと柏原竜二選手が卒業されて、山の神不在の現在の東洋大学で有名な選手と言えば、服部 勇馬と服部 弾馬の服部兄弟だと思います。そして、今回も間違いなく出場してくると思います。ただここでは、今年大活躍し今回ほぼ間違いなく初出場することが予想される、注目の口町亮選手を取り上げてみます。

 

名前:口町亮(くちまち りょう)

生年月日:1994年7月11日

出身:埼玉県

大学:東洋大学法学部第2部法律学科(夜間)在学

引用元:http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/data/2015/member/toyo/01_kuchimachi.html

http://www.hochi.co.jp/sports/etc/20151212-OHT1T50104.html

 

 口町亮選手は現在、東洋大学に在籍しており3年生です。最近はYahoo!のニュースにも取り上げられ期待が高まる選手の一人です。

 口町選手の大学駅伝デビューは今年に入ってからで、遅咲きの選手とも言えます。元々は全国高校総体出場という実績もあり、東洋大学スポーツ推薦での入学を希望していましたが、残念ながら希望は叶いませんでした。しかし、どうしても東洋大学に入りたいという思いから、決死の覚悟で夜間部での入学を果たしました。

ところが憧れの大学に入学したものの、夜間部なので当然他の昼間に通っている選手とは違い、午前に練習、午後に授業という他選手とは真逆の生活スタイルでした。他選手と一緒に練習することもほとんどなく孤独との闘いだったと思われます。

そんな過酷な競技生活の中、今年の出雲駅伝の4区で見事大学駅伝の出場を果たし、区間賞も獲得しました。そして、全日本大学駅伝も3区で出場しここでも区間賞を獲得しました。さらにいずれも区間記録にあと3秒というところまで迫っていました。

こうして花咲かせた田口選手は箱根駅伝でも素晴らしい走りが期待されます。是非ともここでも区間賞をとってもらい、あわよくば区間記録も狙ってもらいたいです!

 

東洋大学の監督とは?

箱根駅伝2016に初出場の東京国際大学!駅伝部メンバーと注目選手とは?登録選手も

東洋大学の監督は酒井 俊幸監督です。酒井監督自身も東洋大学出身であり、陸上選手でした。箱根駅伝にも3度出場されています。ただ、選手としては大学卒業後のほうがその活躍ぶりが伺え、コニカ(現在はコニカミノルタ)に入社後に全日本実業駅伝で3連覇を経験しています。

その後、会社を退社後、教員を経て大学監督へと至ります。監督としての腕も確かで、当時無名であった柏原竜二選手を見出し、箱根駅伝でも2010年に2連続優勝を果たし2012、2014年も優勝、計3度に渡り箱根駅伝を優勝に導いています。

このように監督の腕も確かなものなので、今回の箱根駅伝も東洋大学は優勝候補筆頭といえるでしょう。

 

 

東洋大学の今年2015年他の大会での結果とは?

箱根駅伝2016の予選会の結果や記録は?2015年の優勝校や結果なども

今年の東洋大学がどのような軌跡を描いたのか知ってもらう意味も込めて、大学3大駅伝である出雲駅伝、全日本駅伝の結果を見てみしょう!

 

2015年出雲駅伝結果

 

日程:2015年10月12日(月) ※体育の日

コース:出雲大社正面鳥居前(勢溜)⇒フィニッシュ:出雲ドーム前

 

上段:選手氏名  中段:通過記録・順位  下段:区間記録・順位

高橋尚弥 服部勇馬 服部弾馬 口町亮 野村峻哉 櫻岡駿
23:57 12 40:00 8 1:04:13 5 1:22:02 3 1:40:43 3 2:10:40 4
23:57 12 16:03 3 24:13 2 17:49 1 18:41 3 29:57 4

出典元:http://www.izumo-ekiden.jp/record/record.html

 

2015年全日本大学駅伝対校選手権大会結果

 

日程:2015年11月1日(日)

コース:熱田神宮西門前(名古屋市熱田区神宮)⇒ 伊勢神宮内宮宇治橋前(伊勢市宇治館町)

服部 勇馬 服部 弾馬 口町 亮 櫻岡 駿 高橋 尚弥 野村 峻哉 堀 龍彦 上村 和生
43:11 01:20:45 01:47:43 02:28:44 03:02:38 03:38:46 04:13:56 05:13:04
43:11 37:34 26:58 41:01 33:54 36:08 35:10 59:08

(上段が通算記録、下段が区間記録)

出典元:http://daigaku-ekiden.com/taikai_kiroku/

 

 以上、出雲、全日本駅伝の結果となります。少し表が分かりづらいかもしれませんが、出雲駅伝では4位、全日本駅伝では1位という結果でした

出雲駅伝では4位と残念な結果でしたが、見事全日本駅伝では初優勝を果たしました。間違いなく上り調子の東洋大学です。箱根駅伝でも優勝の可能性は大です!

 

東洋大学の昨年の箱根駅伝2015の記録は?

箱根駅伝2016の関東学生連合のメンバーや注目選手とは?区間エントリー予想も

最後に去年の東洋大学の箱根駅伝の結果を見てみましょう。

 

■第91回大会 2015年(平成27年)

順位:3位

総合記録:11時間01分22秒

監督:酒井 俊幸

 

 

区間 区間順位 選手 記録
1 4 田口 雅也 1時間02分12秒
2 1 服部 勇馬 1時間07分32秒
3 6 上村 和生 1時間03分34秒
4 4 櫻岡 駿 0時間55分15秒
5 11 五郎谷 俊 1時間22分14秒
6 8 髙橋 尚弥 1時間00分01秒
7 3 服部 弾馬 1時間03分35秒
8 6 今井 憲久 1時間06分03秒
9 9 寺内 将人 1時間10分27秒
10 5 淀川 弦太 1時間10分29秒

出典元:http://www.hakone-ekiden.jp/data/data_race.php?racenum=91

 

 ご覧のように前回3位と上位入賞を果たしています。さらに過去3年に遡っても1位、2位、1位と抜群の成績を収めています。全日本駅伝でも初優勝を果たし今回もまた上位入賞は確実視されており、狙うは優勝のみと言えるでしょう。

 

まとめ

f6c5c0fe80c8bec28d6a75b76edc66ab_s

 打倒!青山学院の一番手に名乗りをあげている東洋大学ですが、本当に今回は楽しみな走りが期待されます。特に服部兄弟と口町選手がどのような走りを見せるかが今回のレースの鍵を握っていると言えます。

全日本駅伝のときのような走りが出来れば優勝も充分に狙っていけます。それでも青山学院が調子を取り戻したらかなりの苦戦を強いられると思われます。

こればっかりは本番当日になってみないと分かりので、本番当日を楽しみにして待ちましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す