めちゃイケ、10月3日放送の抜き打ちテストのメンバーがヤバすぎる!

スポンサーリンク

 

めちゃイケの「バカ」を決める抜き打ちテスト。いろいろあるめちゃイケの企画の中でも、昔から私の大好きな企画です。テストを受けるメンバーへの岡村隆史の突っ込みがとっても面白いんですよね~!しかも、10月3日放送のテスト参加者のメンバーが本当にヤバかった!すごいキャスティングに度肝を抜かれました。タイトルも「問題児だらけ女子高」となっていましたが、かなりの問題児ばかりでした。番組でも岡村隆史が言ってましたが、きっと2chが大騒ぎだったでしょう!見逃してしまった人のために、まずは、毎回恒例の、最初のドッキリで参加者が登場するシーンのやりとりをご紹介。私、このシーンが毎回一番好きなんです。もちろん、テストの参加メンバーもばっちり紹介です。

恒例の最初の、出演者登場のドッキリの設定は?

めちゃイケ10月3日放送の抜き打ちテスト!メンバーの順位と学歴は?

毎回、テストを受けるメンバーは、CM撮影やイメージキャラクターの写真撮影など、嘘の企画で呼び出されて、突然何も知らされずに、岡村隆史と矢部浩之がいる教室とご対面するという恒例のドッキリ企画。教室と対面した出演者たちのびっくりリアクションと岡村の突っ込みが毎回本当に面白いですよね~。

 

今回はイメージキャラクターとして選ばれた、最近人気のとにかく明るい安村さんと共に、「湾岸警察1日警察署長に選ばれたという設定。そして警察署の広報にて写真撮影している最中に、後ろを向いたら、抜き打ちテストを受ける教室だったという仕込みでした。

 

出演者たちの登場シーンの詳細です!

今日のテーマは「問題児だらけ女子高」ということですが、言わずと知れた人たちばかりですが、一応かなり簡単に、どんな問題かも紹介します。

<1人目>

トップバッターは、鈴木紗理奈。クラス委員長だそうです。そして、教室とご対面するやいなや、即座に状況を把握。そりゃ、めちゃイケレギュラーだし当然ですよね。「恥ずかしい~」と恥ずかしそうにしていた。

 

鈴木紗理奈の問題は「元ヤン、離婚系」でしょうか。

 

「1日警察署長だと思った」と鈴木紗理奈の一言に「無理無理!やれるわけない!お世話になることはあるけど」と岡村隆史からのキツイ突っ込み。

 

<2人目>

矢口真里登場!いきなり2人目でこの人ってすごいキャスティングであることが、今後のびっくりが想像できた瞬間でした。もっとすごい人が出てくるってことだよねと。

 

矢口真里の問題は言わずとしれた「不倫修羅場

 

矢口真里が「ヤダヤダヤダ!嘘~。」とびっくりしていると、岡村隆史から「(1日署長なんて)今はまだ来ないんじゃないか?」と突っ込み。今はまだというか、永遠に来ない気も。

そして、鈴木紗理奈から「1人目でこんな悪い子がくるの?!」と突っ込みが。この驚きの言葉、納得でした。

 

<3人目>

AKB峯岸みなみが登場すると、すかさず、岡村隆史が突っ込み!「伸びたな~、毛」ってこれまた、先制パンチ!

矢口真理が「(2人目まで見て)どういうクラスかわかってきた

って私もわかってきました。ガチのお騒がせメンバーになる予感の瞬間でした。

 

AKB峯岸みなみの問題も、こちらも言わずと知れた「アイドルなのに、熱愛発覚→坊主にする

 

<4人目>

やっぱり登場の熊切あさ美。本当にすごいキャスティング…。熊切あさ美のリアクションは苦笑。岡村隆史は「きたきた!」と。これだけで、説明なしで誰でもわかる、問題児。さらにたたみかけるように岡村は「ネットでは、ざわざわしてるよ!

熊切あさ美の問題、ホッとなネタの「片岡愛之助との破局、三角関係騒動

<5、6、7人目>

なんとダレノガレ明美、三船美佳、芹那の3人まとめて登場。身を削って出てくるのに、こんな雑な、まとめての登場なんてかわいそう。特に三船美佳さん。

そして岡村が一言「湾岸大炎上!

 

ダレノガレ明美が「なにこれ!やっと警察官になったと思ったのに!」怒り気味に言うと岡村隆史が「ちょっと安めのミニスカポリス」と突っ込む。

 

各人の問題は

ダレノガレ明美「奔放な言動でたびたび炎上

三船美佳「高橋ジョージとの泥沼離婚

芹那「芸人に口説かれたことを言いふらすなど、その言動で度々炎上

 

<8人目>

 

橋本マナミの登場で一瞬、なんで??と思ったけど、理由は「愛人にしたい人ナンバーワンだったから」とのこと。

岡村の突っ込みも「警察署長なんて無理!愛人ってイメージ良くないでしょう、ルール違反ですから、主婦の敵ですから」って愛人騒動があった訳ではないのに、と思ったけれど、本人はおいしいかも。

橋本マナミの問題は「愛人にしたい人ナンバーワンだったから

 

<9人目>

ナレーションで、「(この流れで)女の敵という意味ではこの生徒も…」というふりで登場したのは、小林麻耶。「嫌いな女子アナランキング2位」。2位って逆に中途半端でイタいかも。ぶりっ子なリアクションでゆっくり歩いていると「教室に入ってくるまでの時間が(ぶりっこしてて)一番遅い!嫌われてますよ~」と岡村の突っ込み。

 

小林麻耶の問題は特にワイドショーを騒がせてはいないけど、「ぶりっこで、女に嫌われている」でしょうか。

 

<10人目>

そして、この人の登場。私最初、誰だかわかりませんでした。半井小絵

岡村隆史が「みんな(この人誰??)とキョトンですが、あえて、何も言いません。休憩時間でスマホで調べてください」。テロップに「半井 NHK お天気キャスター」で検索、と出ていたので私は思い出しました。そして岡村たたみかけるように「何もいいわないけど、みんなの仲間です!(その通りだと思いました)」「はい!ざわざわしない!」

半井小絵の問題は「不倫報道

 

<11人目>

扉があいて、教室が現れたことになかなか気づかない女性の後ろ姿。そして、振り向くと岩井志麻子。なんて、しぶいキャスティング!びっくりして足を開脚。岡村は「ただのエロおばさんだと思ったら大間違い(すごい作家さんです)」

岩井志麻子の問題は「エロ発言、旦那との変な関係かな?

<12人目>

最後、一堂が注目するなか、「ずる休みしないでちゃんと、やってきた生徒は」というナレーションの後、上西小百合議員登場!すごい、この人、キャスティングするのも、出てくるのも、本当にすごいですね。岡村隆史は「今日一番のザワザワです!浪花のエリカさんこと上西小百合さんです!」と紹介!上西小百合が国会に行ってから、来たことを告げると「ネットの皆さん!さぼってませんよ。国会言ってきましたから」と岡村隆史。

 

言わずとしれた、上西小百合の問題は「国会をさぼって男と旅行

 

今回決めるバカは?どんなバカ?

スポンサーリンク



 

みんなの登場が一通り終わって、今回決めるバカのタイトルは、イメージキャラクターにとにかく明るい安村を打ち出してきたこともあり「とにかく明るいバカを決めます」と岡村隆史。

 

そして、岡村隆史は

「みなさん、共通点はわかりますか?まだ解決してないな?と思う人もいるでしょう!」

みんな、問題を起こして、バカだ、あいつはバカだと散々言われたでしょう。でもみなさん、みなさんはアクションを起こすから失敗するんです。頑張ってるんです、行動を起こさなければスタートラインに立つこともありません

確かに、岡村良いことを言うな~と思った瞬間、問題児たちに、以下のことを言わせる。

ダレノガレ明美「炎上するけど、バカじゃない!

芹那「変な声だけど、バカじゃない!

AKB峯岸みなみ「坊主にしたけど、バカじゃない!

上西小百合「温泉好きだけど、バカじゃない!」

熊切あさ美「よく泣くけれど、嘘泣きじゃない!」

 

このシーンもかなり笑った!熊切あさ美なんて、「声が小さい」!とか言われて2回も言わされてしまった。

 

まとめ

めちゃイケの「とにかく明るいバカ」を決める抜き打ちテスト、前半戦だけでしたが、言ってしまうと、この前半登場シーンが、この企画で一番面白いシーンだと思うのは、私だけでしょうか。今回もかなり笑わせてもらいました。後半部分も後からまとめたいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す