スペシャリスト連ドラのキャストは?第一話のあらすじのネタバレも

スポンサーリンク

 

期待の異色ドラマ「スペシャリスト」が連続ドラマとなって帰ってきました!ドラマからスペシャルと言う流れはよくありますが、その逆は珍しい限りです。それくらい期待を背負っているドラマと言っても過言ではありません。

スペシャリスト連ドラの放送開始日時、気になるキャストや、第1話のあらすじを少しだけ、ネタバレ必至になりますがご紹介します。過去のスペシャルドラマスペシャリストの再放送情報もあります!

 

連ドラスペシャリストとは?

スペシャリスト第1話のあらすじのネタバレと感想は?宅間が再び収監!

「スペシャリスト」は、2013年の第1作に始まり、昨年末のスぺシャリスト4まで4本の2時間ドラマを経て、今回の連続ドラマへと続く草彅剛主演の異色刑事ドラマです。

 

冤罪で10年間の服役を余儀なくされた主人公の刑事・宅間善人は、服役期間中に犯罪者の心理や手口、動機など犯罪に関連するあらゆるデータを記憶するという特殊能力を身に着けてしまいます。そのスペシャルな能力を武器に、京都府警の特別捜査係の一員として数々の未解決事件を解決してきました。

その中には、自身の冤罪事件に大きく関連する事件や、同僚であり相棒である姉小路千波という女性刑事の夫に関連する殉職事件など多岐にわたるものでした。

スペシャリスト4では、自身の抜擢および特別捜査係をもつくった京都府警本部長の死に直面します。一時は刑事の職を離れる決意をするも、自身の冤罪含めてあらゆる陰謀解決のために、京都から東京へ向かう決意をするのでした。

 

連ドラスペシャリストの放送開始日時は?再放送情報も!

スポンサーリンク



スペシャリストは、2016年1月14日(木)から毎週木曜日21:00~21:54 テレビ朝日系列にて放送されます。初回は、21:00~22:09の拡大版です。

また以下日程で再放送もありますので、事前に見ておくことスペシャリストの世界観がよくわかると思います。

「スペシャリスト」2016年1月9日(土)12:00~14:15 テレビ朝日系列

「スペシャリスト2」2016年1月10日(日)13:55~16:30 テレビ朝日系列

 

 

連ドラスペシャリストのキャストは?

 草なぎ剛主演ドラマ!スペシャリスト4のあらすじのネタバレと結末は?感想も

宅間 善人(たくまよしと)/草彅 剛(SMAP)

警視庁総合事犯対策係(仮)の刑事。実験的部署のため(仮)の文字がつく。

冤罪による服役経験で身に着けた、犯罪者の心を知り尽くした特殊能力を持つ。恩人であり後ろ盾でもあった京都府警本部長の死をきっかけに、京都府警から東京へ異動してくる。その特殊能力で警視庁でも難事件に立ち向かう。

 

姉小路 千波(あねこうじちなみ)/南果歩

警視庁総合事犯対策係(仮)の刑事。京都府警時代から宅間の相棒であり、正義感の塊の女性刑事。同業であった夫は、宅間も絡んだ事件により殉職。捜査の基本は足という昔ながらの考え方で、超まじめな性格を持つ。

 

松原 唯子(まつばらゆいこ)/芦名 星

警視庁総合事犯対策係(仮)の刑事。京都府警時代からの宅間たちの同僚。元捜査二課で

スペシャリスト4では、その能力を買われ、サイバー犯罪対策室から引き抜きの話があったほど。語学が堪能で容姿端麗。

 

野方 希望(のがたのぞむ)/和田 正人

連続ドラマからの登場で、警視庁刑事部捜査一課の刑事。

捜査一課に所属しつつ、滝道の指示で総合事犯対応係(仮)に事件の調書などを持ち込む役割などを担う

 

我妻 真里亜(あづままりあ)/夏菜

連続ドラマからの登場で、警視庁総合事犯対策係(仮)の刑事。

宅間含めたいつものメンバーの同僚となる新顔。叔父が現警察庁長官にも関わらず総合事犯対策係(仮)への配属は裏がありそう。元ミス警視庁の美人刑事が、宅間に思いっきり振り回されるはず。

 

堀川 耕平(ほりかわこうへい)/ 平岡祐太

警視庁総合事犯対策係(仮)の刑事。京都府警時代からの宅間たちの同僚。元々は、警備部でSP出身ということもあり、格闘技全般にたけている。

 

滝道 博喜(たきどうひろき)/吹越 満

警察庁警備部警備対策官。現在は警視庁に出向中。スペシャリスト4にも登場し、警察庁長官の命令で、宅間を東京へ引っ張った張本人でもある。総合事犯対応係(仮)を新設するも、今後の関わり方などは不明。

 

 

連ドラスペシャリストの第一話のあらすじのネタバレは?

 スペシャリストに出演の和田正人は箱根駅伝の選手だった!結婚は?

訳あって、宅間がいる場所は東京刑務所。すでに人生で二度目の服役だがいったい宅間の身に何があったのか?

 

時計の針を10か月ほど戻す。宅間は、所属する特別捜査係の解散により、働きの場を京都府警から警視庁に移すことになる。そして警視庁で身を置くのは、その名前に(仮)がつくほどの新設の部署「総合事犯対策係」。滝道によりつくられた同部署は、「ボーダレス化する凶悪犯罪に対応するため、縦割りの組織を越えて円滑に捜査、情報収集、分析するチーム」という役割をもつ。その新設部署に、新しいメンバーとして、刑事部総務課から我妻真里亜という元ミス警視庁の女性刑事が転属してくる。

そんな時、総合事犯対策係として初めての事件が起こる。名家・新宮司家の当主である小説家が首をつって自殺を図った事件が起こるが、背中にはナイフが刺さっているという奇妙な状況。さらに現場は密室状態で、なぜか十二支の人形があるという現場に、宅間の推理が始まる。

さすがのスペシャリスト宅間の謎解きにより、事件が紐解かれていくかに見えたが、すんなりとは終わらない。当主の生命保険証書が見つかるが、その受取人は妻ではなく、執事になっていたことから、事件は執事による他殺への偽装であることが疑われた。しかし、腑に落ちない宅間と我妻は、捜査を続行する。他の事件関係者であるライターや弁護士らに会って情報を集めた結果、意外な真実にたどり着く二人。そんな時、そのライターが自殺してしまう。すべてを悟った宅間は新宮司家へ向かったが、あることが原因で宅間自身二度目の服役の身になってしまう怒涛の展開へ。

 

 

連ドラスペシャリストの見どころは?

草なぎ剛主演のスペシャリストとは?今までのあらすじのネタバレやキャストなど

かねてからのスペシャリストファンとしては、はたしてこの連ドラですべての謎が解けるのか?に尽きるんではないでしょうか?2時間ドラマと言う時間的制約が無く、1クールと言う長い時間がある為、脚本や演出に大いに期待したいところです。キーマンの一人であろう滝道演じる吹越さんの醸し出すミステリアスな雰囲気も、すでにいいスパイスになっています。

 

 

まとめ

いい助走期間を経て、満を持してスタートするドラマ「スペシャリスト」。草なぎさん演じる宅間の、飄々とした口調や、特にコミカルながらも類まれない推理力が毎週見られるのは今からとても楽しみです。もしかしたら、草なぎさんの新たな代表作の一つになるんではないかとの予感がします。

蛇足ですが、14日初回放送の直前番組である「科捜研の女」にも、なんと宅間がそのままの配役で登場します。テレビ朝日が送る「科捜研の女」と「スペシャリスト」の貴重なコラボシーンもどうぞお見逃しなく!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す