藤本隆宏は結婚している?出演ドラマや経歴についても

スポンサーリンク

 

NHK大河ドラマ「真田丸」には、堀田作兵衛役で藤本隆宏さんという俳優が出演しますが、ちょっと気になってみましたので調べてみました!

俳優になった経緯がとっても珍しく、出演作なども、ご覧になる前にぜひ知っておくと面白いと思いますよ。

藤本隆宏さんの経歴や出演作、そしてデビューのきっかけ、またご結婚されているのか?プライベート情報も探ります!

真田丸で堀田役の藤本隆宏の経歴や出演作は?デビューのきっかけも

 大河ドラマ真田丸とは?場所について主人公のモデルをわかりやすく解説
プロフィール

 

藤本 隆宏(俳優・元競泳選手)

1970年7月21日生まれ

福岡県出身

早稲田大学人間科学部卒業

身長: 183cm

(引用元:http://www.creemintl.co.jp/fujimoto.htm)

 

藤本さんは、元は俳優とは全く異なる世界で、バリバリに活躍する水泳選手でした。その実力は折り紙つきで、ソウル、バルセロナとオリンピックに二回も出場しているほどです。

バルセロナでは、その時点で日本史上最高位の成績を残しましたが、同じタイミングで当時中学生だった岩崎恭子さんが最年少金メダルを獲得するという日本中を賑わす快挙にかき消されてしまった不運がありました。

アトランタでのメダル獲得を目指してオーストラリアに水泳留学するも、結果選考レースに敗れて夢はかなわずとなりますが、その地で次の人生の夢につながる大きな出会いがありました。それは「レ・ミゼラブル」の観劇でした。

そこで、一念発起した藤本さんは、水泳を辞めて劇団四季のオーディションにチャレンジし、見事合格して舞台俳優への一歩を踏み出します。

ところが、そこからは、いばらの道が続きます。歌、セリフ、ダンスという慣れない分野での挫折を経験するも、コツコツと努力を重ねて才能を発揮し、ヴェニスの商人(1996年)での初舞台を皮切りに、冒険者たち(1997年)、王子とこじき(1997年)、キャッツ(1998年)と劇団四季で出演を重ねます。

劇団四季を退団後も、数々の舞台を経験されて2009年からは本格的にテレビの世界に足を踏み入れます。テレビドラマの出演作は次の通りです。

 

テレビ出演作

 

坂の上の雲(2009年~2010年、NHK) 海軍中佐 広瀬武夫 役

JIN-仁- 完結編(2011年、TBS)西郷隆盛 役

大河ドラマ「平清盛」(2012年、NHK) – 伊藤忠清 役

連続テレビ小説「花子とアン」(2014年、NHK) – 梶原総一郎 役

オリエント急行殺人事件(2015年、フジテレビ) – 保土田民雄 役

 

オーディションを経て初めての大役をかちとった「坂の上の雲」では、主役の親友・広瀬武夫役を演じたことで注目を浴び、以後のテレビドラマ出演へつながります。

「JIN」の西郷隆盛役でも九州出身だけにその方言は完璧でしたし、なんといっても大きな身体は迫力満点でした。

オリエント急行では、大好きな三谷幸喜作品に初出演を果たします。それにしても、NHKの出演が多いのは、若い役から年老いた役まで幅広い演技を違和感なくこなすスキルの高さもあると思いますが、やはり好感度の高さなのかもしれません。

 

藤本隆宏さんの真田丸での役柄は?

スポンサーリンク



主人公・真田幸村こと真田信繁を堺雅人さんが、脚本を三谷幸喜さんが手がける話題作「真田丸」において、真田信繁を慕う地侍・堀田作兵衛(ほったさくべえ)を演じます。

堀田作兵衛の娘は、真田信繁の最初の正室だと言われています。信繁が豊臣方として大坂の役に参戦した時には、上田から大坂城に駆けつけますので、かなり重要な役でもあると言えます。

 

 

真田丸の堀田役の藤本隆宏さんは結婚しているの?

こちらも非常に気になる点ですので、調べてみました。

過去に劇団四季出身の女優さんとご結婚されていたという情報がありましたが、既に離婚されちて、現在は独身のようです。

そもそもプライベートの情報をあまり明かされていませんので、詳しいことはわかりませんでした。寡黙なイメージのある藤本さんだけに、ベールに包まれているんでしょうか。

 

まとめ

異例の経歴を持つ俳優ですが、テレビでの大きな出演は、39歳で迎えた2009年の「坂の上の雲」という遅咲きになります。

「元オリンピック選手」を前面に出せば、もっと早くチャンスをもらえていたかもしれません。あえてそれを封印して勝負したため、回り道することになりましたが、諦めないという才能を持つ藤本さんは見事に花を咲かせます。

しかし、その才能を陰で支えていたのは、やはり水泳に大きく関与していたようです。水泳選手から俳優に転身した大先輩の故・木原光知子さんに終始励まされていたことをインタビューで語っておられました。

その木原さんを紹介してくれた女優の所属事務所社長が、まさに「坂の上の雲」のエグゼクティブプロデューサーと旧知の中で、藤本さんの舞台を目にしたことがオーディションのきっかけにもなったそうです。

やっぱり、人と人のつながりは、どこで何が起こるかわからないですが、それも藤本さん自身が、努力することを継続してきたからこその結果だと思います。今は、「あのオリンピック選手が俳優に」、のキャッチフレーズだと思いますが、近い将来、「あの大俳優が実は元オリンピック選手」にとって代わる日が来るかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す