大河ドラマ真田丸とは?場所について主人公のモデルをわかりやすく解説

スポンサーリンク

 

いよいよ始まる新大河ドラマ真田丸。豪華なキャストや人気武将をモデルしたことなどから、開始前から大きな話題になっていますね。視聴者の期待も膨らんでいると思いますが、今更ながら「真田丸」ってなにという方や歴史に詳しくない人に、新大河ドラマ真田丸の基本的なことを詳しくない人にわかりやすく解説します。

真田丸とは何のことか?真田丸の場所は?真田丸の主人公についても徹底解説します。

 

そもそも真田丸ってなに?真田丸の場所は?

 真田丸の堀田作兵衛役の藤本隆宏の出演作や経歴は?結婚している?

大阪城は周りを川で囲まれた城でしたが、南側は堀を築いただけで、守るのに手薄でした。

そこで、真田信繁(幸村)は、父昌幸が築いた上田城(長野県上田市)の上田合戦で徳川軍を退けた経験を基にして、「真田丸」(さなだまる)という砦(とりで)を大阪城南側に築きます。これは、城の内外を土塁、石垣、堀で囲った砦(とりで)です。

1614年の大坂の陣(冬の陣)において、豊臣方の信繁(幸村)はこの真田丸に徳川軍を誘い込み、打ち破ることに成功しました。

真田丸は、いわば仮設でしたので、大坂の陣の後で完全に破壊されて、今は遺構すら残っていません。

正確な場所は分かりませんが、大阪城南側、大阪府大阪市天王寺区付近だそうです。

跡地と考えられる場所には、元々あった三光神社(大阪府大阪市天王寺区玉造本町14-90)が建てられています。

 

 

大河ドラマ真田丸の主人公は誰?どういう人?

 

真田信繁(幸村)が今回の大河ドラマ「真田丸」の主人公です。

信繁は、巧みな戦略で徳川家康をも恐れさせた戦国時代の伝説の武将です。

今でも様々な書籍、ドラマ、映画、アニメなどでその生涯が描かれています。

「眞田十勇士」、猿飛佐助、霧隠才蔵などの忍者伝説でも有名です。

なお、「幸村」という名前は後世の人がつけたものだと言われています。

 

さて、今回の「真田丸」をより楽しむためのヒントを述べていきましょう。

 

信繁(幸村)は「日の本一の兵」と称され、戦国時代を代表する武将です。若いときは豊臣秀吉の人質となり、豊臣家の繁栄から没落までを体で感じます。1600年の「関ヶ原の戦い」では大阪城外に「真田丸」という城の内外を土塁、石垣、堀で囲った砦(とりで)を作り、淀と秀頼を守って戦います。

 

NHKの大河ドラマでの「真田丸」とは、

大阪の陣の際に、敵をおびき寄せるために大阪城の外に作った砦が「真田丸」であり、

さらに、今回のドラマのテーマの家族愛を一艘の船に乗り込んだ家族の船が「真田丸」という二つ意味が含まれています。

 

大河ドラマ真田丸の主人公を演じる堺雅人の演技に期待!

 

真田信繁(幸村)を主役で演じるのは、個性派人気俳優、堺雅人。「半沢直樹」「リーガルハイ」「ゴールデンスランバー」「南極料理人」など、様々な役を演じ分けるカメレオン俳優だ。彼は、台本を暗記し、現場では台本を見ないそうです。その台本もそのドラマが終わるとすべて廃棄してしまうほどストイックに演技に取り組むそうです。

 

兄役の大泉洋は、これまでのコメディタッチの役柄から、シリアスな演技に挑戦するそうです。

 

父親役の草刈正雄は、「真田太平記」で、同じ幸村役を演じています。今回はその父親役を演じるということで運命的なものを感じると「あさいち」で述べていました。また、役作りのために、主演の堺雅人、大泉洋に刀をプレゼントしたそうです。草刈自身が「真田太平記」の時に、父親役の丹波哲郎から送られたそうです。草刈はそれを枕元に置いているそうです。

 

様々な登場人物が、それぞれ個性的な俳優、女優さんが登場するのもとても楽しみです。

 

 

脚本担当は三谷幸喜!

 

三谷幸喜は、コメディを得意とした人気の脚本家です。

「幸喜」という名前は、先日亡くなった大相撲の横綱、大鵬幸喜にあやかっています。

テレビドラマでは「古畑任三郎」「オリエント急行殺人事件」など、映画では「不思議な金縛り」「ギャラクシー街道」などの脚本を手掛けています。

大河ドラマは2004年の「新選組!」以来の2度目の脚本になります。

三谷さんは有名な俳優、女優さんを、ちょい役で登用するのが得意ですね。

クレジットエンドでも、登場人物順に俳優、女優名を流す独特の形をとっています。

三谷さんがどのように戦国時代を描いていくか楽しみです。

 

まとめ

 

人気武将の真田信繁(幸村)を堺雅人さんがどのように演じていくか楽しみです。また、今後登場してくる様々な武将を誰がどのように演じるのかにも興味が深まります。

 

「真田丸」に登場する各地は今、ブームに沸いています。

群馬県、長野県、大阪府、和歌山県は、今年は観光客がさらに増えることでしょう。

また、昨今のスマホゲームの人気などから、歴男、歴女がさらに増えることと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す