あさが来たのうめと雁助のストーリーのネタバレは?2人の恋の結末は?

スポンサーリンク

 

NHK朝ドラ「あさが来た」で加野屋に久々に雁助からの手紙が来ました。

手紙の内容がとっても気になるところですが、雁助からの手紙を気にしていた友近さん演じるうめと雁助(がんすけ)の関係とは?以前、どういうストーリーがあったのか?また雁助が突然意識不明の重体になってしまった3月7日からのストーリーでうめと雁助のエピソードの部分をまとめてみました。

 

 

ずっとヒロインあさに付いてきた女中のうめ

あさが来たの山崎平十郎役の辻本茂雄は吉本座長!小籔千豊との関係は?

女中のうめ(友近)はヒロインあさ(波瑠)が生まれ育った今井家から、加野屋に嫁ぐ時まで、ずっと付いて行きました。あさが幼い時からずっとです。うめを演じる友近さんもバラエティ番組で「ヒロインのそばに付いて常にテレビに映れるおいしい役」と言っていました。

 

そして、うめが加野屋で出会った大番頭の雁助と徐々に恋仲になっていきます。視聴者もきっと「まだくっつかないのかよ~」とヤキモキするほど、長い間を掛けてプラトニックな恋を育んできました。雁助があさが始めた炭坑事業の仕事のため、九州にずっと居ることになった時は、手紙のやり取りをした遠距離恋愛を長年していました。

 

ちなみに、女中のうめはドラマのオリジナルです。なので、脚本の題材になった本に、うめが出てこないんですね。

 

銀行経営を始めた加野屋で雁助に心境の変化が

スポンサーリンク



あさが来たではつの息子藍之助役の森下大地の出演作は?演技力に期待

加野屋が銀行経営に乗り出し、銀行経営に詳しい平十郎(辻本茂雄)が新しく加野屋に雇われ、彼の活躍で銀行準備が順調に進みます。

そんな中、長い間両替屋の大番頭として働いていた雁助は加野屋を去ることを考え始めて、加野屋でも雁助が辞めるという噂がたち始めます。雁助もうめに「一緒にここを出よう」とプロポーズのようなことをしました。

そんな雁助の気持ちを察したうめは、悩みながらも立場を重んじて、雁助と一緒に加野屋を去る決意をすることができませんでした。

 

そして、うめのそんな思いを察したあさはあさは、うめに辞めようとしている雁助と一緒に出て行ってもいいと涙ながらに話すのでした。それでも心定まらないうめ。そんなうめに、あさは相撲を挑みます。

 

あさとうめの相撲シーンと言えば、あさが加野屋に嫁ぐ時にもあった、感動のシーンでした。

しかし、うめは加野屋に出ていくことはありませんでした。

雁助は以前結婚していた時の子供が病気で一緒に暮らすために、1人で加野屋を出ることになりました。

あさとうめが相撲をしていたのは、傷心のうめに思いっきり泣いてもらいたいと思ったあさの計らいだったのです。雁助も「一緒にここを出て行かないか?」なんて、ひどい男。うめも真剣に悩んでしまったのに・・・・。しかも、うめはそんな雁助に「一度でもあんな事(一緒にここを出よう)を言ってくれて嬉しかった」と責めることなく、やさしく送り出しました。

というストーリーでした。そして、月日は流れ、久々に雁助からの手紙が届いたのでした。果たしてどういう内容なのでしょうか。

 

年老いた後の、うめと雁助のストーリーとは?

神戸で工場を営む雁助は、仕事中に頭を負傷して意識不明の重体に。雁助の妻ツネは、雁助が働けなくなり工場の資金繰りに困り果て、お金の無心をお願いする手紙を加野銀行あてに送るのでした。

ツネの相談を受けた栄三郎と新次郎、そして亀助とうめは、雁助が入院している神戸の病院に行きました。あさは大学設立の活動で多忙のため、神戸には行けませんでした。

栄三郎と新次郎は、雁助の家族から、工場の経営状況が厳しいことを聞かされます。そしてうめに雁助のそばについているようにお願いし、栄三郎と新次郎、亀助の3人は大阪に帰ります。

雁助の工場を救うために、栄三郎は協力してあげたい思いですが、簡単に融資できる額でなく、周囲の反対に合うのでした。

一方、ツネと病室で2人きりとなったうめは、ツネから仕事一筋で家庭をかえりみない雁助への不満話から、家庭での雁助の姿を知るのでした。

そして、その後、雁助と2人きりになったうめ。うめは雁助に「忘れていたはずなのに、顔を見たらまた、声が聞きたくなった。目を覚ましたて欲しい・・・」と言い雁助の手を握るのでした。家庭のある相手なのに切ないですね。

その後、駆けつけたあさと一緒に、雁助の手を揉んで、雁助の意識を戻そうとするのでした。そんな2人の看病のかいもあって雁助は意識を取り戻し、家族や周囲は喜びます。そんな雁助の様子を見て、うめとあさは大阪に帰るのでした。

そして雁助が回復したことにより、工場は融資を受ける必要がなくなりました。

そしてしばらくすると、雁助が加野屋に挨拶に来ます。皆は、雁助を歓迎します。そして、あさが気を利かせて、うめと雁助を2人きりにします。

雁助はうめに、娘の病気のために家族と一緒にいるけど、妻とは復縁したわけでないことを伝えるのでした。そんな雁助にうめは、友情のあかしの握手を求め、2人は握手をし、抱き合うのでした。そして、2人はお互いに別れを告げるのでした。

 

まとめ

あさが来たで雁助役の山内圭哉の髪型は弁髪?結婚についてや子供情報も!

うめの恋はせつない終わりを迎えてしましたね。でも、これで完全にふっきれたのかもしれません。個人的には、一度はうめに女としての幸せをあげたかったので、残念な結末でしたが。

 

スポンサーリンク

コメントを残す