小保方晴子の手記発売でツイッターの悪ふざけが面白い?価格やネタバレは?

スポンサーリンク

 

驚きの手記発売で、久々に世間を騒がしている「STAP細胞はあります!!」でおなじみの小保方晴子さん。

そんな彼女の驚きの行動に対するツイッター(TWITTER)での反応が面白いんです!

昨日、久々の登場で世間を騒がせた野々村議員の騒ぎと同じような反応なんです。

そんな小保方さんに関するのTWITTERでの悪ふざけの内容についてまとめてみました。

また発売される本の価格や発売日、内容のネタバレをまとめてみました!

 

久々に小保方の登場!手記発売はびっくりの告白や暴露!?

野々村議員の坊主は反省じゃなくてズラ?ツイッターなど世間の反応は?

STAP細胞論文の研究不正問題をめぐり、論文を書いた小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)が手記を出版することが26日、わかった。小保方氏がまとまった主張を公表するのは、2014年4月の会見以降初めて。

 タイトルは「あの日」で、全253ページ。講談社から出版され、早ければ28日に書店に並ぶ。14年1月に論文を発表後、不正の疑惑が浮上して論文の撤回に至る詳細などを当事者の視点でつづっている。

 小保方氏は手記の冒頭で「世間を大きくお騒がせしたことを心よりおわび申し上げます」とした上で、幼少期から米ハーバード大留学などを経て、理研の研究員となって論文を発表するまでの経緯を説明している。

引用元;http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160127-00000009-asahi-sci

 

内容は目次から見る限りだと「混入犯に仕立てられた」と自らの弁明や暴露などになっているようです。どんな内容になのか、世間は興味深々ですよね。でも、論文の内容よりも、小保方氏の手記の続編などに興味がある人も多いようです。

 

小保方の再登場に世間の反応は?

小保方さん、メンタル強くて羨ましいです。」

小保方さん手記発表 金稼ぎにきたか。。。」

小保方ついに炎上商法か」

小保方さん、手記を公開じゃなくて、販売、出版だから、反省であるわけがないです。無料公開の前書きからも、それはうかがいしれて、この件は終了です。」

「とりあえず公開されてる前書きだけで、小保方は反省する気も真実を書く気も無いことがわかった。」

小保方さん、本を出版するよりも、論文を書いて反論するなり、説明するなりした方が賢明だと思う。早稲田での論文がダメなら、他の大学で試す訳にはいかないの?素晴らしい論文ならば、大学とか国とか関係なく認められると思うんだけど…。」

小保方氏のダイヤより硬い精神力見習いたい」

「野々村も小保方も面の皮がどんだけ厚いんだ。小保方も本書く前にちゃんとした論文書いてりゃ博士号取り消しにならなかったのに。……論文書く頭が無いから暴露本にしたのか。安い女だなー

 

もちろん、好意的な意見はほとんどないですよね。お金稼ぐためとか、メンタルの強さにびっくりと言ったところでしょうね。

 

そして昨日の野々村議員ばりのパロティの数々。手記ということで今後も動画などいろいろおもしろいものが作成されそうですね!

 

「アンネの日記 小保方春子の日記」

 

「小保方晴子の告白が「あの日」ってタイトルの時点でこれしか思い出さない

あの日見たSTAPを僕たちはまだ知らない。

 

「小保方晴子の告白 小保方晴子の憂鬱 小保方晴子の溜息 小保方晴子の退屈 小保方晴子の消失 小保方晴子の暴走 小保方晴子の動揺 小保方晴子の陰謀 小保方晴子の分裂 小保方晴子の驚愕(初回限定版)」

 

「STAP細胞の小保方晴子さんが「小保方晴子の告白」という手記を出すみたいだけど、あまりにもラノベのタイトルだから 「小保方晴子の告白」 「パクリティ・サノット」 「号泣のノノムラー」 「佐村河内守のいうことを聞きなさい!」 という四部作でシリーズ化して欲しいところだね。」

 

あの人達と結びつける人も多数

スポンサーリンク



小保方が手記発売でタレントに転身?しくじり先生出演から芸能界入り?

そして多かったのが、昨日話題になった野々村議員とゴーストライター騒動の佐村河内氏。3人の名前を一緒に出す人が多かったです。

「小保方さんの本が明日出版されるそうだ、野々村議員の本出版もちかい。」

「今日のニュースは小保方さんに野々村と懐かしい人の話題で持ちきりですね 小保方さんはともかく野々村は飽きないなー ホントこいつ面白いわw」

「もう野々村と小保方は結婚すればいいと思うよ」

「野々村、小保方、佐村河内並みの大物選手は今年も現れるのだろうか」

「野々村に次いで小保方の手記が話題なら、次はもう佐村河内の音楽集とか出してもらわないとな。なんだよこの去年の後始末みたいな1月。」

「野々村氏、小保方氏と続けて復活している……これは佐村河内氏の覚醒も近いことを暗に示している」

なんで、同じタイミングで2人が再登場??とびっくりしますよね。そこでこれからの佐村河内氏の再登場にも期待しちゃうということでしょうか?

 

発売される手記(本)の価格や発売日、内容のネタバレは?

 

タイトル:あの日

価格:1512円

発売日:2018年1月28日(木) ※予定

内容のネタバレ

まずは目次です。

導入 はじめに
第1章:研究者への夢
第2章:ボストンのポプラ並木
第3章:スフェア細胞
第4章:アニマル カルス
第5章:思いとかけ離れていく研究
第6章:論文著者間の衝突
第7章:想像をはるかに超える反響
第8章:ハシゴは外された
第9章:私の心は正しくなかったのか
第10章:メディアスクラム
第11章:論文撤回
第12章:仕組まれたES細胞混入ストーリー
第13章:業火
第14章:戦えなかった。戦う術もなかった
第15章:閉ざされた研究者への道

「仕組まれた」とか「戦えなかった」など、小保方さんは陥れられたという内容ですね。では、具体的に内容についてまとめてみます。

以下、記事などからのまとめです!

STAP細胞の共同研究者の若山照彦氏が黒幕

 

だから、STAP細胞なるものがES細胞の混入であった点は、自分ではなく若山氏が関与したと述べる。また、研究者の多くがSTAP細胞の存在を疑うにいたった「TCR再構成」も、若山氏の細胞の管理の問題だと述べる。

若山氏が、研究データよりストーリーを重視し、仮説にあわないデータを意図的に除外するなど、逸脱行為をしている点を述べる。

引用元:http://news.yahoo.co.jp/pickup/6189215

 

しかし、小保方氏は、STAP幹細胞の培養やキメラマウス作製はすべて論文の共著者である若山照彦・山梨大学教授が主導していたと断言。にもかかわらず、途中でその若山氏に手のひらを返され、捏造の犯人に仕立てられてしまったと主張しているのだ。

引用元:http://lite-ra.com/2016/01/post-1926.html

当時、不正が話題になったときに、若山氏の顔も有名になりましたね。著書では若山氏が黒幕であると書いてあったようです。若山氏はSTAP細胞を証明するために、キメラマウス(STAP細胞と今までの細胞の混合細胞で作られえている実験マウス)を作っていた人物です。かねてから、他の知識人などの意見から若山氏が怪しいという意見も見られました。

これは、訴訟問題に発展しないのか?今後の若山氏の動向に注目です。

 

STAP細胞はあります!

 

小保方氏は、狭い意味でのSTAP現象、つまり体細胞に刺激を与えてOct4の発現を蛍光発光で確認することはできたと述べ、それが200回STAP細胞を作ったという記者会見での発言につながったという。だから、いまでもSTAP細胞はあると考えている。多くの人たちが考えるSTAP細胞存在の定義より狭く考えているのだ。

検証実験に失敗したのも、検証実験にキメラマウスの作成が求められ、若山氏が関与した部分に手を出せなかったからという。

引用元:http://lite-ra.com/2016/01/post-1926.html

やはり、著書でもあくまでSTAP細胞はある!と言っているようです。

あの会見の「STAP細胞はあります!」と強く言っていた場面がよみがえります。

 

バッシングの被害を受けたかわいそうな私について

 

生活に支障の出るほどの過剰な取材や、一方的なバッシングの渦中にある当事者が、どんなに大変なめにあうのか…確かに小保方氏は問題行為をしたが、ここまでひどい扱いを受けることはない。メディアに出演し、小保方氏を批判した私は、決して本人を貶めるようなつもりはなかったものの、バッシングに加担したことになるわけで、その点は申し訳なく思った。

引用元:http://lite-ra.com/2016/01/post-1926.html

騒ぎによるマスコミなどのバッシングの被害がどういうものであったのかを本で語っているようです。

「被害者面して!!」と批判もあるようですが、一方で「かわいそう」という意見も。本の内容は自分に都合の良い説明に終始しているようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?昨日今日とたてつづけに、再登場で世間をびっくりさせてくれたお騒がせな人たち。でも、それを面白がってパロディにしてしまう人が多いほど、ある意味人気者ですよね!

また手記の内容も終始言い訳をしているような内容とのこと。特に若山氏の名前ははっきりと出して詳しく書いているので、今後の動向に注目です!

 

スポンサーリンク

コメントを残す