小保方晴子手記を読んだ感想のまとめ!若山照彦の陰謀など内容のネタバレも

スポンサーリンク

いよいよ1月28日に発売されて注目を集めている小保方晴子さんの手記「あの日」。

若山照彦さん陰謀説をメインに驚きの告白をしています。

早速読んだ人による記事やツイッター(TWITTER)などの投稿から、内容のネタバレや感想や反応をまとめてみました!

小保方晴子手記「あの日」の内容のネタバレは?まとめ

小保方晴子の手記発売でツイッターの悪ふざけが面白い?価格やネタバレは?

「小保方本読んだ。若山氏にはめられたというのがおおむねの主張 >先生たちにこれ以上の負担をかけたくないと思い…大学への再反論のコメントは出さないことに決めた。私は早稲田大学に9年も通ったのだ。しかも運動部にまで入っていたので、人一倍、愛校心が強かった」

 

「小保方晴子さんの「あの日」を読んだ。 相変わらず科学の話はわからないけど、出版日前日まで箝口令が敷かれていた理由はわかった。 NHKの受信料をますます払いたくなくなるw」

 

「小保方さんの手記が本当だったら、若山とかゆー人は小保方さんに全て責任を押し付けて逃げてるって事だよねぇ…」

 

「小保方の手記の内容をまとめると「理研の陰謀にはめられた私かわいそう」」

 

共著者の若山照彦・山梨大教授について「STAP細胞の作製の成功・存在の証明は、若山先生がいなければなしえないもの」と強調。論文撤回に至った過程で「若山先生が作った細胞を若山先生ご自身が『おかしい』と言っている異常事態」と指摘した。

STAP細胞がES細胞ではないかと疑義が起きたことには「私がES細胞を混入させたというストーリーに収束するように仕組まれていると感じた。私の上司たちによって仕掛けられたわなだ」と、理研への不信感も示した。

引用元:http://www.nikkansports.com/general/news/1597567.html

 

ツイッターやワイドショーなどでも若山さんについての話題ばかりでした。

そもそも若山照彦さんとは、小保方さんの共同研究者で、若山氏はSTAP細胞を証明するために、キメラマウス(STAP細胞と今までの細胞の混合細胞で作られえている実験マウス)を作っていた人物です。

はっきりと名指しして、騙されたと本に書くなんて、よほど恨みがあったんですね。

真実であるのか、不明ですが、2人の今後の戦いが楽しみです。

 

 

小保方晴子手記「あの日」の世間の感想は?まとめ

スポンサーリンク



小保方晴子が手記発売でタレントに転身?しくじり先生出演から芸能界へ?

「理研が小保方を詐欺&背任で刑事告訴しないから、若山教授はとうとう「黒幕」扱いされてしまった。。。 騒動最中の会見で、小保方&笹井は若山教授に責任転嫁する意図がアリアリだったから、こうなっても驚かないが、野々村と同じ類の詐欺師・小保方の主張を信じている人の多さに驚愕する。」

 

「小保方晴子さんの手記、ワイドショーどこもトップ。 どこかで読んだような表現が多くて、もう剽窃が癖になっているような気がした。」

 

「小保方さんの手記で問題になってる若山教授、大学中に読んだ論文で1番面白かったマンモス復活できるかの論文書いてる人だった…複雑なきもち」

 

「理研も若山さんも小保方手記にコメントしない、と言っていた。もうあの女に関わりたくないんだろう。関わらないのが一番。」

 

「小保方さんの著書の献本が届く。ざっと目を通したんだが、なぜ笹井先生が自殺されたのか。なぜ、あの場所で自殺したのかまったく触れられてないですよねえ。司法解剖の結果を入念に検証することがあるんじゃないかと。加えて、若山先生の検証と小保方さんの実験の記録の整合性ですかねえ。」

 

「小保方さんの黒幕はやはり若山さんか」

 

「小保方、手記の中で全ての責任を若山教授に押し付けてる模様 やべえだろこの女」

 

「小保方さんの手記 ほんまの事かどうかとかは 実際のとこ分からへんけど いろんな人が関わってるくせに 小保方さん1人に 責任丸投げしたのは事実やし。 どっちにしてもかわいそうやろ笑」

 

「今ミヤネ屋見てるけど 小保方晴子の手記がホントなら 小保方晴子めっちゃかわいそう」

 

「小保方さんも食い下がるなぁ ここまで諦めないのは、やっぱり裏があるのかな それなら可哀想…」

 

「小保方さん可哀想だよね」

小保方さんの若山さん陰謀説に異議を唱える人が多い中、ちらほら若山さんに疑惑を持つ人も。果たして真実は???今後の若山さんの動向に注目ですね。

また、小保方さんがかわいそうという意見も多数。批判派が多い中、意見がわかれる問題のようです。

 

まとめ

 

小保方晴子さんの著書のネタバレや感想いかがだったでしょうか?

驚きの告白で世間の意見は、小保方さん批判が多いようです。小保方さんがメディアに姿を現す時が来るのか?注目です。

 

スポンサーリンク

6件のコメント

  • まるこ

    若山氏が卑怯だとよく分かった。
    事件があったときに、一番得する人間が一番の悪だとはよくいったものだ。
    早々に、若山氏のうさんくささを指摘している哲学者(山崎行太郎)がいる。
    http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20140617/1402962384

    • enjoywp

      まるこさん、コメントありがとうございました。そんなに前から指摘されていたとは、無知だったため知りませんでした!
      ただこれが事実だとしても、若山さんが上手にマスコミを利用しているので、世論の小保方さんのイメージを変えるのは、難しいかもしれないですね。

  • 匿名

    二年前から溯って事実だけ追いましょう。データが全て。解析結果の発表や経緯を調べれば答えが見えます。

    既に結論は出ていますしね。スタップ細胞は最初から無いって。

    まあ、感情論を展開して善意ある人達の同情心に訴えたいんでしょうね。

    でも、事実は変わりません。
    ハーバード大学附属病院麻酔科医バカンティ氏の説を信じ込んで、日本に持ち込んだのは小保方晴子さんだし。

    研究者の基礎もコツコツ学んでもいない小保方晴子さんは夢を見ていたのかしらね。

    • enjoywp

      コメントありがとうございます!
      夢を見ていたとはいえ、STAP細胞の存在を喜んだ人たちをがっかりさせてしまったことは罪ですよね。

  • 匿名

    コツコツ研究し続けて来た人物、若山さんが、小保方晴子さんの唱えたスタップ細胞作成のお手伝いをある知人から頼まれた。
    小保方晴子さんに渡したマウスでスタップ細胞を小保方晴子さんが作成。しかし、系統が違うマウスを小保方晴子さんから返された。渡したマウスとは違うマウスを返された若山さん、それを知らずに「キメラマウス」が出来たと小保方晴子さんと2人で喜んだ、とか。
    但し、若山さんがその後、自分だけで行った実験では一度もキメラマウスは出来なかったとか。

    そして、スタップ細胞の作成方法が記された論文に疑念を抱き、遺伝子解析を決断。
    その結果、小保方晴子さんに渡したマウスと実験で使用したマウスが異なることがデータで証明された。若山さんの疑念は決定的になり、論文撤回を最初に決断。

    これらの経緯は関係者ならわかっているでしょう。もう事実はデータとして残ってるし、結論は出てるから、関係者はコメントすることは無いのかもしれませんね。
    けれど、科学を十分理解出来ていない、一般人に向けてコメントが欲しい気もするんですが。
    如何でしょうか。

    • enjoywp

      コメントありがとうございます!
      確かに、科学を理解できていない一般人は単純に小保方さんの大胆な行動と、「小保方対若山」という形に目がいってしまって、根本的なことがわからない状態ですね。
      きちんとコメントが欲しいところですが、マスコミにもっといじられるのが嫌なのでしょうか?若山さんはずっと沈黙を守っていますね。

コメントを残す