火村英生の推理第3話のあらすじと感想!赤い目印を探した鉄道は京都?

スポンサーリンク

 

ドラマの宣伝のため、出演者が多く日テレのバラエティに出ていました。なかでも斎藤工さんが出演したガキの使いは、斎藤工ワールド全開で一気にファンになりました。

そんな普段とは違う火村英夫を観られるのもドラマならではですね。ここでは、「火村英生の推理」(3話)のあらすじ、感想、ドラマを観て気になった事をまとめてみました。次話以降、より面白く観るためにも、是非ご覧下さい。

火村英生の推理第3話のあらすじとは?

 火村英生の推理の第一話のあらすじのネタバレと感想!名コンビ誕生

俳優をしている志摩(飯田基祐)が誘拐され、妻である恵里香(西田尚美)のところに連絡が入る。それを知った志摩のマネージャー城戸(児嶋一哉)が、慌てて警察に連絡するが、「警察には言うな」と言われていた恵里香は警察の介入には消極的だ。そんなところに、犯人からと思われる郵便物が届く。そこに入っていたメモには、電車に乗り、赤い目印を探せというもので、恵里香以下、火村(斎藤工)、有栖川(窪田正孝)、小野(優香)らも同乗するが何も見つけられなかった。しかし、火村には、それがフェイクで何も起こらないと分かっていたのだ。

そんな時、志摩は遺体で発見される。再度、志摩の家に手がかりがないが調べると、有栖川がちょっと押したところに隠し部屋を発見し、そこに恵里香が志摩を殺した凶器が隠してあったのだ。

これで志摩殺しの犯人が恵里香だと分かったが、誰かが遺体を運び、恵里香を脅していたのだ。その犯人は、マネージャーの城戸。城戸は密かに惠梨香を愛していて、愛する恵里香や警察が自分の思い通りに動いているのが楽しくて仕方ないという、美しくない犯罪だったのです。

 

火村英生の推理第3話の感想とは?

 スポンサーリンク



冒頭は、まるで「西村京太郎のトラベルミステリー」風な感じがして、なんとなく懐かしく感じたのは私だけでしょうか。今話は、始めに真相をばらしてから、徐々に解決させていく、練ったストーリーに仕上がっていて、推理ドラマファンも納得の出来だったのではないでしょうか。

始めに殺した犯人が分かっていながら、ストーリーを見ていくのは、まるで「古畑任三郎」を見ているかのようで、大変見ごたえがありました。しかも、ただ殺しの犯人が分かるだけでなく、その犯人を脅していた第2の犯人もいるとは。

これだけ凝ったストーリーを続けていれば、クチコミが広がって視聴率も上向きになってくるように思えます。

 

赤い目印を探しながら乗車していた鉄道は?京都の電車?

 

京都が舞台であることでロケ地も注目されている「火村英生の推理」。どこに斎藤工や窪田正孝が現れるのか興味ありますよね。

先週の第3話でも、古き良き嵐山の和風旅館が登場していて話題になっていました。

旅館の情報は以下のリンクから確認できます!

 火村英夫の推理の第2話のあらすじと感想は?窪田正孝が宿泊した旅館紹介

今回の第3話では、結局はフェイクだった赤い目印を探しながら、乗っていた電車がありました。まるで触れるような距離に住宅があったのが、とても印象的でしたね。

あれも京都の私鉄とかでしょうか?気になったので調べてみました。答えは、残念ながら京都ではなく、神奈川の相模鉄道のようです。通常、運行している電車に、斎藤工さんや窪田正孝さん、優香さんなどが乗車していたら、完全にパニックになるでしょうから、おそらく貸切で特別運行されたのでしょう。さすがに電車シーンは、セットでは作れませんからね。

「ここは京都かな?それとも京都以外かな?」とロケ地を気にしながらドラマを見てみるもの面白いかもしれませんね!

スポンサーリンク

コメントを残す