清原和博が覚醒剤を始めた時期は現役の頃?実は禁断症状もあった?

スポンサーリンク

フジテレビの「みんなのニュース」でスクープ証言が報道されました。

なんと知人からの証言で覚醒剤を始めた時期がわかったというのです。

また禁断症状が出るほどの常習犯だということも発覚しました。

驚きの知人からのスクープの内容をまとめました。

かなりの常習性が疑われる証言

サンジャポでの杉村太蔵の清原批判はむかつく?ツイッターの反応は?

報道から月に数回群馬県を訪れて覚醒剤を入手していたことがわかった清原容疑者。

そして、逮捕された直前には現在付き合っているという20代前半の水商売の女性と一緒だったと報道されています。いろんなことが発覚すればするほど、驚くことばかりです。

しかし、覚醒剤を始めた時期が現役からという証言には本当にびっくりさせられました。

ちなみに証言した知人は、以前「覚醒剤を売っている人を知らないか?」と焦った様子で聞かれたそうです。

薬が切れてしまったようで、入手先を必死で探しているようでした。そして「部屋の中からカンカンキンキン音がする」といったような、禁断症状があったことも証言。兼ねてから噂されていた通りかなりの常習者だということがわかりました。ここまで薬の症状が出ていたとすれば、離婚した理由がこの覚醒剤のせいだという噂は本当な気もしてきますね。

そして薬を始めた時期として「現役のころから」と。この証言が本当だとすると8年以上前からであることがわかります。

また他の報道で同じ野球選手だったという人間の匿名の証言で「(覚醒剤を使用していたのは)96年オフに西武から巨人にFA移籍する直前だった。」と20年くらい覚醒剤を使用していたとう証言もあります。どちらにしても現役時代から使用していた可能性は非常に高いですね。

この罪はかなり重いです。

そして報道されているように、かなり前から警察にマークされていた清原容疑者。よくサウナに行っていた清原和博はサウナから出てきた後に「なにか怪しい人物がいた」と周囲の様子を疑い警察に追われていることを非常に警戒していたと言います。

スポンサーリンク



怪しまれていたことを、かなり前からわかって警戒していたのに、どうしてやめられなかったのか。しかも、逮捕される前に、覚醒剤疑惑を報道されしまいました。それなのに次々と逮捕される芸能人を前に自分だけは大丈夫だと思っていたのでしょうか?

また離婚して子ども達と会えなくなった時は、信じられないくらいの落ち込みようで、その時の落ち込みが、更に薬にのめりこませたのではないかと、知人は語っていました。

テレビ番組や自信のブログでも子供に会えない悲しみを語っていた清原容疑者。もし子供のことを愛しているなら、子供をきかっけに薬物を辞められなかったのでしょうか?彼のしたことは、ファンや周りの関係者はもちろんのこと一番は2人の子供たちに対する大きな、本当に大きな裏切りですね。

それにしても知人とはいったい誰なのかが気になりますが、「覚醒剤を売っている人を知らないか?」と聞いたということは、カタギではない気もしてしまいます。

それにしても、証言が本当だとすると、短くて8年、長くて20年くらい常習していたことがわかります。これが本当だとすると、ここまで逮捕されなかったことが、逆におかしいくらいの長さだと思いました。

まとめ

上重聡アナのスッキリ降板理由は加藤浩次との不仲が原因?真実を考察

覚醒剤の入手先を、かたくなに明かさない清原容疑者。一部では家族への報復を恐れてとの理由があります。だったら、こういう事態になる可能性があるのに、どうしてこんなことをしてしまったのか、本当に理解に苦しみます。

どうか思春期真っ只中の2人の男の子のお子さんだけは、なるべく傷つかないようにと願うだけですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す