偽装の夫婦の2話のあらすじと感想は?第3話の予想も【ネタバレ注意】

スポンサーリンク

 

遊川和彦さん脚本で、期待のドラマ「偽装の夫婦」の第2話が終わりました。早速、あらすじと感想とまとめてみました。また第3話の予想も書いています。ネタバレありなので、注意です。

 

「偽装の夫婦」第2話のあらすじ

 

「偽装の夫婦」第一話のあらすじと感想!視聴率は?ネタバレありです

 

超治(沢村一樹)の「偽装結婚してほしい」という頼みを断ったヒロ(天海祐希)。 しかし今度は、シングルマザーのしおり(内田有紀)が幼稚園の運動会の障害物競争で手にした「かぞく」と書いてある紙を見せてプロポーズします。

そして、しおりは、娘のユウの父親からひどいDVを受けて、男性に恐怖を感じ、女性しか愛せなくなってしまったと告白。ヒロが運命の人だと熱烈にアプローチし、ユウのためにも家族になってほしい、パパになって欲しいと頼んできました。困るヒロの心の声は『昔から誤解されているけど、そうじゃないからね私。

そんなとき、超治は宅配業者の弟子丸保(工藤阿須加)と一緒に図書館にやってきて、自分とヒロが結婚すると言いふらした上、住む家がなくなって図書館に置いておいたヒロの荷物を自分の家に運び込もうとしていました。超治の弟子丸保への態度を見て、ヒロは心の中で『てめえ、惚れやがったな、こいつに』と叫びます。

超治に運び出そうとしていた本をもとに戻すように言うヒロ。すると、それを見ていた図書館館長の利一(田中要次)が「だったら、うちに荷物(本)を持っていてほしい、(ヒロに)プロポーズしたい。」と言いだします。それを聞いて困るヒロ。

超治は、だったら2人がライバルということで、利一と超治どちらかを選ぶようにヒロに迫るのでした。利一への対応に困ったヒロは、しかたなく超治の家に行くことに。

そして超治はまた「友達なんだから心配、一緒に暮らそう」と言うがヒロは「友達になったおぼえはない」と言って拒否します。 しかしヒロは新しい住まいが決まるまでの辛抱と思い、仕方なく超治の家にいることに。

そんな中、華苗(富司純子)が超治の家を訪れます。ヒロが妊娠していると思い込む華苗は、安産祈願のお守りを持ってきていました。華苗に両親のことを聞かれたヒロは、両親が3歳の時に火事で亡くなって、叔母に引き取られたことを話します。

そしてヒロは超治に「ゲイであることをバラす」と、結婚はしないことと、嘘をついていたこと華苗に正直に言うように迫りました。しかし、なかなかはっきりと言えない超治。結局ヒロは華苗に「超治とは結婚できない」と告げて超治の家を出ていきます。しかし、嘘をついていたことなど、特に理由は説明しませんでした。

次の日、図書館に来た華苗は超治から「ヒロがマリッジブルーだから結婚できない」と聞いたと言い、ヒロを説得にきます。しかしヒロは「お母様には言えない秘密があるから結婚できない」と真実を話さずに断るのでした。

そして華苗に真実を話せない超治に頭にきたヒロは、超治の職場の幼稚園に話をしに訪れます。そのとき、しおりの娘のユウが、他の園児に変わっているとからかわれていていました。

ユウをやさしくかばう超治を見て、少しだけ笑顔を見せるヒロ。そんなとき、ヒロは幼稚園に来ていた華苗に会ってしまいました。ヒロと超治の結婚をあきらめられない華苗は「二人の結婚について話し合うなら、この3人だけではだめだと思う」と言い出します。

そしてヒロは超治と華苗を連れて、会いたくもない叔母の照乃(キムラ緑子)、いとこの天人(佐藤二朗)八重子(坂井真紀)に会いにいきます。

照乃の夫のことを聞いた華苗に、照乃は「1ヶ月くらい前に、女作って出て行った」と言って、険悪な雰囲気となります。終始照乃の華苗に対する態度はあまり良くありませんでした。

照乃は、この年まで独身だった超治はゲイじゃないかと言います。天人もヒロのことが好きなので、結婚には反対の態度。そして「この2人が一緒になってもうまくいかない気がする。超治がいい男すぎるから、何か良くないことがあると思う、経験上わかる」という照乃。

しかし華苗は「ヒロが妊娠している」と告げます。そして、華苗がトイレに行ったすきに、超治は華苗が癌で余命いくばくもないことを3人に言うのでした。照乃は超治に「うちに気を使うことはない、(ヒロは)私達のことを家族だと思ってない。昔から困っても全て自分でやってしまうから可愛げがなかった。」と言いました。そして、話をしている最中に華苗は照乃の家で倒れてしまいました。

超治の自宅に帰ってきたヒロと超治と華苗。ヒロは超治からお金を借りたが、やっぱり結婚はできない、お金は絶対返すと言って、家を去るのでした。

ヒロは外で偶然弟子丸保に会いました。弟子丸保はポイ捨てした男性を注意。弟子丸保はヒロに「見て見ぬふりは嫌いで、世界を救いたい、正義の味方になりたい」といいます。ヒロは心の中で『また一人現れたよ!変なのが!』と叫ぶのでした。

図書館には相変わらず、華苗がヒロに会いに通っており、またしおりと娘のユウも来ていました。ユウは、ヒロに「かぞく」と書いた紙を見せ、それを見て困るヒロ。その姿を見たしおりはヒロに「迷惑ならもう会いにこない」と告げます。

やっと新しい部屋が決まり、超治の家に荷物を取りにきたヒロ。ヒロに超治は「親友だ」という。「黙って見ていられない、信じてくれ。これからは、どんなことがあっても裏切らない」と超治。そして、ヒロに頼んでヒロの両親のお墓に行き、墓前に向かって「ヒロのことを一人きりにしない」と約束し、ヒロには「結婚してほしい」と再び頼みます。

しかしヒロはきっぱり断るのでした。そして、そんなヒロの態度に怒った超治は「しおりがせっかく勇気を出して告白したのに冷たい、断るなら、ちゃんと向き合ってあげれば良い」とヒロを責めます。

ヒロは弟子丸保から、超治の部屋から荷物を運びだすときに、超治がヒロの荷物の中から、ヒロが大事にしていた両親との写真を一生懸命探して、見つけ出したと聞きます。

そのころ幼稚園のお遊戯会では、園児たちが踊りたくないと騒ぎ出していました。ユウがちゃんと踊らないから、一緒に踊りたくないと言う他の園児たち。

困っている超治の前に現れるヒロ。ヒロは、園児たちを上手に誘導して、一緒にみんなでお遊戯を踊りました。そして、お遊戯が終わると、ヒロは観客席にいたしおりの元に向かい「家族にはなれないけど」と告げます。

告白すると決めたときから振られるとわかっていた」と笑顔のしおりにヒロは「でもこれからは友達のように仲良くして欲しい、またいつでも図書館に来て欲しい」と言いました。

お遊戯会のお礼をいう超治にヒロは「(探してくれた)写真は自分の家族の写真ではない」と告げます。どうやら、照乃親子の写真だったよう。また「結婚の写真撮影に行く」というヒロ。突然の心変わりに、どうしてか?と聞く超治に「私達親友でしょ」と笑顔のヒロ。

そして、ウェディングドレスを着て写真撮影をしました。写真撮影を終えて、浮かれた華苗は、超治が式はやらないと言うのに、式場を探し回ります。それを見てヒロは心の中で『何、調子こいてんだよ、ババア』と言うのでした。

第二話はここまでです。

偽装の夫婦」第2話の感想

 

スポンサーリンク



 

1話に続いて、相変わらずヒロの心の中の声が、随所随所に出てきて、クスっと笑えるポイントになっていました。1話と2話を見てみて、毎週最後には必ず、超治がヒロの心を動かして、ヒロに感動的な行動をさせるというパターンが見えてきました。今回のラストは、ヒロが幼稚園の園児たちを上手に誘導し、お遊戯会のピンチを救ったことです。前回も今回もラストは感動的な良いシーンですが、遊川和彦さん脚本の以前のドラマ「女王の教室」「家政婦のミタ」「○○妻」ほどのインパクトはなく、残念です。天海祐希さんが、熱演されているので、今後の展開に期待したいところです。

 

「偽装の夫婦」第3話の予想

来週話の予告で超治の母親のと華苗が「嘘だったの」と言って、ヒロがびっくりするという場面があったことから「癌で余命いくばくもない」というのが、超治を結婚させるために嘘だった可能性があります。また、ヒロが第2話の最後で、突然超治との偽装結婚をOKした理由も明らかになると思われます。

 

最後に

 

 天海祐希主演ドラマ偽装の夫婦!あらすじとキャストは?ネタバレあり

 

第二話は第一話の延長で、超治がヒロに偽装結婚を迫る内容の繰り返しで、特に大きな展開もなかったと思います。それだけに、インパクトにはかけていた内容だったと思うので、次回の第3話で、物語がどう展開するのか、視聴者を遊川和彦さんがどう視聴者をびっくりさせてくれるか楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す