フラジャイル第7話のあらすじと感想!長瀬智也の髪型がカッコ良い?

スポンサーリンク

 

主人公ながら名サブキャラ的な扱いが続く岸(長瀬智也)。アクが強いキャラなだけに、サブのほうが、ドラマが引き立って面白いですけどね。

それでは、フラジャイル第7話のあらすじ、感想、ドラマを観て気になった事をまとめてみました。

フラジャイル第7話のあらすじとは?

 フラジャイル第6話のあらすじと感想!悠太が診断された日和見感染とは?

この日は、岸(長瀬智也)が経営会議に出ていた為、宮崎(武井咲)が一人でカンファレンスに出ることに。そこに放射線科の病理医高柴(志賀廉太郎)が話しかけてきた。高島は岸から宮崎に付いて何かをお願いされていた男だ。

高島は、常に低姿勢で臨床医のプライドを傷つけず、思い通りの検査方針にしていたのだ。そんな高柴の姿勢に宮崎は共感する。

そんな折、細木(小雪)の患者である北山の診断結果がガンと副院長が決めてしまい、まだ未婚にもかかわらず抗がん剤の投与が決められた。高柴、そして宮崎がカンファレンスで反対をするが聞きいれてもらえない。しかし、抗がん剤投与後も一向に良くならず、他の感染症の可能性が高くなったが、細かい検査を副院長がしようとしない。しかし、高柴は何も言わないため、宮崎は納得しない。高柴はリストラされ、来月で退職するため、宮崎に「老兵はただ去るのみ」とだけ言い残した。

そのまま病院を去る覚悟を決めた高柴のところに岸がやってくる。岸は高柴に対して、「このままでは、後先考えず突っ走る宮崎のほうがマシだ」と一喝する。それを聞いた高柴は、考えを改めて、ルールを無視して、北山の診断を無断で行う。

やはり北山の病気は、ガンではなく、アメーバ赤痢だった。しかし、副院長は、プライドが邪魔して診断ミスを認めようとしない。そんな副院長に岸は「医者である以上、僕の意見は絶対だ!」と言い放つのだった。

高柴が勤務最終日、見送りに現れたのは岸と宮崎だけという寂しい形だった。それでも高島は、岸が仕組んだ宮崎を使って、高柴を焚き付けたことに気付き、満足げに病院を去るのだった。

 

フラジャイル第7話の感想とは?

 フラジャイル第5話のあらすじと感想!安田章大が2人乗りしてたロケ地は?

副院長のプライドで、診断が間違っているのに診断ミスを認めようとしないだなんて患者の人生をなんだと思っているのでしょうか。腹立ちます。これがドラマ上だけの話なら良いですが、医者のプライドの高さは本当だと思いますし、公にならないだけで多かれ少なかれ似たような事がリアルの世界でもあるように思えてなりません。

しかし、これにより副院長の怒りを買った岸、来話からは病理廃止に向けて副院長ら上層部との戦いが始まりそうです。

それにしても、次回予告であった宮崎の宴会場みたいなところでのバニー姿!あれは一体なんでしょう。妙に似合っていただけに気になります。

 

長瀬智也演じる岸の髪型がカッコ良い!

 フラジャイル第3話のあらすじと感想は?クローン病の症状や解説も

長瀬智也演じる岸、髪型が凄くカッコ良くないですか!?今までの長瀬は、どちらかと言うと男臭さ全開のオールバックや短髪が多かったイメージなのですが、今回は軽くパーマをかけウエーブ感を出したミディアムヘアスタイル。男らしさは継承しつつインテリジェンスさも加わっていて、岸のイメージにピッタリな気がします。

ツイッターでの評判もとっても良いんです!

もう長瀬くんかっこよすぎ! フラジャイルの髪型すごいつぼ!

 

長瀬智也くんやぱかっこいいな♡ フラジャイルの髪型好き(´・_・`)♡

 

長瀬さんのフラジャイルの髪型好き

 

フラジャイルの長瀬智也みたいな髪型に憧れるんですが、あれ結構長いし、パーマもかかってるよね…。

 

マンガの原作の岸も、同様な髪型をしており、役作りでそっくりにしているのでしょうね。凄く似合っているので、そのままDASHなどでもこの髪型で出て欲しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す