わたしを離さないで第7話のあらすじと感想!病院のロケ地は?

スポンサーリンク

 

陽光学苑の目的、猶予の真相などまだまだ謎が多い「わたしを離さないで」。いよいよ今話から最終章、そのあたりも明らかになっていくのでしょうね。

それでは「わたしを離さないで」(7話)のあらすじ、感想、ドラマを観て気になった事をまとめてみました。

わたしを離さないで第7話のあらすじとは?

 わたしを離さないで第6話のあらすじと感想!真実役の中井ノエミとは?

美和(水川あさみ)の介護人をしている恭子(綾瀬はるか)。美和に頼まれ、レンタルのCDを返しに行くと、中身が違っていて、入っていたのは以前、美和が恭子から盗んだCDだった。

美和がどうしたいのか分からない恭子は、美和同様、介護人をしている提供者・加藤(柄本佑)に相談すると、「美和の気持ちがよく分かる」と言う。

そんな時、美和の新たな提供が通知された。しかも3臓器同時提供で、事実上、即時解体を意味するものだった。それを恭子は美和に伝えなくてはならず、怒り狂うと想像して動揺するが、意外にも美和は納得した表情で、大人しく事実を受け入れたのだ。

また、恭子は美和が何度となく盗んだCDを見せてくる行為は、何かを伝えて欲しいのかと問いただすが、「もういいや」と何も美和は言おうとしない。

そんな折、美和は友彦(三浦春馬)と恭子、三人で潰れてしまった陽光の地に行きたいと言い出す。提供間近でなかなか許可が下りるものではないが、美和の最後の願いと言う事で、恭子も粘り強く交渉し、なんとか外出許可をもらう。

友彦に美和が手紙を書くと、介護人の中村から代筆で返事が返ってきた。そこには、提供後体調があまり良くなく、外出許可が下りない旨が書かれていたが、友彦自身が描いた画も添えられており、そこには、三人で会っている日時付きの絵だった。

その日時に友彦のいる病院に向かう恭子と美和、そのなかで美和はCDの真相を話し始める。美和は恭子を怒らせたかったのだ。怒らせることで、本当の友達になりたかった。

友彦のいる病院に行くと、外出許可が下りていないはずの友彦が車に乗ってきた。友彦の仲間たちが協力してくれて、友彦は内緒で外出してきたのだ。

これで、恭子、美和、友彦の3人は陽光学苑に向かうのだった。

 

わたしを離さないで第7話の感想とは?

スポンサーリンク



わたしを離さないで第5話のあらすじと感想!友彦が恭子にあげたCDの曲は?

提供者に提供の告知まで、いずれ提供者になる介護人にやらせている、この組織は本当に人の心があるのか義憤を覚えてしまいます。現実の話ではないとはいえ、確かに世の中には臓器移植を待っている患者は多くいますが、他の人の人生を狂わせてまで移植を願う人なんていないと思いますけどね。あまりにも恐ろしい世界ながら、全くのフィクションとも思えないあたりがリアルで、恐ろしくなり、内容は良いのに、イマイチ視聴率が伸びない主因なのだと思います。

やはり亡くなってしまった真実(中井ノエミ)が言っていましたが、やはり美和は友彦が好きとかじゃなくて、恭子にかまって欲しい、こっちを振り向いてしまって欲しいという願望なら、ずっと恭子をいじめ続けていたのですね。

よく小学生が好きな子をいじめる心理が、そのまま大人になってしまった感じでしょうか。同じ提供者でも、加藤のような最後まで大人な人もいれば、美和のような人もいるってことですね。

 

「わたしを離さないで」と「スペシャリスト」同じロケ地があった!?

 わたしを離さないで第4話のあらすじと感想!人身売買は実際にあるの?

TBSの「わたしを離さないで」とテレ朝「スペシャリスト」、ともに7話で同じロケ地が使われていました。それは、千葉県成田市の「成田富里徳洲会病院」。確かに検査室や手術室などなかなかセットでは作りきれないところがありますからね。

きっと患者さんなど一般人は見ることはできなかったと思いますが、関係者は綾瀬はるか、水川あさみ、そして草彅剛とスター俳優を同時期にたくさん見られたのでしょうか?これぞ役得って感じです。

スポンサーリンク

コメントを残す