大相撲春場所2016の注目力士5選とは?優勝予想はモンゴル勢?

スポンサーリンク

 

今月3月は大相撲春場所2016が開催されます。初場所が琴奨菊の優勝で盛り上がった分今回の春場所も例年以上に盛り上がりそうです。

ここで今回の春場所において幕内優勝するであろう注目の力士を取り挙げてみました。皆さんが優勝を予想している力士と照らし合わせてみると面白いと思います。是非ご覧下さい!

大相撲春場所2016の注目の優勝力士は?

 

琴奨菊

大相撲3月場所2016の日程やチケット購入方法は?座席や当日券なども

今回春場所で一番の注目力士はなんといっても琴奨菊でしょう。おそらくファンも琴奨菊見たさに来る人もおり、他の力士も認めるところじゃいないでしょうか。前回初場所でまさかの幕内優勝を果たしました。日本人力士としては10年ぶりの優勝です。大関だったとはいえ、筆者も含めおそらく誰もが予想だにしていなかったと思います。

そして現在、相撲ブーム再熱の火付け役とも捉えることができ、春場所で優勝でもしようものなら今までで以上に相撲が盛り上がり、相撲ブームが来るのはまず間違いないでしょう。さらに優勝することで横綱も視野に入ってきます。

 

豊ノ島

大相撲春場所2016の番付は?注目は豊ノ島が西関脇で明瀬山が入幕など解説

豊ノ島は、優勝した琴奨菊と長年の親友ということで、琴奨菊がメディアに出る際にセットで出て上手く知名度が上がった印象が強い力士です。ただ、それ以前にもテレビなどに出ておりそのキャラクターからも、元々は琴奨菊より有名だったと思います。琴奨菊とは小学校のときから面識があり、豊ノ島曰く、既にその時から豊ノ島は琴奨菊の才能を感じ取っていたそうです。

初場所で12勝3勝と9勝の勝ち越しを決め今回一気に関脇となりました。春場所では、初場所以上の成績を収めることで大関への道が開けることになりますので、是非頑張って下さい。

 

稀勢の里

大相撲初場所2016で10連勝した琴奨菊の本名は?結婚や婚約破棄についても

最も日本人力士として幕内優勝が近いと言われたのも何のその、琴奨菊の優勝によって一気に隅に追いやられた印象が強い稀勢の里です。初場所成績も9勝6敗とどうした!稀勢!?と言ったファンの声も聞こえてきそうです。ただ、相撲トーナメントは準決勝まで残り日馬富士に敗れるといった結果だったので、全く調子が悪いと言うわけではなさそうです。琴奨菊!琴奨菊!と琴奨菊フィーバーで騒がれる中、そこに一石を投じて強い印象を残してもらうことを期待しています。ただそうなるとヒールになるかもしれませんがそこはプロの世界と割り切って欲しいです。

 

白鵬

スポンサーリンク



白鵬のダメ押し問題は悪くない?やってしまった理由や世間の反応も

初場所では非常に悔しい思いをしたと思う希代の横綱白鵬です。なにせ琴奨菊は幕内優勝1回にも関わらず白鵬がまだ経験したことがないような騒がれっぷりですから。ちなみに白鵬の幕内優勝は歴代1位の35回!仮に腐っていてもしょうがない気もします。ただ最近の白鵬のニュースと言えば、自身の所有する馬が3位に入って歓喜したことです。(笑)まあ、ずいぶん長らく横綱でいて優勝していますし、相撲以外のことにも興味を持つでしょう。

ただ、今回の琴奨菊フィーバーで横綱白鵬が黙っているわけがありません。近年は、日によって良くない取組も多く限界説なども取沙汰されていますが、筆者はそんなことはないと思っています。実際相撲トーナメントでも優勝しています。ヒールになってもなんでもいいので、あの強い白鵬をもう一度見せて欲しいです!ファンはちゃんと見ています!

 

日馬富士

 

今回春場所優勝するなら、おそらく日本人力士に期待している人には悪いですけど白鵬か日馬富士と睨んでいます。確かに初場所では日本人力士が優勝しましたが、はっきりいって運に運が重なった面もありました。地力では、まだまだモンゴル勢が一枚上手です。

日馬富士は、初場所で琴奨菊に敗れはしたもの12勝3敗と横綱の貫禄を見せつけています。調子も悪くはないですし安定もしています。個人的には今回の春場所では◎を付けたいところです。

ちなみに日馬富士は横綱では初となる大学院(法政大学大学院政策創造研究科)に進学しており、相撲界きってのインテリでもあります。(ただ一時休学報道もでており現在も通っているかは不明)最近では高学歴アイドルなども多く相撲界にもその波がやってきているのでは?と考えさせられます。勉強することは大事ですし大学院に入学したことも尊敬できますが、肩書倒れにならないよう今後も相撲・勉強ともに頑張ってもらいたいです。

 

まとめ

 

春場所開催まで、琴奨菊、琴奨菊、琴奨菊・・・と何度琴奨菊と書いたことやら分かりません。それほどまでに前回初場所の琴奨菊の優勝は衝撃的なものでした。唯一土を付けたのも長年来の親友とも言える豊ノ島だったのもそれに拍車をかけたのだと思います。

あともう一人春場所優勝を付け加えるなら横綱鶴竜ですが、前回初場所ではいまいちパッしませんでしたし他二人の横綱と比べると少し見劣りします。ただ、横綱としての意地を見せつけて欲しいです。

気になるのは逸ノ城です。初場所でも2勝13敗と以前の勢いはいずこやら。前・横綱朝青龍にもいずれ横綱になると太鼓判まで押された力士です。ここまでの体たらくの原因の1つとして肥大化と言われています。初場所前は214・7キロだったみたいです。普段の節制はどうなっているのか気になります。ちゃんとした指導者を付けてもらいです。何にせよ才能があるだけに本当に勿体無い力士です。今年いっぱいは難しいにせよすぐにでも改善することを祈っています。

スポンサーリンク

コメントを残す