スペシャリストの上川隆也演じる佐神稚洋こと殺人脚本家のエピソードとは?

スポンサーリンク

 

連ドラスペシャリストの第8話で2時間枠のスペシャルドラマ版で出演していた上川隆也演じる佐神稚洋(さがみ)こと殺人脚本家が再登場します。

スペシャルドラマ版では、キーパーソンとなった人物です。

そんな佐神稚洋のスペシャルドラマ版での過去のエピソードについてまとめてみました。 

 スペシャリスト第8話のあらすじは?

スペシャリストの我々の存在とは?最終回の結末をネタバレ!

野方希望(和田正人)から捜査一課が追っている連続射殺事件の概要を聞いた宅間善人(草彅剛)と姉小路千波(南果歩)。「3つの殺人現場には妙な遺留品が残されていた」という野方の言葉が気になり、その現物を見た宅間は「この殺人事件まだまだ続くかも…」と不吉な予言を。折しも、暴力団の元組長・郡司喜作(南雲佑介)がラブホテルの一室で刺殺された事件現場に臨場していた松原唯子(芦名星)と堀川耕平(平岡祐太)は、現場で妙なプラスチック片を発見する。

それは宅間が「次の現場に“こんなもの”が残されていたら…」と予言した“こんなもの”と完全に一致するものだった…!

 

殺された郡司について調べていた唯子たちは、郡司が過去に傷害致死で逮捕されるも不起訴処分で釈放されていたこと、さらに連続射殺事件の被害者たちも一様に過去に殺人の疑いをかけられつつも殺人罪には問われていなかったことを突き止める。

 

ちょうどその頃、京都にいる元妻・室町美也子(紺野まひる)が同窓会で上京し、宅間は久々に再会する。美也子は、15年前に宅間が編集した京都府警の広報誌と学生時代の文芸サークルの同人誌を持参し、宅間に渡す。「なぜ同人誌まで…」と思いながらも受け取った宅間だったが…。

 

サイバー犯罪対策室の協力を得て、各現場に残されていたプラスチック片の謎を解明できる裏サイトを見つけ出した総合事犯対応係(仮称)。宅間はその裏サイトが、殺人をチェスになぞらえ、参加者を募る“殺人リクエストサイト”なのではないかと推測する!

こんなゲームみたいな犯罪を考える人物はひとりしかいない――そしてこれが自分への挑戦状だと考えた宅間は、旧知の刑務所仲間・銭家円蔵(田中要次)に“その人物”が現在どうしているのかを探ってもらう。

 

一方、この先ターゲットにされそうな人物を洗い出した唯子たち。だがどの人物も行方不明になっていて連絡が取れない。

そんな中、ついに5件目の殺人事件が起きてしまう!

引用元:http://www.tv-asahi.co.jp/specialist_2016/story/0008/

 

上記は公式ホームページに公開されているあらすじなのですが、その中で「こんなゲームみたいな犯罪を考える人物はひとりしかいない」「“その人物”」というのが上川隆也さん演じる佐神稚洋です。スペシャリスト2、スペシャリスト3に特別出演として登場していました。特別出演というのは、大物だけど出番が少ないといった扱いですよね。

 

殺人脚本家の佐神稚洋とは?

スポンサーリンク



スペシャリストで宅間の元妻は死ぬ?妻と子供のエピソードのネタバレは?

佐神は滋賀中央刑務所に服役中の謎の受刑者でした。そしてなんと元捜査一課刑事で15年前に退職以来、犯罪のシナリオを作成することに情熱を燃やしているという設定です。

スペシャリスト2で大掛かりな仕掛けの事件が起こり、宅間が情報屋から「こんな大掛かりな仕掛けをするのは脚本家くらいだ」と教えられ、彼を知りました。

佐神は「脚本家」と呼ばれる犯罪シナリオ作成の天才で、その後宅間の推理にも一役を買ったりもしていました。スペシャリスト2では事件の犯人を裏で操るいわゆる黒幕でした。

少ない登場シーンにも関わらず、圧倒的な存在感をその風貌と口調で表現していて、上川隆也やっぱすごいな~と思いました。

 

ちなみにスペシャリスト2では宅間が刑務所に囚人として潜入して、佐神の事を探っていました。連ドラでも刑務所に入った宅間。このドラマだけしかない、すごい潜入捜査ですね(笑)

 

スポンサーリンク

コメントを残す