三井の傾きマンションだけじゃない!欠陥のチェックポイントと調べ方

スポンサーリンク

三井不動産が販売した横浜市都筑区のマンションが傾き、またデータ偽装が発覚した問題が、連日世間を騒がせています。同じように、マンションを購入した方々の中には「うちは大丈夫だろうか?」と不安になっている人も多いのはないでしょうか。そこで、マンションに欠陥があるかどうか、チェックするポイントに注目してみました。

欠陥を見つけることの重要性と2年保証、10年保証とは?

傾きマンションで心配!資産価値を下げない物件を購入する注意点は?

 

欠陥を早く見つけることで、早めに修繕すれば、資産価値を下げるのを防げる可能性があります。

また、新築マンションには法律で、基本構造部分に対して10 年保証が義務付けられています

基本構造とは基礎や柱、床、屋根など住宅の構造上重要な部分です。

購入して10年以内に見つかった基本構造の欠陥については、原則、売主に無料で修理してもらえます。

また、基本構造以外については売主がアフターサービスとして「2年保証」にしていることが多いです。引渡日から2年以内に見つかった欠陥については、原則、売主に無料で修理してもらえます。

ただし、保証についての詳細は売主や物件によって異なりますので、確認が必要です。

 

部屋の中のチェック方法と欠陥を見つけた時の対応は?

 

簡単にできる、以下のチェックをしてみましょう。

  1. 建物の傾きを確認しましょう。床にビー玉を転がすだけでは不十分ですので、ホームセンターで売っている「水平器」を使用してください。水平器は数千円で購入できます。
  2. すべてのドアや引戸の開け閉めを確認して、不自然ではないか、スムーズであるか確認しましょう。
  3. 部屋の壁にひびが入っていないか、隅々まで確認してください。
  4. 水回りは実際に水を流して、キッチン、洗面所、トイレ、排水管などから水漏れをしていないか、確認しましょう。

上記のチェックで欠陥が見つかった場合は、その症状が自分の部屋だけなのか、マンション全体のことなのか、確認する必要があります。マンションの管理組合に相談し、同じような症状が他の部屋に出ていないか、聞いてみましょう。

 

部屋だけでない、実は重要な共用部

スポンサーリンク



共用部は、自分の部屋ではないので見落としがちですが、資産価値を維持するために重要な部分です。

マンションに重大な問題があった場合は、共用部に現象があらわれてきます。そして、共用部のチェックをしていくことが、マンションを長い期間維持していくことにつながるのです。以下のチェック項目を確認してください。

  1. 外壁に欠陥がないか、確認してください。ひびが入っていたり、くずれていたり、コンクリートの表面が見えていたり、鉄筋がむき出しになっていたりなど。
  2. 施工精度が悪く、鉄筋がコンクリートの表面に近いと、さびてしまいコンクリートを押してしてしまうこともあるそうです。
  3. 廊下やベランダも、壁や水回りなど、くまなく確認してください。ちなみに、勘違いしがちですが、ベランダは共有部分になります。

 

プロの手を借りることが重要

上記に説明したチェック項目は、ほんの一部です。また素人が見抜くには判断が難しい欠陥も多いので、プロの業者への依頼も検討してみてください。

その場合、個人でやるより、マンション全体で依頼すると割安になることもあるので、管理組合で、できると理想的です。

 

 まとめ

三井が最高値で買い取り?傾きマンションが最も高かった時の価格は?

「退職金をはたいた」「何年も頭金を貯めて、ようやく買った」などマンション購入は人生を大きく変える買い物です。その結果が、欠陥マンションだった時のショックは計り知れません。しかし、早めに欠陥を見つけて、修繕すれば、資産価値の下がりを軽減することができるかもしれません。あなたのマンションも確認してみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す