フラジャイル第8話のあらすじと感想とは?医学生役の恒松祐里とは?

スポンサーリンク

 

いよいよクライマックスが迫っていた「フラジャイル」。副院長は、相変わらず隙あれば病理を潰そうと企んでいるし、毎回トラブル多発ですし、最後まで油断できなさそうですね。それでは「フラジャイル」第8話のあらすじ、感想、ドラマを観て気になってことをまとめてみました。

 

フラジャイル第8話のあらすじとは?

 フラジャイル第7話のあらすじと感想!長瀬智也の髪型がカッコ良い?

中熊(北大路欣也)の指示で、岸(長瀬智也)と宮崎(武井咲)は、学生を病理医に勧誘するための歓迎会に参加していた。そこでも、岸は学生相手に、いつもどおりの脅すような態度で接してしまい、学生をドン引きさせてしまうのだった。

しかし、出羽(恒松祐里)という女性医学生だけは、的確な診断を下す岸に興味を持ち、研修に来ることとなったのだ。

そんな時、手術中の南雲の病理判断を依頼しに来るが、ガンと元々診断されていたにもかかわらず、がん細胞は一切なかったのだ。執刀医である柳原(森口瑤子)は、最初に岸がガンだと言ってきたから手術をしたのだと激怒。また、岸が医療ミスを犯したと瞬く間に病院内に広がってしまっていた。病理を廃止したい副院長を始め、他の医師からも岸への風当たりがより強くなる。

正確な診断をしたい岸は、柳原に頭を下げてまでお願いする。岸にとっては、誰のミスということより、患者に正確な診断を下すほうが大事だと考えているので、プライドなどそこにはないのだ。

宮崎や出羽そして細木(小雪)らも、原因が何か必死に探すと、原因は病理ではなく、その前に柳原の女性外科が検体を取り違えてしまっていたのだ。それにより、病理廃止の声も収束していく。

これまで強気な態度だった柳原も、自分のところのミスだと分かり、急に下出になって岸に迫るが、岸はミスは致し方ないなんて言っている奴と一緒にするなと一喝するのだった。

 

フラジャイル第8話の感想とは?

 スポンサーリンク



フラジャイル第5話のあらすじと感想!安田章大が2人乗りしてたロケ地は?

まさか、プライドの高そうな岸が、まだ自分たちのミスだと確定していないのに頭を下げるのは本当に意外でした。でも、最後まで観ると、自分の診断はもちろん、森井(野村周平)の事も信じているからこそできる行動なのでしょうね。森井にはずっと技師としてサポートしてもらいたいですが、医師という夢も追いかけて欲しい。今後、どうなってしまうのでしょうか?

それにしても火箱(松井玲奈)の動きが気になります。中熊には一体、何を頼みに行ったのか?ただ、森井の事が好きで、森井の事を考えての行動なのか、それとももっと大きなことを考えているのか。

 

病理を目指す?女性医学生を演じていた女優さんは?

 フラジャイル2話のあらすじと感想は?30秒ルールは存在するのか?

岸の正確な診断によって病理を目指そうとしたわけではなく、単に岸に惚れてしまっただけだった女性医学生。今後、ずっと出てくるのかと思いきや、今話でさよならみたいですね。あの女性医学生を演じていた女性は、恒松祐里。

過去には月9ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」では、石原さとみの妹役を演じたり、朝ドラ「まれ」では、桶作夫婦の孫を演じるなど話題作にも出演しています。

また、2013年には27時間テレビ内の明石家さんまが好きな女性10人をピックアップする「ラブメイト10」にも、当時14歳でノミネートされています。さんまは先見の明があるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

コメントを残す