いつ恋第9話の練と音のメールのやりとりに胸キュン!アナログが良い?

スポンサーリンク

月9「いつ恋」こと「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてします」の第9話。最終回目前のこの回で、練と音のせつないメールのやりとりに視聴者が胸キュンしました。

そんな2人のメールのやりとりのシーンやメールの文面、視聴者の反応や感想をまとめてみました。

朝陽との三角関係に悩む音と練の切ないメールのシーンは?

月9いつ恋の最終回音は死んじゃうの?視聴者騒然の結末のネタバレは?

朝陽に、修羅場の後、音とのことに釘を打たれた練。それでも、諦めきれず真夜中の就寝前。

錬が音にメールを出すシーンです。一旦メールを途中まで打って、やっぱりやめて、布団に入って寝ようとする練。でもやっぱりメールを再び打ちます。そしてでもやっぱりメールを破棄しようと迷う練。でも思い切って送信。

メールを受信して確認した音は布団で寝ていました。

練のメール「杉原さん、会いたいです

音のメール「今はまだ会えないです

練のメール「声が聞きたいです

そして音は練に電話をするのでした。

しかも練は電話で「すみません、特に用事ってわけじゃないんですけど。」って、この用事がないのに、電話で声が聞きたいっていうのが、キュンとしちゃんですよね。恋愛している時って、別に用事なんかなくても電話したいですよね。

 

ちなみに音は、練からの「会いたい」というメールに「お疲れ様です。私も会い」まで一度打って、消すのでした。そして打ち直す。これ、なかなか切ないですよね~。

また練も「今はまだ会えないです」という音の返信に対して「わかりました」と入れようとして、やっぱり「声が聞きたい」と入れ直す。

この細かいやりとりにも、キュンとしますね。恋をしている人、したことある人は「こんなことあったな~」と懐かしく思ったんじゃないでしょうか。

メールを入れて、いろいろ考えて、何回も修正したりするって、良くしてたんじゃないでしょうか。送信しようとして、やっぱりやめたり。こういうのって、絶対たくさんの人が経験していることですよね。こういうところが、こういう細かい描写があるのが、このドラマが共感される理由なのかもしれませんね。

最近はラインが主流なので、あまりない光景になってしまいましたが。

メールのやりとりに視聴者の反応は?

スポンサーリンク



いつ恋第9話のひったくり犯は葉山奨之!イケメンで視聴者がザワザワ?

とってもせつないくて、キュンキュンするシーン。視聴者も同じだったようです。

以下、ツイッターの反応です。

 

いつ恋のメールのやりとり萌える:(´◦ω◦`):

 

いつ恋きゅんってする

 

いつ恋はラインじゃないのがいいね

 

いつ恋QunQunしますねえ(笑)

 

いつ恋キュンキュン

 

メールってやっぱいいね

 

いつ恋声が聞きたいですだって! そして電話とか、、、

 

いつ恋のメール消して打ってって所、すごいいいね…

 

声が聞きたいです。 きゃーーーーー!!!!!! 用事ないのな電話とかめっちゃいいわー! 胸キュンをあざます

 

大好きな人からの「会いたいです。」だけのメール、泣いちゃうね。

 

いつ恋のこのメールのシーン…いいね。 やっぱりLINEよりメールだよなぁ。笑

 

寝る前の電話メチャいいよね~ いつ恋~(笑)

 

用がなくったって好きな人の声って聞きたくなるもんだよね

 

ツイートにもありましたが、今の時代にLINEじゃなくて、メールっていうのがいいんですよね。最近、こういう風にメールをじっくり打ったりするシーンってもうあまりない気がします。

メールのやりとりって、今の時代っぽくない練と音の素朴な感じを上手に表しているツールだと思いました。このドラマの影響で、改めてメールでやりとりする人が増えるかもしれないですね。

ラインって、とっても便利だけど、こういうやりとりがなくなってしまったのは、少し寂しいと思ってしまったシーンでした。

 

スポンサーリンク

コメントを残す