大阪桐蔭高校のメンバーや注目選手は?春の選抜高校野球2016!

スポンサーリンク

 

大阪桐蔭高校、もう甲子園常連校と言っても差し支えないと思います。今回の春の選抜でも優勝候補に挙げられている高校の1つです。当然のことながら注目している方も多いと思います。

 ここでは大阪桐蔭高校注目選手と過去の甲子園の成績、昨年の地区大会の成績を載せています。興味のある方は是非ご覧下さい。

 

大阪桐蔭のメンバーは?

春の選抜高校野球2016の組み合わせと日程は?釜石対小豆島など注目カードも

昨年の明治神宮大会での大阪桐蔭高校のスタメンです。

 

2015-11-16 高松商 ☓ 大阪桐蔭 (明治神宮 準決勝)

1 遊 中山遥斗 3年生

2 二 永広知紀 3年生

3 三 吉澤一翔 3年生

4 左 三井健右 3年生

5 一 古寺宏輝 3年生

6 右 越智泰弘 3年生

7 捕 栗林佑磨 3年生

8 中 松山心 3年生 

9 投 岩本悠生 3年生 

出典:http://www.kyureki.com/koko/team/?team=大阪桐蔭

 

ご覧のように全て現在の3年生が出場しています。また期待のルーキーの高山選手は温存のため途中出場となっています。ここでも層の厚さが伺えます。

 

大阪桐蔭高校の注目選手とは?

春の選抜高校野球2016の21世紀枠出場校の釜石・小豆島・長田を徹底解説!

高山優希

 大阪桐蔭でも特に注目されているのが、この高山選手です。某雑誌にも一面デカデカと載っていました。無理もありません、最速150kmの剛腕に加えサウスポーと来ています。注目されないほうがおかしいです。ただ意外にも今年の注目投手BIG3には名を連ねていません。制球にやや難があるためと思われます。ただそれら選手と比べても全く引けとっていないと思っています。今年にそれを直していた場合は手が付けられないでしょう。

今年のドラフト注目の選手の一人です。左腕王国を築きつつある横浜に是非来てください。(笑)

 

吉澤一翔

 主将の吉澤選手です。内野手で三塁手ですが一塁や捕手などの経験もあります。大阪桐蔭の主軸を担うバッターです。打順は3番が多いです。どちらかといえばスラッガーというよりはアベレージヒッターという選手です。ただ、おもいきったバットの振りの良さが光る選手でもあります。

 今回の選抜の抽選会でも、くじを引いています。くじを引いた後も「期待に応えられるような野球をやりたい」と意気込みを語っています。是非試合当日でも爆発してもらいたいです。

出典元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160310-00000128-nksports-base

 

 

井上大輔

 井上選手は現在1年生の投手です。昨年の明治神宮大会にも出場しており準決勝の高松商との試合でも3番手で出ています。さらに先日行われた桜宮高校との試合で、2失点完投という素晴らしい成績を収めています。ちなみに試合結果は10-2で大阪桐蔭が圧勝しています。選抜に出場はまず間違いないでしょう。他にも良い投手はいますが、とりあえず注目して損はない選手だと思います。

 

大阪桐蔭高校の過去の甲子園の成績とは?

スポンサーリンク



春の選抜高校野球2016の注目選手は?ドラフト候補など

輝かしい成績を収めている大阪桐蔭高校ですが、ここで再度その栄光を確かめるべく過去の甲子園の成績を見てみます。

 

創部昭和63年(1988)

春・夏甲子園出場回数15回(平成27年春まで)

優勝回数5回

 

 こうしてみると如何に凄い高校かが分かります。創部から25年ほどにも関わらず甲子園出場回数15回と2年に一度は必ず出場していることになります。さらに優勝回数5回と3回に1回は優勝しています。これは入部した野球部員は必ず甲子園に出られるということになります。まさにプロを目指す人にとってはうってつけの高校です。ただ、部員内での熾烈なレギュラー争いがあることは言うまでもありませんが。

 これを見て今年も優勝筆頭高校であることを強く伺わせます。

 

大阪桐蔭高校の地区大会の結果とは?

春の選抜高校野球2016の出場校は?日程と優勝候補予想も

春の選抜の選ばれる指標となった昨年の秋季地区大会の結果も見てみます。

 

大阪桐蔭 11-1 近江兄弟社

大阪桐蔭 9-4   智弁学園

大阪桐蔭 5-3  明石商

大阪桐蔭 3-2  志賀学園

出典元:http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/syuuki/2015/result/hbb_kinki.html

 

 ご覧のように見事優勝しています。ただ決して余裕であったわけでなく決勝では志賀学園に3-2と接戦を制しています。しかも意外なことに秋季地区優勝は12年ぶりです。近畿は総じてレベルが高いことで知られていますので、大阪桐蔭の今までの実績から考えるとある意味では甲子園優勝より難しいとも言えるんじゃないでしょうか。

 何はともあれ選抜でも優勝候補であることに間違いはないです。

 

まとめ

 

 選抜を迎えるにあたり今年もいよいよ始まるといった感じの高校野球です。大阪桐蔭今年も間違いなく強いです。他のメディアでも優勝候補に必ず上がっています。特に高山選手は、大阪桐蔭高校の先輩である阪神の藤浪選手を上げ、いずれは藤波選手を超えたい気持ちもあると語っています。次世代のスター候補となれるか注目です!

スポンサーリンク

コメントを残す