いつ恋最終回はハッピーエンド?微妙な結末に視聴者の解釈が分かれる?

スポンサーリンク

 

惜しまれつつもとうとう終わってしまった月9「いつ恋」こと「いつかこの恋を思い出して泣いてしまう」。

音が死んでしまうの??と視聴者をびっくりさせた第9話から始まって、あっけなく音の意識が戻った最終回。そしていろいろあってエンディングでは音が練を置いて北海道に帰ってきました。最後は音と練の2人がたわいもない話をしているシーン。

そんなエンディングで音と練が結局どうなったのか、ハッピーエンドなのか?そうでないのか?検証してみたいと思います。

 

結末は練と音のファミレスの会話で終了!

 いつ恋最終回の音から母への手紙の全文とは?結末へのネタバレは?

音の育ての親であった北海道のおじさんが亡くなって、体の不自由なおばさんをほおっておけなかった音は、北海道に帰ることに。

音から母への手紙にもあったように「(練に対する)気持ちをしまって」。ということで練に何も言わずに。

 

そんな音を追いかけて北海道に駆けつけた練。そんな練と音がファミレスで話をするのですが、最初はかなり冷たい態度の音。

でも他愛もない会話が始まり、音の表情にも笑みが。

 そして最後の核心と突く会話。

練「北海道遠くないです。何回でも来ます。道ありますから。そこ走ってきます。車でも電車でも。会津に行く約束だってまだ果たしてないです。」

 

「道があって、約束があって、ちょっとの運があれば、また会えます。」

それを聞いて泣く音。そして「会える」

 

「僕も杉原さんのことが好きです」

 

「はい」

 

そして2人で注目したハンバーグを笑顔で食べる2人。そして、エンディングの歌が始まって、エンドロール。

2人はファミレスを出て、は手をつないで一緒に走る。2人で練のトラックに乗って、最後にキス。

 

終了!

 

ってこれって、どういう意味?ちょっと曖昧でわからなかったんだけど。

ツイッターを確認すると、いろんな解釈が。以下、そのエンディングについての別れた意見をまとめました。

 

解釈1:意味がわからない?結局どうなったの?

 

これは解釈とはいわないかもしれないですが、私もこの意見です。ちょっと意味がはっきりわかりませんでした。

 

以下、同じようなツイッターの意見です。

 

え? どーゆうこと? 付き合ったん??

 

え、終わりこれ?待って。 くっそ、中途半端。萎えた

 

遠距離恋愛、ということでファイナルアンサーですか?????

 

いつ恋の内容ぜんぜん理解できないー

 

いつ恋いみわからん

 

練のセリフの「少しの運」っていうのが特に引っかかって、じゃあ、運がなかったら会わないの?と思ってしまって。でも最後にキスしたし、手をつないだし???とすっきりしないエンディングだと思ってしまいました。

 

解釈2 文句なしのハッピーエンド

スポンサーリンク



いつ恋最終回で身を引いた朝陽こと西島隆弘に冒頭から涙?最後のセリフとは?

最後にキスしたし、手をつないだからハッピーエンドでしょ!という意見が圧倒的に多かったです。

 

いつ恋最後結ばれるのか、、、バッドエンドな感じ期待してたよ

 

結局結ばれるのねw

 

道と約束と少しの運があれば 再会できるんだって

 

ハッピーエンドでよかった

 

いつ恋ハッピーエンドや

 

ドえらいハッピーエンドやな(*_*) オトナなワタシにはモノ足りんっ!

 

いつ恋のタイトルは「いつかこの恋を思い出して泣いてしまう」だからバットエンドの方がよかったな(´-ω-`)

 

ハッピーエンドだから嬉しい!という声が多数でしたが、ドラマタイトルのことや、朝陽の気持ちを考えると納得いかないという声も。

 

解釈3 結局別れた!バッドエンド

 いつ恋小夏の修羅場シーンなどものまね再現が面白い?動画まとめ!

少数派でしたが、バッドエンド派もちらほら。

「運があって」とかあいまいな事を言った練。結局はっきり付き合わという事は言ってなかったので、最後は笑顔だったけど、完全に付き合うまでは言ってないから、ハッピーエンドではないという意見のようです。

 

いつ恋の最終回あの2人の別れ方無理やり感ありすぎるだろ(^^;)あんな別れ方はないわ。

 

 なんかパッとしない終わり方だな〜

 

 

結局どうなったの?

月9いつ恋はドロドロの修羅場?小夏こと森川葵暴走の昼ドラ劇場全セリフは?

最初は私も意味がわかりませんでしたが、多数決ということだったら、やっぱりハッピーエンドだったのかもしれません。

練と音のセリフではっきり明言しないところが、美学なのかも。個人的にははっきりせい!と言いたいところですが。まあ遠距離恋愛を続けるということですね。

ピュアな2人だったらきっと遠距離続けていけるでしょうね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す