香取慎吾主演のストレンジャーのあらすじとは?キャストや見どころも

スポンサーリンク

 

近年、非常に多くなっている名作漫画が原作のドラマ。『ストレンジャー』は40年前に連載されていた女性漫画で『ポーの一族』がモチーフになっています。

不老不死の肉体を持つ吸血鬼のような「バンパネラ」と、それに関わった人間たちのエピソードを描いた物語を現代風にアレンジ。果たして香取さんはどんな表現で演じてくれるのか?楽しみですね。

 気になるキャストを徹底解説!そしてあらすじなど見どころ含めてご紹介します。
ドコモのCMで話題のあのモデルやアイドルグループ(ももいろクローバーZ)から参戦のあの子も出演しますので、是非お見逃しなく!

ドラマ「ストレンジャ」の放送日時は?

ストレンジャーの原作漫画のポーの一族のあらすじのネタバレは?結末も

放送日時

2016年3月27日(日) 21:00~23:10 テレビ朝日系列

 

萩尾望都(はぎおもと)原作の名作漫画『ポーの一族』をモチーフにした春のドラマスペシャル『ストレンジャー』にテレビ朝日ドラマ初主演の香取慎吾さんが挑みます。
儚くもミステリアスなサスペンスドラマをどう演じきるのか楽しみですね。

 

「ストレンジャー」のキャストは?ゲスト出演にも注目!

ストレンジャーで真理亜役の中条あやみの経歴や出演ドラマは?CMで活躍中

 

三杉 晃(みすぎ・あきら):香取慎吾

連続して起こる殺人現場で頻繁に目撃され、刑事から疑惑をかけられる。

「バンパネラ」という不老不死の一族ではあるが、正当な血統ではなく92年前に自殺を図った際、真理亜(バンパネラ)に助けられ、不老不死になった。元は普通の人間なので、「バンパネラ」が苦手とする太陽の光や十字架等の聖物にもある程度の抗体を持っている。

死ぬことの出来ない体で、現代に現れた三杉は人間の感情を残していて、人間を助ける行動をとってしまい、存在を知られてしまうこととなり、事件に巻き込まれていく。
 

真理亜(まりあ):中条あやみ
主人公の三杉を「バンパネラ」へと変えてしまった「バンパネラ」の正統な末裔の少女。

不老不死であるがゆえに、永遠とも思えるくらい長い年月を過ごしてきた。

なぜ、三杉を助けたのかは不明だが、原作に基づくなら孤独を緩和させるためなのかもしれない。

 

前島康夫(まえじま・やすお):段田安則

古本屋の店長で三杉と真理亜の事を以前から知っている。

「バンパネラ」について興味を示し、独自の研究を行う傍ら三杉たちの身辺の世話をしてくれている存在。
 

佐伯章二(さえき・しょうじ):萩原聖人

単独行動の多い刑事で連続殺人事件の捜査を担当している。

独自の捜査線上にいる三杉に目をつけ、正体を暴こうとしている。

 

熊谷明生(くまがい・あきお):音尾琢真

佐伯刑事とは同僚で佐伯刑事の暴走を止められる唯一の存在。

自身も連続殺人事件を担当している。

 

長井秀樹(ながい・ひでき):菅原永二

佐伯刑事とつながりのある監察医で連続殺人事件を担当することになる。

 

西崎汐里(にしざき・しおり):玉井詩織(ももいろクローバーZ)

連続殺人事件の被害者。趣味はカメラ。

 

相沢陽子(あいざわ・ようこ):愛原実花

事件のカギを握る少女で自殺を図るも三杉に止められてしまう。

 

内田順平(うちだ・じゅんぺい):小野武彦

所轄の警察署長。保身のために連続殺人事件の早期解決を佐伯刑事らに強要する。

 
稲村史郎(いなむら・しろう):益岡徹

民俗学者で父親の著書『私と三杉晃』を元に三杉の身辺を調べている。

 

 

「ストレンジャー」のあらすじとは?

スポンサーリンク



ストレンジャーで相沢陽子役の愛原実花の経歴や出演ドラマとは?コネで芸能界に入ったって本当?

都内で、首を絞められた後に頸動脈に穴を開けられ、血が抜かれるという殺人事件が立て続けに二件起きる。刑事の佐伯章二(萩原聖人)らは、シリアルキラーによる連続殺人事件も視野に入れながら捜査を継続する。
その頃、大きなスーツケースを抱えた男・三杉晃(香取慎吾)と謎の美少 女・真理亜(中条あやみ)が深夜バスから降り立つ。古書店の店主・前島康夫(段田安則)のもとを訪ね、“香織”という女性を迎えに来たと告げる三杉。前島 は、そう話す三杉の姿が鏡に映っていないことを指摘し「気を抜くな」と忠告する。一見普通の人間と何ら変わらない三杉たちだったが、実はふたりには秘密 が…。彼らは歳をとらずに生き続ける不老不死、バンパネラの一族だったのだ!
前島の勧めで三杉はかなり古びたマンションの一室を借り、中学校で産休補助の英語教員として勤務し始める。
そして約束の夜、伊東香織(宮下かな子)を迎えに公園に向かった三杉だったが、その途中で自殺を図った女性・相沢陽子(愛原実花)を手当している間に香織が何者かに殺害されてしまう!
血は抜かれていなかったものの、香織も連続殺人事件の被害者であると推測した佐伯は捜査を開始。香織の身辺を探るうちに、彼女が児童養護施設の出身であることがわかる。
そこで当時の様子を聞いた佐伯は、香織の「大人になったら“お兄ちゃん”が迎えに来てくれるの」という言葉が気になり…。さらに、香織の言う“お兄ちゃん”が三杉のことではないかと考えた佐伯は、三杉晃という人間について、そして連続殺人事件との関連について調べ始める。
佐伯が自分たちの身辺を探っていることに勘付いた三杉は、真理亜とともに事件の真犯人を見つけ出すことに…
やがて三杉のことを調べた佐伯は、衝撃的な事実を目の当たりにする…!

(引用先:http://www.tv-asahi.co.jp/stranger/)

 

「ストレンジャ」見どころとは?

 ストレンジャーで熊谷明生役の音尾琢真の出演ドラマとは?嫁や子供はいる?

主演の香取慎吾さんは今やドラマに映画に引っ張りだこの役者さんです。今回の三杉役は闇を抱えながらも生き続ける不老不死の謎の男としての設定ですが、コメディーからシリアスまでいろんな役をこなしてきた香取さんがどんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

香取さん演じる三杉と同じ「バンパネラ」の真理亜を演じるのは中条あやみさん。雑誌モデル出身の彼女ですが、今までの経歴はどれも重要な役周りばかりです。CMでも活躍されています。今回、悲しい宿命を背負った美しく儚い少女という設定ですが、CMとは違う表情を見せてくれそうです。

西崎汐里を演じるのは、アイドルグループ(ももいろクローバーZ)の玉井詩織さんです。グループから離れて一人でのドラマは初めてですが『ストレンジャー』の本広監督からの熱いオファーで実現しました。本広監督はももいろクローバーZの主演映画『幕が上がる』でも監督を務めています。役どころは、美しすぎる死体!だそうです。監督から「1発OK」が出た演技は楽しみです。
まとめ

原作『ポーの一族』とは時代設定が違う今回の『ストレンジャー』ですが、いたるところに原作を踏まえたエピソードが織り込まれていそうですね。40年の時を越え、ドラマ化される作品だけにいかなる表現でストーリー展開がなされるのかが気になります。

若手俳優が起用されながらも、脇を固める味のあるベテラン勢の見どころも非常に楽しみです。

 

果たして結末はどうなるのか…お楽しみに!

スポンサーリンク

コメントを残す