塩山誠司の経歴や過去の出演作とは? 昼のセント酒の村井良夫役で出演!

スポンサーリンク

 

テレビ東京で始まる土曜ドラマ24『昼のセント酒』に村井良夫役でご出演される塩山誠司さんですが、あまり知らないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回「塩山誠司」さんについて経歴や出演ドラマなどを調べてみました。

調べてみると、NHK連続ドラマ小説の「あのドラマ」にも出演されていたようです。

塩山誠司さんのプロフィールとは?

 昼のセント酒の遠藤早苗役は廣田あいか!経歴や私服が話題の理由とは?

名前:塩山 誠司(しおやま せいじ)

生年月日:2月10日(年齢非公開)

出身地:石川県(輪島市)

身長:182cm

趣味・特技:英会話、水泳、ボクシング、空手、乗馬、マグロの解体

所属:劇団俳優座1990年入団

 

参考先 http://www.haiyuza.net/俳優座連名/演技部-男性/塩山誠司/

 

あまり情報が出回っていないようですね。

ご自身のフェイスブックのページで高校は石川県立輪島高等学校で、最終学歴は早稲田大学第二文学部英文学専修:1991年卒業とあります。早稲田大学の英文学専修ということは、特技・英会話というのもうなづけます。流暢な英語を使えそうですね。

特技にボクシング・空手とあるので、格闘技がお好きなんでしょうか?確かにお顔を拝見するとボクシングとか強そうな顔立ちをしています。

あと、とても気になるのがマグロの解体ですよね。出身が石川県の輪島市なので、漁港には近いでしょうが輪島市で身につけたのでしょうか?

調べてみると、輪島市の「オススメ5大ブランド魚」はアワビ・ノドグロ・アマダイ・サザエ・シマエビでした。あとは、メバル・マダイ・サヨリ・スルメイカなどが水揚げされるようですので、おそらくは地元を出たあとに何らかの機会があって身につけられたのでしょう。

 

年齢は非公開になっていますが、大学卒業の年数から考えて、40代後半くらいだと推測されます。

 

 塩山誠司さんの経歴や過去の出演作とは?

 スポンサーリンク



金子大地のプロフィールや過去の出演とは?昼のセント酒の堀口直人役!

テレビドラマ

2015年:TBS『魔性の群像3』

2014年~2015年:NHK 連続テレビ小説『まれ』

2000年:ANB 土曜ワイド劇場『捜査検事・右近誠の殺人調書②』

1995年:TX『命うるわしく』

2000年:TBS 月曜ドラマスペシャル『冤罪Ⅱ』

1994年:『命なりけり~悲劇の外相東郷茂徳』

1996年TBS 月曜ドラマスペシャル『人それを情死と呼ぶ』

映画

2001年:『青空へシュート』監督:すずきじゅんいち

2000年:『スリ』監督:黒木和雄

『夏少女』(あびプロ)

 

1990年に俳優座に入団後、主に俳優座の舞台演劇を中心に活動してきたようです。映画は数本出演されているようですが、最近はあまり出ていらっしゃらないですね。

代表作はなんといっても土屋太鳳(つちや たお)さん主演のNHK連続ドラマ小説『まれ』でしょう。作中では、舞台になった能登半島出身ということもあって、土屋さん初め出演者の方々に輪島弁の方言指導をしていたそうです。

 

まとめ

昼のセント酒のあらすじのネタバレやキャストは?原作はあるの?

今回、テレビ東京 土曜ドラマ24『昼のセント酒』に村井良夫役でご出演される塩山誠司さんについて調べてみましたが、芸歴も長く劇団出身ということで安定した演技を見せてくれるのではないでしょうか。

役柄としては主演の戸次重幸(とつぎ しげゆき)さん演じる内海孝之の同僚営業マンで最年長という設定です。年齢的には戸次さんよりも上になるので営業の先輩という立ち位置でしょう。もしかすると、内海側に引きこまれて一緒に銭湯に入るシーンもあるかもしれませんね。その時は、ボクシング・空手で鍛えた体が拝めるかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す