片桐仁はシャキーンのジュモやん?片桐はいりとの関係は?

スポンサーリンク

 

松潤主演の日9ドラマ【99.9】にて『明石達也(あかしたつや)役』として出演する片桐仁さん。

気付いた人もいると思うのですが、片桐仁さんはシャキーンのジュモやんなんです!

片桐 仁さんといえば最初に連想するのが、人気お笑いコンビ『ラーメンズ』のモジャモジャ頭。シンプルな黒縁メガネに黒いTシャツ姿が印象的な彼ですが、その一見冴えない風貌とは裏腹に、実に多彩な趣味特技を持ち、多方面で大活躍されていることはあまり知られていないのではないでしょうか。

今回は、そんなマルチタレント・片桐 仁さんに注目してプロフィールや経歴、そして過去の出演ドラマや気になる片桐はいりさんとの関係についてもまとめてあります。

片桐 仁さんはどんな人?

99.9で加奈子役岸井ゆきの過去の出演ドラマは?アラバキとの関係は?

氏名:片桐 仁(かたぎりじん)

生年月日:1973年11月27日

出身地:埼玉県

身長:176cm

体重:62kg

学歴:多摩美術大学卒業

職業:コメディアン(他多数)

引用先URL:http://www.twinkle-co.co.jp/talent/rahmens.html

現在、42歳のかたぎりさん。

ご結婚されていて、元モデルの美人な奥様・村山ゆきさんと二人のお子様に恵まれた素敵な家庭をお持ちです。次男君のお名前の由来は、かの有名な芸術家、岡本 太郎氏から拝借したとか。いかにも美大出身の片桐さんらしいエピソードですね。

さて、片桐さんがどのような方か簡潔に紹介しましたが、いよいよ彼の『多才ぶり』について触れてゆきます。

 

片桐仁はお笑いコンビ?

99.9で丸川役の青木崇高と電波少年の関係とは?過去の出演ドラマについても

片桐さんが広く知られているのは、人気お笑いコンビ『ラーメンズ』の片割れ。

近年こそ、それぞれ独立したお仕事が多いようですが、相方である小林 賢太郎氏の事は相方として、又一人の人間としても大変尊敬しており、彼の考案したネタを上手く活かせない自分自身について「脳にチップを埋め込んで彼のネタを自動的にこなしたい」とぼやいたこともあったとか。

余談ですが、このお二人、偶然にも同じ多摩美術大学の卒業生。学生の頃からの深い仲という事になります。

 

片桐仁のバラエティの出演作品とは?

スポンサーリンク



99.9の感想や評判まとめ!面白いし松潤の耳を触る癖はかわいいけど野々村?

・シャキーン!(NHK教育) – ジュモクさん(ジュモやん)の声

・ヒルナンデス!(2012年5月3日)

・大人のピタゴラスイッチ「ちょいむず」(2013年1月2日、NHK Eテレ)

・大人のピタゴラスイッチ「かなりむず」(2013年1月3日、NHK Eテレ)

・大人のピタゴラスイッチ「デジむず」(2014年1月2日、NHK Eテレ)

・また、つまらぬ物を作ってしまった(2014年9月29日 – 、NOTTV)

 

特に片桐さんの多才ぶりが解る出演作をより抜いてみました。

まずはお昼の定番『ヒルナンデス』。旬の話題、グルメ、芸能など様々なトレンドを発信し、ゲストのトークを楽しむ人気バラエティ。

番組内では、片桐さんは他の出演者さんとは異なる独特の視点で話題を展開し他ゲストさんにいじられる、という芸風で人気を集めています。

続いて、お子様向け情報バラエティ、『シャキーン!』片桐さんは壊れて捨てられた可哀想な過去を持つTVの妖精役として出演。TVだった頃の記憶をもとに、仲間たちにうんちくを披露するのが好きな知恵袋的妖精で、後述の「語りだすと止まらない」片桐さんにはぴったりの役柄です。

そして、小さなお子さんから大人まで楽しめるNHK教育枠の人気コーナー、『ピタゴラスイッチ』シリーズ。

実は片桐さんはご自身が美大出身ということもあり、こうした工作や彫刻に深い知識、センスをお持ちなんです。

ご長男と共に同番組内の人気コーナー『おとうさんスイッチ』に出演をし、親子のほのぼのとした仲の良さを見せてくれましたが、この時に片桐さんが作った『おとうさんスイッチ』のクオリティが素人レベルではない、とにかく凄い、と語り草になっています。

彼の芸術家肌は子供向けに留まらず、美大で学んだノウハウを存分に活かし、本業の傍ら、粘土彫刻や作品にまつわる著書を数多く創作、出版しています。

個展等も不定期で開催しており、本当に多才な方ですね。

彫刻家としての名義は、『片桐斎仁吾郎(かたぎりさい じんごろう)』。

昔の武士のような威厳があります。

 

片桐仁の趣味とは?

99.9で女性パラリーガル役の渡辺真起子に旦那はいるの?経歴や出演ドラマについても

国民的ロボットアニメ・ガンダムオタクとしても有名で、語らせたら止まりません。

ゲーム(特にRPG=ロールプレイングゲーム)オタクとしても頭一つ飛びぬけています。

こちらも、一度語りだすと火が付き、周りの話は一切耳に入らないようで、とある大御所声優をも驚かせた知識量をお持ちとか。

 

片桐仁の出演作とは?

99.9で香川輝之の妻役の映美くららが受けたバッシングとは?出演ドラマも

主演としては目立った活動をしていませんが、実は話題作、人気作で脇役として良い味を出していることも多いです。

 

金田一少年の事件簿SP 魔術列車殺人事件 (2001年)

東京ぬけ道ガール(2002年)

神はサイコロを振らない (2006年)

 

この中で私が特に注目したのが、堂本剛が主役を好演する人気シリーズ、『金田一少年の事件簿』スペシャル。

奇妙な魔術師の一味と出会い、事件へ巻き込まれてく…といったあらすじで、片桐さん演じるチャネラー桜庭は奇妙な魔術師一味の中でも特にサイケデリックな役どころ。日頃から珍妙な言動で周囲を笑わせる彼にはまさにうってつけの配役です。

広がったモジャモジャ頭が印象的な片桐さんですが、出演する舞台やドラマなどでは配役に合わせオールバックにしたり、時には眼鏡を外して役柄に臨みます。

その眼鏡を外した素顔は本職の俳優モデル顔負けの超美形、とファンの間では専ら評判であり、片桐さんの多才ぶりの片鱗が窺えますね。

とはいえ、お馴染みのもっさりとした『ラーメンズ』としての彼も魅力的であり、これがいわゆる『ギャップ萌え』でしょうか。

 

そして今回の記事に欠かせない、4月17日(日)より放映開始の弁護士ドラマ『99.9』。

片桐さんは、松潤こと松本潤さん演じる主人公・深山 大翔(みやま ひろと)の良き友人役、明石達也(あかし たつや)として出演しています。

明石自身、弁護士を目指して勉強していましたが不合格の連続。一度は諦めかけますが、自分より年下でありながら弁護士として奮闘している深山の姿に励まされます。

そして、再び弁護士として開花することを夢見て、彼のサポートをしながらともに難事件に立ち向かう、といったあらすじです。弁護士という重いテーマを扱った本作品ですが、片桐さん演じる明石の存在が良い清涼剤になりそうです。放映が今から楽しみですね!

 

片桐仁と女優・片桐はいりとの関係は

 

お互い珍しい苗字であり、顔だちもどことなく似ているお二方。

更に片桐はいりさんには弟さんがいらっしゃいます。

ご姉弟なのでは…と推測される方も多いようですが、血縁関係はありません。

根拠として、

・片桐さんの出身地は埼玉県。はいりさんの出身地は東京都。

・はいりさんは『グアマテラの弟』というエッセイを出版しています。グアマテラにとどまらず、世界中を放浪なさっているとのこと。

上記のことからも、弟さんと日本で忙しく活動されている片桐 仁さんとは無関係の方、ということになります。

 

まとめ

「シャキーン!」でお馴染みの個性派コメディアン、片桐 仁さんの素顔は、とても真面目でお笑いに対しても趣味に対しても妥協をしない素敵な人でした。

間もなく放映開始の『99.9』では、更に新しい片桐さんの魅力が発見できるのでしょうか。

これからの活躍に期待大です!

スポンサーリンク

コメントを残す