蘭寿とむの年齢や本名などプロフィールとは?過去の出演ドラマも

スポンサーリンク

 

TBS 金曜ドラマ『わたし結婚できないんじゃなくて、しないんです』に山本望海役で出演されている蘭寿とむさんですが、お名前を見る限り例の劇団の香りがプンプンしますね~。

プロフィールを公開しつつ、本名や年齢なんかもご紹介していきたいと思います。

 蘭寿とむさのプロフィールとは?

私結婚できないんじゃなくてで徳井の高校時代役の健太郎の出演ドラマとは?

名前:蘭寿 とむ(らんじゅ とむ)

生年月日:8月12日

出身地:兵庫県

身長:170cm

血液型:O型

資格:普通自動車免許

所属事務所:GR PROMOTION

 

参考先 http://grpromotion.co.jp/talent/tomu/

 

現在の所属事務所の公表しているプロフィールは以上の情報のみでした。

では、ここから独自に調べたプロフィールにいきます。

 

本名:坂本 真由(さかもと まゆ)

生年月日:1975年8月12日 (40歳)

出身地:兵庫県西宮市

 

まだ40歳なんですね。貫禄があるので、老けているという訳ではないのですが、もう少し上かと思っていました。

 

バレエを小学生時代からしていて、中学・高校は創作ダンスに熱中していました。

高校ではキャプテンを務めるほどのダンス好きではありましたが、バレエを始めたきっかけは友人の誘いでたまたまだったようです。

宝塚歌劇団との出会いは中学2年生の時で、この時も友人の誘いだったそうです。

思っていた上にハマってしまってはいましたが、その当時ご本人は宝塚歌劇団に入ろうとは思っていなかったそうです。

宝塚歌劇団に入るきっかけとなったのはやはり友人で、高校生になって受験を受けに行った友人を見ていて、「自分も宝塚音楽学校にいかないと後悔する」と思い受験したと言っています。

宝塚音楽学校には、1994年(82期生)に入学し、卒業までの2年間主席の座を渡すことは無かったといいます。82期生といえば、宝塚音楽学校で歴史上最も受験生が多く、48.2倍という倍率を記録している年です。

非常に優秀な優等生だったんですね!学生時代からその後のスターへの道が約束されていた実力の持ち主ようです!

1996年、2年間の全課程を終了し、もちろん主席で宝塚歌劇団に入団します。

 

幼少期から事あるごとに友人の影がちらついているな~という印象ですが、進んだ先では周囲を圧倒する結果を残している所をみると、スイッチの切替がしっかりしていて、やるからには結果を出す。自分に甘えのない人なんだなと思いますね。

 

 

宝塚歌劇団時代の経歴とは?

スポンサーリンク



東李苑は韓国っぽいけど国籍は?総選挙の順位やプロフィールについても

宝塚歌劇団に在籍時は「男役としては100年に一人の逸材」やファンが思わず赤面してしまう「赤面王子」「宝塚のカリスマ」「82期のお父さん」と様々な異名を持つ蘭寿とむさん。まさにミスター(ミス?)パーフェクトと言ったところでしょう。

そんな蘭寿さんの初舞台は1996年(入団の年)『CAN-CAN』でした。その後、『花組』に配属されました。同期には、遼河はるひ(りょうが はるひ)さんや壮一帆(そう かずほ)さんが居ます。2001年に新人公演初主演、2002年には公演初主演を経験し、2006年『宙組』に組替えしています。

『宙組』では、数々の主演を経験し、単独でのコンサートやディナーショーをし実績を積んでいました。

2011年、再び『花組』に戻り、トップスターに就任しました。数々の舞台でご活躍した後、2014年に惜しまれつつも宝塚歌劇団を退団しました。

 

蘭寿とむさんというと、その男役が脚光を浴びることが多いですが、2003年にモーニング娘。と共演したり、2013年に女優の北川景子(きたがわ けいこ)さんと対談し、その後、フジテレビの『SMAP×SMAP』のワンコーナーで共演を果たすなど、外部出演の機会が多いことでも知られています。

きっと気さくな方なんだろうな~と勝手に想像してしまうところですが。

 

 

退団後の出演作とは?

ちすんの本名などプロフィールとの過去の出演ドラマとは! 競泳水着が話題?

2014年に退団後、すぐに舞台復帰しています。

初舞台は、KENTO MORI(マドンナのワールドツアーに同行中、マイケル・ジャクソンの遺作となるツアーからオファーされつつも参加できなくて話題になった)さんの振付が入り、話題になった『ifi』でした。

その後も舞台でのご活躍は目まぐるしいものがあります。

 

テレビドラマでは2015年 に放送されたフジテレビ金曜プレミアム『アンダーウェア』で永井千春役を演じました。

主演・桐谷美玲(きりたに みれい)さんが女性用下着の会社で奮闘するストーリーで、演じた永井は雑誌の編集長という設定。

良い物は載せる。悪い物は載せないというはっきりした考えを持つ女性で、桐谷さん演じる繭子を叱咤激励し要所要所で存在感を見せてくれていましたね。

 

ドラマでの演技は一作だけしか拝見させていただいていませんが、その演技力はテレビも舞台も一緒なんですね。元男役ということを思わせないくらい、大人の女性を感じさせていただきました。

 

 

まとめ

私結婚できないんじゃなくての吊橋トークやシャラップツッコミとは?名言まとめ

今回『わたし結婚できないんじゃなくて、しないんです』に山本望海役で出演されている蘭寿とむさんの役どころは、主演の中谷美紀(なかたに みき)さん演じる橘みやびの所属している「独身グルメ女子会」のメンバーということです。

もう一方にマルシアさんがいるそうで、なかなかスッゲー女子会ですね。近寄れない空気満載です。まさに3人共「リアルガチ!」に役を演じていると思うと見る方も覚悟をしないといけないかも…

スポンサーリンク

コメントを残す