小栗旬のCMの矢部君は矢本 悠馬?パワプロCM2016の黒縁眼鏡の男!

スポンサーリンク

 

パワプロ2016のテレビCMで小栗旬さんと共演している矢部君が、今話題になっています。大きな黒縁眼鏡の男の子です。この人は矢本悠馬さんという俳優さんです。

今回は矢部君(やべくん)こと矢本悠馬さんが何者なのか解き明かしていきたいと思います

 パワプロ2016のテレビCMってどんなだっけ?

ゆとりですがなにかで中森役の矢本悠馬の出演ドラマは恋仲?身長が低い? 

設定は、サラリーマンのアフター5で新人を先輩(小栗旬)に紹介する所です。

サラリーマンA「先輩、こいつ新人の矢部です」矢部「矢部です」

何度問答を繰り返しても答えは「矢部です」

思わず、ハグしてしまう小栗さんは、メガネ姿の矢部をパワプロの「光るメガネはスターの証?!矢部明雄」と重ねてしまい、「君とは長い付き合いになりそうだ」と自宅にゲームに誘うというストーリーです。

この矢部君、本当にいい味出してて気になる人も多かったのではないでしょうか? 

 

では…矢部君は誰?矢部君の名前とプロフィールを公開

 ゆとりですかなにかで山岸役の太賀の演技が上手すぎてムカつくと評判?

名前:矢本 悠馬(やもと ゆうま)

生年月日:1990年8月31日(26歳)

出身地:京都府

サイズ:身長161cm・体重50kg・足25cm

特技:サッカー、卓球、テニス

資格原動機付自転車免許

所属事務所 ソニー ミュージック アーティスツ

参考先 http://www.sma.co.jp/artist/profile/index/379

 

芸歴は意外と長く、13年。俳優デビューは2003年で当時は子役として活動していました。

デビュー作は映画『ぼくんち』(2003年)で、主人公の弟の太一を演じました。子役としては、NHK連続テレビ小説『てるてる家族』のみの活動で、その後に活動を再開したのは2011年に松尾スズキさんが主宰する劇団「大人計画」に研究生として参加してからでした。

2012年には「大人計画」の研究生同志が集まり、「劇団こまつな」を旗揚げして演劇や舞台、俳優と幅広く活動していましたが2016年に現事務所に移籍しました。

 

 矢本悠馬さんの出演ドラマとは?

 スポンサーリンク



言われてみれば、いろんな所で見かけていた…と思う俳優さんの1人・矢本悠馬さんですが、161cmという低めの身長や、個性的で明るい雰囲気をお持ちなので良い意味で目に着く俳優さんですね。出演ドラマをピックアップしてご紹介します。

 

2003年:NHK連続テレビ小説『てるてる家族』佐藤浪利役 ドラマデビュー作

2011年:テレビ朝日『11人もいる!』#2、#7 復帰後、初ドラマ

2014年:NHK連続テレビ小説『花子とアン』徳丸武役

2014年:フジテレビ『水球ヤンキース』宮口幸喜役

2014年:TBS『ごめんね青春!』古井豊役

2015年:フジテレビ『ブスと野獣』ドラマ初主演 中田健太役

2016年:日本テレビ『ゆとりですがなにか』中森役

 

2014年はご活躍が目ぼしい年でしたね。『水球ヤンキース』では、間宮祥太朗(まみや しょうたろう)さん演じる千秋亮と一緒に、おちゃらけた2人組を演じ、水球部の存続を助けた影の功労者でした。

『ごめんね青春!』では、時代遅れなヤンキールックをしているけど…実は喧嘩は弱い古井豊を演じ、ドラマの後半にはトリンドル玲奈(とりんどる れな)さん演じる山田・ビルケンシュトック・京子 と恋人同士になっていました。まさに『美女と珍獣』(笑)でしたね。

初主演を演じた『ブスと野獣』では、まさかのブスの方でした。野獣・篠原幸恵役を演じたのは、今では毎日のようにテレビで見る機会のあるお笑いコンビ『おかずクラブ』のゆいP(ゆいぴー)でしたね。お世辞にも花があるタイプではないお二人がW主演を演じている『ブスと野獣』は逆の意味で非常に興味をそそりました。

 また今年2016年のドラマ「ゆとりですがなにか」では、居酒屋さんの店員役なのですが、これもまたいい味出してて、個人的にとっても気になる存在でした。

 

まとめ

 

パワプロ2016のテレビCMの矢部君。「どっかで見たことある顔だな~」と思った方も多いかと思い、調べてみましたが…

蓋を開ければ、矢本悠馬さんという最近では良くドラマや映画で目にする俳優さんでした。

矢本悠馬さんは、今話題になっている映画『ちはやふる』にも出演されているようです。

今後、ますます拝見させていただく機会が増えそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す