おねんどお姉さんの年齢や経歴は?ニャンちゅうの岡田ひとみは結婚してる?

スポンサーリンク

NHK ONLINENHKお馴染みのキャラクター『ニャンちゅう』がお送りしている『ニャンちゅうワールド放送局』

番組内のワンコーナーを担当している、おねんどお姉さん ひとみ役の岡田ひとみさん。雲の上から地球の様子を観察して、粘土でいろんな物を作ったり、作り方を教えてくれるキュートで優しいお姉さんです。

2007年1月5日に「櫻井・有吉THE夜会」でイケメン俳優の千葉雄大さんの気になる人としても紹介されて話題になりました!

そんな岡田ひとみさんの経歴やプロフィールをご紹介しましょう。結婚についても書いていこうと思います。

岡田ひとみのフロフィールとは?

どうしてたくみお姉さんだけ卒業?三谷たくみの交代理由は年齢や結婚?

名前:岡田 ひとみ(おかだ ひとみ)

生年月日:1980117日(35歳)

出身地:群馬県

血液型:O

趣味:横笛、茶道、伝統芸能鑑賞、音楽(クラシックなど)、インタラクティブアート、写真

特技:創造、想像、忍耐

参考先 http://www.radical-planet.com/hitomi/

岡田ひとみさんのホームページを拝見させて頂いて、率直な感想ですが『明るく楽しい方』という印象でした。群馬県出身のところに『鶴舞う形の群馬県』と書いていて、群馬県人しか知らない『上毛かるた』の『つ』の文言で書かれていました。

気になる年齢は『35歳』キャピキャピしていて、明るいしとてもキレイな方なので20代後半くらいかと思っていましたが、以外にお姉さんでした(笑)

やはり、普段から子供たちに囲まれて動きまわっていらっしゃる方なので、同年代よりも若くみえるのでしょうか。

岡田ひとみの経歴とは?

スポンサーリンク



クリスマスパーツ横山だいすけと小野あつこの不仲説って本当なの?目撃情報が話題?

NHK「おかあさんといっしょ」の11代目お兄さんとして人気のある横山だいすけさん。

イケメンだし、ママたちにも人気ありますよね...

今では『ねんドル』として活動をしている岡田ひとみさんですが、芸能の活動を始めた時は普通のタレントとして活動していたようです。

1998年にオーディション番組で合格して芸能界デビューするも、いまいちパッとせず直後に1年間芸能活動を休止していました。

その時に出会ったのが、粘土細工です。独学でミニチュアフードを粘土で作ったりしていたそうです。

芸能界復帰後の2002年に粘土職人とアイドルを掛けあわせて『ねんドル』と宣言し活動を始めました。史上初めてのアイドルジャンルということも手伝い、今は無き『表参道同潤会アパート』で行った個展では歴代の動員数の記録を塗り替える程でした。

ついに日の目を見た岡田ひとみさんは、『ポンキッキーズ21』『それいけ!アンパンマンくらぶ』など、多くの子供向け番組でレギュラー出演するようになりました。

91日が『ねんどの日』となったのも実は岡田ひとみさんの申請による決定です。901日「クレイ(ねんど)」ということだそうです。

活動が軌道に乗ってからは、ねんど関連の書籍やDVD、世界各国・被災地などで個展を開いたり、全国で『ねんど教室』を開くなど意欲的に活動を続けているようです。

2013年に『ニャンちゅうワールド放送局』に出演することになり、番組内でも作品の幅を広げ『おねんどお姉さん』として多くの子供たちに親しまれています。

岡田ひとみは結婚しているの?

たくみお姉さん交代ショックでロス続出?生田斗真との共演や他局の出演は?

さて、『ねんドル』として活躍している岡田ひとみですが、ご結婚はされているのでしょうか。いろいろな所から情報を集めてみた結果…

まだ、独身のようです。残念ながら、お相手などの浮いた話は一切上がってきませんでした。

今の時代『アイドル=スキャンダルはご法度』なので、自粛しているのでしょうか?お綺麗な方なので周りが放っておくことはないでしょうから、言い寄られても断っているのでしょう。ご想像にお任せしますが、そうしておいてください(笑)

ただ、年齢的な面もあるのでご自身はそろそろと考えていてもおかしくありません。子供向け番組に出演されているので、かなり慎重に行動しないと、思っている以上に非難を浴びることもありますからね。

昨今の芸能人は乱れているので、子供たちのためにもスキャンダルだけは気をつけて欲しいと思います。

まとめ

ニャンちゅうのミキお姉さんは横田美紀?ストーカー被害にあっていた?

NHKの朝ドラ「あさが来た」に出演している女性銀行員の工藤サカエ役の女優さん。どこかでみたことがあるな?と思って調べてみたら、...

『ねんドル』岡田ひとみさんについてご紹介してきたわけですが、人生何があるかわかりませんね。一度はタレント活動を休止するほどだったにもかかわらず、休止中に出会った「ねんど細工」が実を結び、世界を相手に活動をするほどになりました。日本の記念日まで制定されてしまうなんて、まさに成功人でしょう。

いろいろな資格を持っていたり、茶道や日本の伝統にも興味を持ち教養ある方なので、日本の代表として今後も頑張っていただきたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す