できしな第9話の小悪魔からリラックマは理想の男と結婚する方法?

スポンサーリンク

 

あと1話で最終回を迎えることとなった金曜ドラマ「私結婚できないんじゃなくて、しないんです。」こと「できしな」の第9話。私、既に「できしな」ロスに突入しています(泣)

そんなドラマで毎回楽しみな藤木直人さん演じる十倉の名言。今回は「小悪魔からリラックマ」。ってどういう意味でしょうか?

ドラマの中での十倉(藤木直人)の解説をまとめてみました。

理想の男と結婚する方法とは?

できしな8話のAKKKNM理論や理想の男と結婚する方法とは?十倉の名言!

第8話のラストでいきなりエベレスト桜井洋介から「好きだ、付き合ってほしい」と念願の告白を受けたみやび(中谷美紀)。ずっとこのために、十倉の助言を聞いて頑張ってきたんです!そんなみやびの頑張りが報われた瞬間だ!!!

喜びの頂点!!と思っていた「結婚を約束できない」というひどい言葉。

アラフォー女性に結婚を約束できないって(>_<)こんなこと好きな人に言われたら泣いてしまいます。

そんな桜井の気持ちを「結婚したい!!」変えるための方法が「小悪魔からリラックマ」。

どういう意味かというと、男が結婚に感じる不安をギャップで埋めること。

 

付き合う前→小悪魔系

 

付き合ってから→カジュアル系

 

いわゆる小悪魔とカジュアルのギャップで、不安を埋めるですね。

例えば、付き合う前は小悪魔系で、おしゃれな高い服やブランド品を身に着けてカッコよく決めていても、付き合った後は、カジュアルなリーズナブルな服や小物で、金のかからない女を演じる。

やっぱり金のかかる女は結婚向きではないと思われてしまうので。

 

また、付き合う前は、飲み会に行くのを嫌がって見せるが、付き合った後は、彼氏を自由に飲み会に行かせる。軽いのりでカジュアルに「行ってきたいいよ♪」みたいな感じで。

これで、結婚しても束縛されないんだ~!と男は思うので良いそうです。

このギャップが男の不安を軽減するそうです。

 

第9話でみやびが実践した小悪魔キャラとは?

スポンサーリンク



私結婚できないんじゃなくて【できしな】の名言や高校時代の名曲シーンなどまとめ

みやび(中谷美紀)は十倉のアドバイスを受け、さっそく洋介(徳井義実)をデートに誘います。

そしていきなり、前回の告白で言われた「結婚は考えられない」に対する話題を敢えて出して怒るという小悪魔作戦の実践。

 

具体的には「結婚を考えられない」ということを言われて頭に来た!とか言うのでした。

でもどうして頭に来たかというとポイントは「結婚できない」からじゃなくて、「あなたの好きはその程度?」という恋心モードで責める。

ドラマでは「私のこと好きだったら、あんなこと言う??本当に私のこと好きなの?ここはあなたが奢ってね」ってお金をサラりを出させちゃうところも小悪魔キャラって感じですね。

なるほどこれなら「結婚」したいという強迫観念がないので、さすが十倉!!と思いました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す