青木さやかの現在の活動は?演技力はどうなの?

スポンサーリンク

現在、非常に視聴率も高いクドカンドラマ『ゆとりですがなにか』に出演中の青木さやかさんですが、ドラマ内では主演の岡田将生(おかだ まさき)さんや島崎遥香(しまざき はるか)さんとの絡みも多く、女優として頑張っているようです。

今回は、そんな青木さやかさんの演技力や現在の活動についてご紹介していきたいと思います。人気芸人からスタートして今までいろいろあった方だけに面白い内容になっています。

青木さやかのプロフィールとは?

ゆとりですがなにか8話はプロポーズと結婚で茜に感動!逮捕にびっくり?

名前:青木 さやか(あおき さやか)

生年月日:1973327

出身地:愛知県

身長:165cm

特技:ピアノ(一度聞いた曲をそのまま弾くことができる)

公式ブログ:http://ameblo.jp/sayaka-aoki/

参考先 http://www.watanabepro.co.jp/mypage/40000009/

才女としても知られている青木さんは、ご両親ともに小学校の先生ということで地元の進学校・愛知県立瀬戸高等学校を卒業後、名古屋学院大学に進学し外国語学科で中国語を学びました。

卒業後は、フリーアナウンサーとして地元の中京テレビに出演するなど精力的に活動していました。当時の番組で「面白いタレントになりたい」と発言したのがお笑い芸人を目指していると勘違いされてしまい、お笑いの道へ進むきっかけとなったそうです。

2003年に現事務所に入り、お笑い番組『エンタの神様』で披露した「どこ見てんのよ~!」で大ブレイク!瞬く間に人気者になりました。

2007年に結婚、2010年に第一子(女の子)を出産するも2012年に結婚生活に終止符を打つことになりました。

青木さやかの演技力はどうなの?

ゆとりですがなにかの視聴率まとめ!面白いのに低い理由とは?

スポンサーリンク



青木さんの演技力を語る前に、まず過去の出演ドラマについてご紹介しようと思います。所属事務所のホームページでは、お笑いではなく「女性タレント」のカテゴリーで所属しているだけに、主演も含め割りと多くの作品に出演されているようです。

2004年:TBS『奥さまは魔女』長谷川洋美役 ドラマ初出演

2005年:関西テレビ『曲がり角の彼女』山岸えり子役

2005年:関西テレビ『小悪魔な女になる方法』主演・浅田ナツキ役

2006年:日本テレビ『P・ハート~子供嫌いの小児科医物語~』主演・藤咲夏季役

2006年:テレビ朝日『だめんず・うぉ~か~』岩城友子役

2007年:関西テレビ『くうねるところにすむところ』主演・山根梨央役

2008年:関西テレビ『無理な恋愛』門田祥子役

2014年:関西テレビ『ブラック・プレジデント』三田村正美役

2015年:フジテレビ『オリエント急行殺人事件』昼出川澄子役

2015年:TBS37.5℃の涙』#8 須田喜美江役

初のドラマ出演となったのは大人気海外ドラマのリメイク版『奥さまは魔女』で、本人も人気絶頂の頃でした。魔女の旦那さん役の原田泰造(はらだ たいぞう)さんの同僚で、酒好きのおっさんのような性格の女性を演じていましたね。

更に初めての主演をしたのが『小悪魔な女になる方法』で、愛川欽也(あいかわ きんや)さんや松坂慶子(まつざか けいこ)さんなど超豪華な出演陣に脇を固められての主演はかなり緊張したのではないでしょうか。

私的に印象の強いのは『だめんず・うぉ~か~』ですかね。自分を見れていない発言が非常に鼻についたのを覚えています。(役なので可哀想ですが…)

ただ、青木さやかさんの演技力について調べてみると、やはり評価は同じような感じのコメントが多いように思います。

「主演が下手だと周りが大変」とか「下手のくせにできてる感がすごい」とか「わたし売れたいんですオーラがえげつない」など、あまり良いコメントはありませんでしたね。

ご本人は、「自分はお笑い芸人ではありません」と言っているのですが、女優としてはイマイチのように思いますし、今までの経歴を見る限りガッツリお笑い芸人だと思ってしまうのは私だけでしょうか?

ま~役と言ってもいろいろありますし、たどたどしくて、わざとらしい演出の役であれば有りなんじゃないでしょうか(笑)

青木さやかの現在の活動とは?

ゆとりですがなにかの最終回のネタバレとは?結末は童貞のままか予想!

2009年の産休を期に一時休業していた青木さやかさんの現在の活動とはどんな感じなんでしょうか。2012年に離婚が成立して以降、ちょくちょくはテレビに出ていましたが、再出発のきっかけになったのは2014年の『ロンドンハーツ』で不仲説のあった有吉弘行(ありよし ひろいき)さんとの対談?でしょう。

離婚後、シングルマザーになってしまったのでやはり収入源が必要ですよね。有吉さんに相談したところ「カンニング竹山路線で行け!」というアドバイスをされていました。どういうことかというと、「芸人でありながら、演技のうまいおばさん」になれということだそうです。あっそれで、今のドラマ出演ですね。

有吉さんと和解したことで多少お仕事も増えてきたようですが、調べていくと世間からはあまり良い印象がないようですね。前述した演技についてもそうですが、性格的に難があるようで、本当かどうかはわかりませんがかなりプライドが高く神経質な方のようです。

今後も活動していくようであれば、自分のプライドを壊すか守るかで180度違った未来が訪れるでしょう。

まとめ

今回は人気ドラマ『ゆとりですがなにか』に出演中ということで、青木さやかさんについてご紹介してきたわけですが、いろいろ調べてみて感じたのは、今回のドラマは今後、芸能界で生きていくうえでの方向を決めるために青木さんにとってはかなり重要な作品になるのではないかと思いました。

プライドがあるのは仕方ないでしょうが、娘さんを育てていくうえで何が重要かを考えたら自ずと答えは出るはずです。個性の強いキャラクターなので、苦労は絶えないと思いますがめげずに頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す