宮下遥はかわいいと評判で妹のことが話題なの?小学校など学歴についても

スポンサーリンク

リオ五輪に出場する全日本女子バレーボールの若き司令塔の宮下遥さん。

注目の彼女に魅力や家族のことについてまとめてみました。また経歴についても調べてみました。

宮下遥のプロフィールとは?

迫田さおりに彼氏はいるの?身長や体重などプロフィールや福永との関係とは?

全日本男子サッカーが『サムライJAPAN』なら、全日本女子バレーは『火の鳥NIPPON。』

そのフレーズが示す通り、世界中を飛び回り...

名前:宮下遥(みやしたはるか)

生年月日:1994年9月1日

出身地:三重県

身長177cm

ポジション:セッター

最高到達点/指高:290cm/227cm

所属:岡山シーガルズ

引用元:okayama.v-seagulls.co.jp/team/member/14/index.html

 

宮下さんはセッターのポジションですが177cmと身長は高い方で中学まではアタッカーをしていました。セッターというポジションにおさまらずコート内で活躍してくれそうですね。

まだ15才の時に試合途中で宮下さんは味方の選手と交錯して前歯を2本も折るというアクシデントにあっても試合に出ました。本人も負けず嫌いと自負しているほどの強気な性格をしています。

強気な性格はスポーツをするうえで、プラスになることが多いのでバレーボール選手としては良いのかもしれないですね。

プライベートでは、付き合っていくの大変という可能性もありますが(笑)

ですが、不動の名セッターと言われた竹下佳江さんの後継者と言われてワールドグランプリの仙台大会の前日に報道陣の前で「セッターが変わったから日本が弱くなったと言われるのが怖い」と涙したこともありました。

これは重くのしかかるプレッシャーとの戦いだったのでしょう。まだ若くとも日の丸を背負う覚悟があったからこその涙だったのかもしれません。

今でも日本代表の若き司令塔として戦い続けています。

 

宮下遥の学歴とは?

鍋谷友理枝の出身中学や高校などの経歴は?バレーは両親の影響?

2016リオ五輪バレーボール世界最終予選兼アジア大陸予選大会。現在、毎日のようにテレビ中継されていて、非常に話題性が高いです。
...

市立城南小学校

大阪国際大和田中学

大阪国際滝井高校

岡山シールズ

 

小学校1年生からバレーを始めた宮下さんはバレーボールの強豪である大阪国際大和田中学校に進学して、アタッカーからセッターに転向します。

2009年に14歳という若さで黒鷲旗に出場して、Vプレミアリーグにも途中出場を果たしました。どちらとも史上最年少記録です。

当時のチーム監督に「間違いなく全日本級のセッター」と太鼓判を押されているほどです。

2010年には全日本女子チーム登録メンバーにも選ばれています。

大阪国際滝井高校に入学していますが岡山シーガルズに所属していたため、バレー部には入っていません。その時にはすでにプロとして活躍していたのですから凄さがわかりますね。

 

2014年には東京オリンピックの「Project CORE」という育成や強化を目的としたプロジェクトのメンバーに選ばれています。

リオだけではなく次の東京でも活躍が期待される選手です。

 

 

宮下遥さんがかわいい?妹は?

スポンサーリンク



木村沙織の年収っていくらなの?出身の高校はどこなの?

2016リオ五輪バレーボール世界最終予選兼アジア大陸予選大会でご活躍中の全日本女子バレーボールチーム『火の鳥 NIPPON』のキャプテ...

宮下さんは強気な表情と笑うと可愛らしい姿からジブリの主人公ぽいと評判です。

健気で一生懸命でひたむきな姿が顔に出ているのでしょうね。

また、私服姿でもあどけなさが残る可愛らしい笑顔とカジュアルな服装が似合っていてかわいいと話題です。

 

かわいい宮下さんの家族は両親と妹の4人家族です。

父親の尚彦さんはサッカーでゴールキーパーをやられていたみたいなので、運動神経を受け継いでますね。

妹に関しては「目に入れても痛くない」というほど可愛がっているようで仲がいいのがうかがえますね。

小さい時に妹と風船で遊んでいたのがよかったそうです。このエピソードが話題になっているようですね。

 

まとめ

鍋谷友理枝の出身中学や高校などの経歴は?バレーは両親の影響?

2016リオ五輪バレーボール世界最終予選兼アジア大陸予選大会。現在、毎日のようにテレビ中継されていて、非常に話題性が高いです。
...

スポーツ選手に必要な強気な性格と若いころから見出されていた才能がリオ五輪に出場する。メダルへの期待が高まる中、司令塔である宮下さんの活躍に期待したいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す