高畑裕太逮捕の芸能人の反応は?ツイッターや番組などでの発言まとめ

スポンサーリンク

女優・高畑淳子(たかはたあつこ)の息子・2世タレントの高畑裕太容疑者が逮捕され、芸能界でも大きな波紋が起こっているようです。

今回は芸能人の方々が寄せる事件の反応についてまとめていきたいと思います。

高畑裕太逮捕の芸能人の反応とは?

高畑淳子がかわいそうの声!今後の女優活動はどうなるのか引退も?

2016823日未明に強姦致傷の疑いで、高畑裕太容疑者が逮捕となった事件を受けて芸能界にも大きな波紋が起きています。

実際に付きまといや待ち伏せに合っている女性タレントの方もいるようです

以下は、それぞれ番組やツイッターなどの発言です。

 

橋本マナミ(はしもとまなみ)

橋本は「番組とかで高畑容疑が『好き』っておっしゃってくださっていて、私はネタかと思っていたんです」とコメント。「でも、本人にお会いしたときに、そのまっすぐさとか…擁護しちゃいけないんですけど、純粋な自由奔放な本能のままで動いている子だったので、そういう若い男の子なのかなっていう印象だった」と振り返った。

そして、坂上忍が、「ネタとかじゃなくて、リアルな感じだったってこと?」と聞くと、「リアルな感じではありましたね」と返答。「でも、いやらしい目で見られたりとか、『連絡先教えてください』としつこく来るわけではなかったので」と続け、「この事件が起こったときは正直びっくりしましたね」と語った。

橋本と高畑容疑者は、21日放送の日本テレビ系『行列のできる法律相談所』で共演。高畑容疑者はこれまで多くの番組で橋本が「好き」と公言していていたが、橋本は「全然興味ない。男として何も感じない」とバッサリ斬っていた。

引用元 http://news.mynavi.jp/news/2016/08/26/231/

坂上忍(さかがみしのぶ)

坂上はフジテレビ系「ダウンタウンなう」で高畑容疑者と共演しているが、「天然系っていうか、俺は正直、共演したときに怒ってる」と告白する。「どこまでが天然で、どこからがキャラ作りなのか見えなくて。悪い子じゃないんだけど、あまりにも自分の欲に向かっていきすぎて、これ失礼だろと思って、お前ちょっとそれないんじゃないの? ってガチで怒っている」と明かした。

だが坂上は、高畑容疑者と話した印象として「役者として魅力ある子」とも語る。「ピュアだから役者としての魅力があるけど、ピュアだから芸能人としての危うさを感じてしまう」と渋い顔で話した。

また高畑容疑者を叱った数日後に高畑淳子と共演する機会があり、向こうから「ご迷惑をおかけしたみたいで……」と謝罪されたそう。坂上は「お母さまは本当にちゃんとしている」と強調した。

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/11928762/

坂上は厳しい口調で「この手(強姦致傷)のは泣き寝入りしている人は数知れずいる。そういうことを考えたら卑劣としか言いようがない」と指摘するなど、高畑容疑者に怒りをぶつけていた。

その最中、アンガールズ・田中卓志が「テレビ復帰、絶対無理ですかね、もう?」と、芸能界復帰の可能性を尋ねた。

すると、坂上は田中に向き直り、「オレはね、その話を今するのは好きじゃないんだよね」「復帰って話じゃないよ、これは。被害者の方がいるワケであって、心の傷も癒えてないのに、今復帰の話なんて冗談じゃないよ」と怒りをあらわにしたのだ

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/11928026/

「欲求を抑えられなかった、計画性はないと本人は言っているが、部屋に呼び密室に連れ込みそういう行為をした。計画性がどうのこうのじゃない。卑劣な行為だと言わざるを得ない。(今回は)通報されて明るみになったが、(このような事件で)泣き寝入りしている人がたくさんいるはず。若気の至りって話じゃないんだよね。強姦致傷って容疑は…」と断罪した。

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/11927347/

テリー伊藤(てりーいとう)

裕太容疑者は型破りで奔放なキャラクターで知られ、それがバラエティー番組などで人気となっていたが、テリー氏はそんな裕太容疑者について、「一般企業に勤められるかっていったら、そうは勤められない。こういうとんでもないキャラがことを強調した。それだけに22歳での転落に「今後、どういう風に生きて行くのか…」と言葉を失っていた。

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/11926598/

小倉智昭(おぐらともあき)

小倉氏は「映画の撮影で泊まっていたということはスタッフも一緒に宿泊していたと思うし、ホテル側も(撮影クルーが)来てるって分かってるわけでしょ?そこでこんなことをするなんてちょっと考えられない」と、あ然とした様子で語った。

 また、高畑容疑者の逮捕が報じられた際には「彼のタレント仲間とニュースを見ていた」と告白。そのタレント仲間が「危なっかしいところがあったんで心配していたんですよね。みんなで注意していたんです」と高畑容疑者の素顔について語っていたことを明かし、「そういうところがちょっとあったみたい」とコメント

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/11926541/

オリエンタルラジオ 中田敦彦(なかたあつひこ)

中田は6月に行われた製作発表会見が初対面だったといい「本当に明るくて、周りからもいじられて笑いをとったりして、ムードメーカーで僕も好感を持っていました」と印象を語った。

 続けて「いま大きな仕事にたくさん携わっているから、どれだけ迷惑が掛かるか絶対分かっているはずです。お母さんのこともあるし。尊敬しているお母さんにこんな迷惑を掛けるだろうか、と今でも信じられなくて…何が起こっているのだろうと」とコメント

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/11926403/

千原ジュニア(ちはらじゅにあ)

テレビ番組で何度も共演したというジュニア。同容疑者の環境について「テレビに出だして、ここ1年、もっと言えば半年くらいで激変した」と説明。「道を歩いていても、“ファンです”とか“握手して、サインして”とか、環境が変わった中で、どこかで“俺やで”っていうのがあって」と、急に売れっ子になったことで慢心が出たのではないかと分析した。

 さらに「憶測ですが」と前置きし「フロントの女性に歯ブラシを部屋まで持ってきてもらった時に“俺やで”ってことで、そこで自分が思っていた言動とは違う動きを女性がされたのでは…と思ってしまう」とコメント

引用元 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/25/kiji/K20160825013231660.html

フットボールアワー 後藤輝基(ごとうてるもと)

「バイキング」レギュラーの後藤がMCを務める「今夜くらべてみました」も、逮捕後の23日放送回は高畑容疑者をゲストに迎えており、お蔵入りを余儀なくされた。後藤によると、番組スタッフは差し替え決定後に訪れ、「差し替えになってしまいました。すいませんでした」と謝ってきたという。

後藤は、スタッフについて「言うたら被害者ですよ。スタッフさんも」と同情し、「そういう人が謝らなければいけないって、どれだけ迷惑かけてんねんて!」と声を荒げて主張する。

坂上忍が「ものづくりをしている方たちの時間と労力と思い」「僕ら、それを感じて仕事してる」と話すと、後藤もこれに同意。続けて後藤は「できるだけちょっとでも盛り上げようと思って、全部の番組がそうやって作ってるのに、そんな水の差し方、迷惑のかけ方ってあるんかなって強く思いますね」と語っていた

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/11932107/

女医 おおたわ史絵(おおたわふみえ)

おおたわ氏は「これね『これから自覚持って、謝る所には謝って。まだ22歳だし』って、言う人も多いと思うんですけど」と、前置きすると「性衝動を抑えられないっていうのは、かなり重症な問題」と、厳しい表情で語った。

おおたわ氏は「性衝動って、視床下部で起きてくると、前頭葉でそれを抑制する」と解説し、ふたつの機能がつながっているからこそ、日常生活において性衝動を抑制しながら生きているのだと説明した。

そのうえで「ここのストッパーが利かないっていうのは、かなり重大な問題があって」「やはり、性犯罪の再犯率が多いっていうのは、ここに決定的な問題がある」と、性犯罪を犯してしまう人の問題点を指摘し、再犯率の高さについても触れていた。

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/11930011/

室井佑月(むろいゆづき)

「高畑さんが有名な女優さんだから、明日会見をしても、その後も取材がある程度行っちゃうっていうのもしかたない」とコメント。続けて、「息子さんも20歳を超えてるわけですから、(今回の事件に関して淳子が)一番心を痛めて。(淳子は)被害者でもあるわけですよね」と独自の視点で語る。

さらに、室井氏は「ちょっとそこのところを考えてあげて欲しいなと思います」と淳子への影響を懸念したのだった。

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/11931936/

ニッチェ江上

「(キャラクター的に)バカだなとは思っていたんですが、こんなにバカだったとは…」とあ然とした表情を見せた。

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/11930974/

ピーター

母・淳子とは親友の間柄で、高畑容疑者についても小学校の頃から知っていると明かしたピーター。「本当にびっくりして…。まさか、このバカヤロウと思いましたよ」と衝撃の大きさを語った。

 23日夜に淳子と電話で話したことも明かし、「『まだ何も情報が入って来ない。どうしたらいいか分からない』と言っていた。すごくショックを受けているみたい」と動揺する親友の様子を語った。

MCの坂上忍(49)が「せっかく仕事が増えてきたのにね…」と高畑容疑者について嘆くと、「仕事が増えたのは高畑淳子の息子だからということを本人が もっと分かっていないと。どこかで慢心があったんだと思う。あっちゃん(淳子)がどれだけ苦労して育てたか…。少し腹立たしい」と心境を語った。

また、声を詰まらせながら「こんなことでコメントしなければいけないのがね…切ないよね」と語り、「せっかく立派になったと思ったのにね…」とやりきれない気持ちを吐露した。

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/11927562/

清水富美加(しみずふみか)

土屋太鳳演じるヒロイン・希の同級生役で、清水富美加演じる一子に25年間思いを寄せる、 洋一郎役。放送終了直後の昨年10月にはスピンオフが制作され、清水、高畑容疑者らも出席。席上、清水が「リアルに共演NGです!!」と現実世界でも高畑 を冷たく突き放し、話題となった。

 清水は同10月、高畑容疑者の母で女優の高畑淳子が不定期MCを務めるNHK「スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演。淳子から「そうなんです!未来のお嫁さん」とドラマに絡めて紹介されると、「やめてください」と笑顔で困惑した。

清水は高畑容疑者が撮影現場でのムードメーカーであることを紹介した上で、「高畑くんは人との距離を測るメーターが壊れてますよね」「距離感が近い」とバッサリ。淳子も「ちょっと変わったところがある子です」とうなずく場面もあった。

番組では高畑容疑者からのビデオメッセージが届き、「今度は君が僕のことを好きな役でどうでしょうか?」と再共演を呼びかけられたが、清水は「頂けないです」と“塩対応”でスタジオを沸かせていた。

引用元 http://news.livedoor.com/article/detail/11925247/

女医 西川史子(にしかわあやこ)

「もったいないの一言ですよね」

引用元 http://www.cyzowoman.com/2016/08/post_21517.html

 

いや~、共演者やら高畑淳子さんの友人やらも大変ですね。本人を知っていて、良くなってほしいからこそ暖かく見守り、指導やアドバイスをされていた方も多くいたようです。

全てを裏切った形になった高畑裕太容疑者の罪は事実以上に重いのかもしれませんね。

高畑裕太逮捕で高畑淳子の会見内容とは?

グッディ大村正樹に批判集中!高畑敦子謝罪会見での性癖質問で炎上?

2016826日、逮捕から3日後に高畑裕太容疑者の母親である女優の高畑淳子が謝罪会見を開きました。本人はもちろん会見のしようがないので、保護責任者的な部分の謝罪会見となってしまいますが、世間では「淳子さんも被害者の1人」という意見も出ているなかでのどんなコメントをしたのでしょう。

このたびは、大変なご迷惑をおかけいたしました。大変なことをしてしまいました。本当に申し訳ありません。心よりおわび申し上げます。被害にあわれた女性 の方、息子がお受けしていたお仕事へのキャンセル、撮り直し、どんなに言葉を重ねてもおわびの言葉が見つかりません。今日に至るまでご報告が遅れましたの も諸事情ございましたけれど、昨日やっと15分ではありますが本人に会えましたし、前日にも弁護士さんにも会えましたので、今お答えできる限りのことを (答えるため)皆様の前に立たねばと思い、このような場を設けていただきました。本当に申し訳ございません。

姉は……報道を知って大泣きしていましたけれど、泣いている場合ではない、まず謝る気持ちと、(事態を)冷静に見ていかなくてはならないから。まあ、(母 娘)2人いると、どっちかが泣いてどっちかが冷静になることが交互に訪れて、家族だけになりますと、違う気持ち、息子への気持ちが出てくるんですけど、 「それはいけないんだよ」とお互いに言い合う、ということをやっているという感じです。

引用元 http://mainichi.jp/articles/20160826/k00/00e/040/144000c

 

上記は、ほんの一部の抜粋です。実際は一問一答形式で答えていて、時間がオーバーしても記者の質問に一つ一つ丁寧に答えています。自分の息子が犯した罪ではありますが、本当に辛い会見だったと思います。

まとめ

今回の高畑裕太容疑者の事件は、本当にいろんな所に甚大な被害が出ている迷惑行為ですね。仕事の上では、日本テレビの『24時間テレビ』やドラマ、バラエティー番組などの差し替えなどで、莫大な時間と人とお金が動くことになると思いますし、母親の高畑淳子さん然り、被害者の女性に至っては被害者なのに『さらし』の被害や誹謗中傷を受けたりと「セカンドレイプ」という現象が起きているということです。

女性タレントへの未遂も複数行っていたようなので、高畑裕太容疑者はやはり人間というより理性のない『獣』なのでしょうか?

普通は、欲望を理性で抑えこむはずですが、彼の場合はそれが出来なかったわけですから芸能人なんてなるべきではなかったと思います。

今後、このような事件が起こることが無いよう祈る掛かりです。

スポンサーリンク

コメントを残す