わたしを離さないでの特別な使命とは?最終回の結末のネタバレとは?

スポンサーリンク

 

綾瀬はるかさん主演で、ベストセラーが原作で話題になっている金曜ドラマ「わたしを離さないで」がいよいよ1月15日(金)22時からスタートします。

そんな中、気になったのがドラマに隠されている「特別な使命」と「隠された秘密」。

一体どういうことなのか?謎についてまとめてみました。ネタバレありです。

 

 

綾瀬はるか主演ドラマわたしを離さないでの原作は?

 【わたしを探さないで】水川あさみ演じる美和の子役瑞城さくらの出演作は?動画あり

英国の作家カズオ・イシグロの著書でイギリスでは100万部を超える大ヒットとなり映画化もされています。しかしドラマ化は世界で初めてとのことです。

原作ではイギリスが舞台ですが、それを日本に置き換えているそうです。

どんな内容なのか楽しみですね。

 

綾瀬はるか主演ドラマわたしを離さないでのあらすじのネタバレは?

 わたしを探さないでの花役濱田ここねはおしんの子役だった!出演作は?

世間から隔離された施設・陽光学苑で「良質な」教育を与えられ育てられてきた恭子(綾瀬はるか)、友彦(三浦春馬)、美和(水川あさみ)。子どもらしい生活、子どもらしい教育を享受し「普通の子ども」であったはずの彼らはある日、生まれながらにある使命を与えられた「特別な子供」であると教えられ、自分たちの「本当の運命」を知らされる…。
彼らに課された使命とは?学苑に隠された秘密とは?視聴者に衝撃を与えるサスペンス!

 

運命を知った3人は絆を求め、人を愛することで生きる希望を得ようとする。
子どもから少年・少女、そして大人になる中で「生きる意味」を模索していく3人。 大人になった3人は運命に抗うのか?それとも運命に従うのか?
愛情、友情、絶望、希望…生と愛が絡み合うヒューマンラブストーリー!!

引用元:http://www.tbs.co.jp/never-let-me-go/intro/

 

この中に出てくる「特別な子供」「特別な使命」とか「隠された秘密」って気になりますよね。

一体どういうことなのでしょうか?

 

隠された秘密や特別な使命と最終回のネタバレとは?

 【わたしを探さないで】三浦春馬演じる友彦の子役中川翼の出演作やCMは?動画あり

世間から隔離された施設で育てられた子供たちはなんと、臓器提供を目的としてつくられたクローン人間なんです。臓器を必要としている患者さんのためのクローンです。

臓器提供するために長い間大事に育てられていくんですね。特に健康については徹底的に管理されます。施設から外に出ることが許されず育っていきます。大事にされる理由はいつか臓器提供するからなんです。

クローン人間なので、その運命に逆らうことはできません。すごく残酷で衝撃的は話ですね。最初知った時はびっくりしました。

 

ネタバレをすると、臓器は4つしか提供できません。4つ提供したところで死んでしまうんです。美和(水川あさみ)にもその時が来て臓器提供を終えて死んでしまうんです。

そして残った恭子と友彦(三浦春馬)。最終回では友彦も結局臓器提供を終えて死んでしまいます。

そして2人を見送った後に恭子(綾瀬はるか)も臓器提供する時がくる・・・とうショッキングな結末です。なんだか希望のない、暗くなってしまう内容ですよね。

 

まとめ

わたしを離さないでの真実役でハーフの子役はエマバーンズ!出演作は?

いかがでしたでしょうか?

臓器提供のクローン人間という話は衝撃的ですが、原作ではその中で3人が自分たちの運命を受け入れながらも一生懸命生きていこうとする姿を描いている作品になっています。

この原作をどうやって綾瀬はるかさん、三浦春馬さん、水川あさみさんが演じるのか楽しみですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す