宇多田ヒカルの活動休止の理由とは?再開で気になる真相とは?

スポンサーリンク

 

2016年4月から本格的に再始動することが明らかになった宇多田ヒカルさん。

MIX曲などを除くシングル曲のリリースとしては、2008年5月に発売された『Prisoner Of Love』から実に8年ぶり、CD化されていない楽曲でも2012年12月に発売された『桜流し』から3年半の期間が開いています。

長い期間、宇多田ヒカルさんはなぜ休まなければならなかったのか。休みの間、何をしていたのか。なぜ再開することになったのか。気になる真相を情報を元に考察してみようと思います。

宇多田ヒカルさんのプロフィール・経歴

 

生年月日:1983年1月19日 (33歳)

身長:158㎝くらい

血液型:A型

趣味:読書、弱っている人の写真を撮る、辛い食べ物、深夜のネットサーフィン

特技:パソコンの早打ち、テトリス、我慢、人の考えを読むこと、左足の小指の独立運動 、体がやわらかい    ので床にぺったり開脚とか

好きな言葉:着の身着のまま、諸行無常、不愉快だ帰る!、むにゃむにゃ

instead of tug o’ war, let’s play hug o’ war” – Shel Silverstein

(シルベスター・スタロー  ンの言葉で綱引き(戦争)より抱擁(仲良く)しようよという意味だそうです)

参考先:http://www.utadahikaru.jp/

 

1998年に『Automatic』(当時15歳)で衝撃のデビュー!累計出荷枚数は255万枚という爆ヒットを飛ばし、日本中を驚かしました。私も、彼女の出現にはとっても驚きました。
当時、今までにない音楽性と声に、とっても魅かれてずっと聞いていたのが懐かしいです。

その後、宇多田さんは計21作品のシングル曲と5作のアルバム、2作のコンピレーションアルバムを発表しました。

どの作品もミリオン・プラチナ・ゴールドと日本レコード協会から認定されている

言わずと知れた、日本を代表するアーティストですね!

 

しかし、2010年8月に突如、音楽活動を無期限で休止すると発表し、これもかなり話題になりましたね。

 

宇多田ヒカルさんの活動休止の理由は何?

スポンサーリンク



2010年8月の発表で無期限活動休止になった宇多田ヒカルさんですが、活動休止の理由はなんだったのでしょうか。

ご本人のコメントでは「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います」「2年になるか、5年になるか、わからないけど、一回り大きくなって帰ってくるから。少し時間をください」と言っています。

『人間活動』??この言葉もかなり話題になりました。

ネットではいろんな憶測も飛び交っています。

海外ツアーの失敗が原因?目の病気?家族とのしがらみ?精神的不安定?

ん~どれが正解でしょう。どれも正解かもしれないですし…。

 

海外ツアーに関しては、主にアメリカ国内で数か所ライブを行っていますが、動員が不十分で結果的にアメリカのレコード会社の契約は打ち切りになってしまったそうです。

 

目の病気はお母様の藤圭子さんもかかっていたという「網膜色素変性症」という病気らしく、光を感じなくなり最悪失明の恐れもあるそうです。その他にも「卵巣嚢腫」の疑いもあると有りました。

 

家族とのしがらみですが、こちらは父・宇多田照實さん、母・藤圭子さんですから、有名人家族でなにもない訳がありません。もちろんご両親の間にもしがらみはあったでしょうし、藤さんはいろいろと問題のある方でしたから、娘である以上我関せずではいられません。

 

精神的不安定?以前、テレビ出演されているときは、早口で目が落ち着かないような印象でした。調べてみると、お母さんと同じ「パニック障害」の疑いがあるとコメントしている方もいました。私的には「あれが宇多田ヒカルさんの個性」だと思っていました。モノマネされているミラクルひかるさんも良く特徴を掴んでいましたしね。

 

活動休止中の人間活動の様子とは?

(以下、宇多田ヒカルさん Twitterより抜粋)

 

2016年2月6日

「じゃ〜次は『いぬのおまわりさん』歌おうか!」って言おうとして「『迷子のおまわりさん』歌おうか!」と言い間違え、「おまわりさんが迷子になってどうすんねん!」と自分で自分につっこむ そんな毎日

 

2016年1月20日

仕事の話じゃい!4月4日から始まるNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌をやらせていただくことに。今、ちょうど曲の真ん中辺りの歌詞残り一行を絞り出そうとしているところ。つ

 

2015年11月30日

毎朝六時半起きの生活なんて大学中退して以来、15年ぶりだ。「親」業には週末も休日も体調不良による欠勤もないと自分が親になるまで気付かなんだ、、、かあちゃんになって初のおはようございくまぼんじゅーる(=(エ)=)ノ彡

 

2015年5月11日

風呂上がりの冷たい牛乳一気飲みの快感に目覚めてしまった。今まで温泉とか銭湯の自販機に牛乳が入ってるの「なんのこっちゃ」と思ってたのに…

 

2015年2月12日

今年で32才だから前厄の年だと思ってたら、数え年(+1)で計算しなきゃいけないことを今頃知った。つまり今年が本厄、しかも女性にとっては大厄だそうな。久しぶりに言いたい、がちょーーーーん!

 

あまり、ネガティブなツイートも無く、割に悠悠自適な生活をなさっていたようで安心しました。子育てをしながらの仕事を楽しんでいる様子で、ファンとしては嬉しいですね。

こんな幸せな彼女からどんな楽曲が作られるのか、とっても楽しみです!

 

 活動再開で気になる真相とは?

 

2016年1月20日にNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌を担当することが発表されました。

ファンにとっては、待ちに待った再始動ですね!

私的な考察としては、2013年に母・藤圭子さんが他界し、2014年にイタリア人男性と結婚し、翌2015年には第一子の男の子と授かり、ようやく自分の家族との幸せに余裕が出てきたのではないでしょうか。

旦那様は無職との記事があるので、自分が音楽活動をしないとということもあるかもしれません。

個人的な見解ですが、イタリア人男性はロマンチックなヒモ男という感じなので、「子供の世話は僕が見るから、君は君のやりたいことをしたらいい」的な甘い言葉を言ってそうなんて思ってしまいます。

冗談はさておき、この時期の復帰について、業界でも賛否分かれているようです。NHKとしては復帰後一作目を勝ち取ったわけですから、話題性は抜群でしょう。

ただ、宇多田さんご本人にしてみると、音楽番組も少なく、全体的なCDセールスも落ち込んでいる音楽業界の状態で、発表から年度またぎの4月放送の、待望視するファン層があまり見ないであろうNHKドラマというのは、ちょっとリスクが大きいように感じてしまうのは私だけでしょうか。

海外ツアーのように売上があまり上がらなかったから、本格始動中止なんてことにならないで欲しいです。

 

現在、発表されている今後の活動は?以下の通りです。

4/4(月)からスタートする NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌『花束を君に』

 4/4(月)放送の「NEWS ZERO」より新エンディングテーマとして宇多田ヒカルの新曲がO.Aされます。

 4/15(金) おかえりHIKKI 宇多田ヒカル MUSIC VIDEO SPECIAL SSTV ver.  21:00-22:00、5月リピート予定

4/16(土)おかえりHIKKI 宇多田ヒカル MUSIC VIDEO SPECIAL SSTVPlus ver.  17:00-18:00、5月リピート予定

 
参考先:http://www.utadahikaru.jp/news/

 

一説によると、執筆活動も視野にいれているとの情報もあります。これもまた楽しみですね。

 

まとめ

 

しばらく、拝見することのなかった宇多田ヒカルさんですが、イチファンとして復帰されることは、大変喜ばしいことだと思います。若くして日本音楽界のトップに上り詰めてしまい、そこから波乱万丈で送ってきた18年間だったと思います。

ご結婚し、お子さんにも恵まれ、幸せオーラ全開で戻ってきてくれる事を願ってまとめとさせていただきます。

スポンサーリンク

コメントを残す