フラジャイル第6話のあらすじと感想!悠太が診断された日和見感染とは?

スポンサーリンク

 

これまでクールなイメージだった武井咲が、このドラマの番宣で出た「とんねるずのみなさんのおかげでした」で、素人相手にハグするなど大サービスをしていて話題になっていました。

裏番組の「ヒガンバナ」と壮絶な視聴率争いをしているので、どうしても負けたくないのかもしれませんね。それでは。フラジャイル6話のあらすじ、感動、ドラマを観て気になった事をまとめてみました。

 

フラジャイル第6話のあらすじとは?

 フラジャイル第5話のあらすじと感想!安田章大が2人乗りしてたロケ地は?

中熊(北大路欣也)の差し金もあって、セカンドオピニオンなどに対応する診療相談外来を岸(長瀬智也)と宮崎(武井咲)が担当することになった。しかし、患者嫌いの岸だけに、午前中だけでドロップアウト、宮崎に後を任せて席を離れてしまった。

翌日、やはり一人で宮崎が診療相談外来を担当していると、梅木(山崎絋菜)が相談にやってきた。梅木の息子・悠太が、肺機能が弱っていて、いつ心臓が止まるか分からない状況と言われ、人工肺にする同意書にサインしたのに、その後、肺が動き始めたと言うのだ。

なんでも悠太は日和見感染という感染症で、これを完治されるには肺の移植しか方法はないと、再びサインを求められ、心配になり診療相談外来に来たのだ。梅木は、自分が行った判断が正しいのか、人工肺の一件で自信がなくなり心配でならないのだ。

宮崎から紹介状をもらってくるように言われた梅木は、主治医の奈良井(篠井英介)に頼むが、奈良井は「私以上に移植に詳しいドクターはいない」と紹介状を書くことを断り、梅木ももう相談に行かなく、このまま奈良井の言うとおりにすると決めてしまう。息子のためと奈良井に言われたからだ。

すると事の経緯を見ていた岸が無断で、奈良井から紹介状をもらってしまう。そこには、ほとんど詳細の診察方針は書かれていなかった。医者のプライドで、患者を他の病院に引き渡したくないからだ。

奈良井の診断にミスがあると気付いた岸と宮崎は、梅木を病院に呼びつける。主治医である奈良井との関係性を崩したくない梅木を説得して、宮崎が奈良井に細かい診療方針を聞くことになった。しかし、岸の印象だと、奈良井は素直に話すとは思えない。

そこで岸は宮崎にとんでもない指示を出す。なんと奈良井の病院から悠太を連れて帰ってしまうと言うものだった。自分たちの病院に連れて帰って調べてみると、移植も必要などなくもう既に回復していると言うのだ。ただ、体調を崩していた原因は、栄養失調だった。

その事実を梅木に伝えると、安堵する一方、警察に言われるのかと怯えてしまう。実は悠太は、梅木の子ではなく、育児放棄をしていなくなってしまった梅木の姉の子だったというわけだ。

退院後も梅木の家庭の事情に介入して世話を焼く宮崎。それを見て岸はベテラン医師(志賀廉太郎)に何かを依頼するのだった。

 

フラジャイル第6話の感想とは?

 スポンサーリンク



フラジャイル第4話のあらすじと感想!だし巻き玉子と玉子焼の違いは?

本当に移植が必要と判断された患者が、実は栄養失調だけだったなんて事が有り得るのでしょうか。医学に詳しくないので分かりませんが、こんなことがもし合ったら許せないですよね。移植となれば人生変わってしまいます。やはりセカンドオピニオンの重要性を、今話を通じて思い知らされました。

今話も、前話同様、岸は主人公と言うよりは、名わき役的な動きでしたが、表立って「僕の言う事は絶対だ!」と言っている感じより、裏から宮崎を支える岸が素敵に見えます。

それにしても、今話のラストに出てきた志賀廉太郎演じるベテランドクター。来話で一体どんな試練を宮崎にするのでしょうか。優しそうな感じだっただけに、逆に恐ろしいです。

 

「日和見感染」って?

 フラジャイル2話のあらすじと感想は?30秒ルールは存在するのか?

日和見感染とは、著しく免疫が低下した場合などに、健康な人には感染症を起こさない微生物が原因菌となり発症する感染症の事を指すみたいです。日頃、空気中などにいる微生物が、健康体なら駆除できているのに、体が弱まっているせいでやられてしまうと言う事なのでしょう。

「日和見」を辞書で調べてみると、1有利なほうにつこうと、形勢をうかがうこと。 2 空模様を見ること。また、その役の人。と出てきます。つまり、この感染名は、微生物目線でのネーミングなのかもしれません。不謹慎ですが、そう考えるとちょっと面白いです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す