スペシャリスト第8話のあらすじと感想!上川隆也演じる佐神とは?

スポンサーリンク

 

今話では、宅間(草彅剛)の元妻・美也子(紺野まひる)が登場しました。2時間ドラマ版から見ている人は、凄く懐かしいですよね。いつか元夫婦が再び夫婦となって欲しいです。それでは「スペシャリスト」8話のあらすじ、感想、ドラマを観て気になった事をまとめてみました。

スペシャリスト第8話のあらすじとは?

 スペシャリスト8話で美也子が死んだか検証!宅間の元妻と子供の過去のエピソードも

宅間は、久しぶりに元妻である美也子(紺野まひる)と会っていた。美也子は、今、自分と子どものために、今、宅間は京都を離れている事を理解しており、待っていると言ってくれたのでした。

都内で、4件の殺人事件が続いた。殺し方など全て違うが、その4件には、違うデザインの矢印が描かれているプラスチック片が残されていたのだ。そこで、組織事犯対策係の面々が調べると、4人とも人を殺していたが、証拠不十分などで不起訴になっていたのです。また、プラスチック片を調べたところ、チェスのマス目に沿うと、殺人のターゲットの名前、つまり殺された4人となったのだ。つまり、ネット上でゲームのように人を殺すように指示をしていたというわけだ。しかも、チェスはまだ4つ残っており、このままではあと4人も殺されてしまうことになってしまう。

宅間は、こんなことを仕向けるのは、一人しかいないと読む。以前、宅間や姉小路(南果歩)らと因縁がある佐神(上川隆也)だ。服役中かと思われた佐神だったが、調べたところによると既に出所していたのだ。

そんな時、ネットカフェから裏サイトにアクセスする者が見つかる。佐神かと思われ、堀川(平岡祐太)らが向かうが、そこにいたのは佐神ではなく、ターゲットとなっている一人だった。また、そんな時5人目の被害者が出てしまった。

保護している一人を除くと安西だけ行方が分かっておらず、佐神にいつ狙われるか、焦る警察。しかし、実際の犯人は佐神ではなく安西(井上和香)だった。佐神は、殺人リクエストをしていたわけでなく、各人を脅し、殺人のトーナメントを8人で行っていたというわけだ。

安西は、全部宅間が仕組んだものだろう!と意味の分からない発言をするが、裏サイトを再び見ると、殺人トーナメントの頂点、つまり生き残った安西と対峙するのが、宅間になっていたのだ。

しかし、その後、すぐクイーンが変わり、トーナメントの頂点は美也子となっていた。慌てて、美也子がいるホテルに向かう宅間ら。しかし、そこには毒を盛られた美也子が倒れていたのだった。

 

スペシャリスト第8話の感想とは?

 スポンサーリンク



スペシャリストの我々の存在とは?最終回の結末をネタバレ!

さすが名脚本家である戸田山雅司氏だけに、クライマックスらしいハラハラされられる展開になってきましたね。

果たして美也子が、クイーンになっていた意味は?まさか美也子が真犯人なんて事は考えられませんし、そもそも佐神と思われる真犯人に毒を盛られてしまっていますし、果たして美也子の生存が気になります。

万一、亡くなってしまったとしたら、まだ幼い子供もいますし、姉小路が心配している宅間の殺人者と接した時の異常性が出てしまうのではないかと心配されます。

 

脚本家の佐神ってどんな奴なの?

 スペシャリストの上川隆也演じる佐神稚洋こと殺人脚本家のエピソードとは?

2時間ドラマ版から観ている人にはお馴染みですが、連ドラ版から観始めた人だと、佐神って誰?何故、宅間と美也子と離婚したって疑問になるかと思います。そこで、そのあたりを解説したいと思います。

今シリーズの最大のフィクサーになっている佐神。演じている上川隆也も、本来はイケメンなのに色白にメイクしているからか、かなり気持ち悪いですよね。

佐神は、元捜査一課の刑事で、犯罪に魅了され過ぎたために、自らが犯罪者となってしまった男です。しかも服役中に、外の人間を操り、殺人ゲームを犯すと言う荒業もやってしまっているのです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す