映画白ゆき姫殺人事件のあらすじと感想!奈々緒演じる典子の本性とは?

スポンサーリンク

 

井上真央主演の映画『白ゆき姫殺人事件』が4月1日21時から『金曜ロードショー』にて地上波にて初めて放送されます!

この映画のキャストで注目なのが、いきなり殺されてしまう菜々緒さん。

昨今、乗りに乗っている菜々緒さんは、今回も綺麗すぎるがゆえに悪女!はまり役の予感しかしません。

ここでは、白ゆき姫殺人事件のあらすじと感想、そして菜々緒さん演じる三木典子の本性を暴いていこうと思います。

今回はどんな悪女を演じてくれているのかおたのしみに。

白ゆき姫殺人事件のキャストとあらすじとは?

映画白ゆき姫殺人事件の犯人とは?結末まであらすじのネタバレとは?

主なキャスト

 

城野美姫(井上真央)

ネット上で容疑者扱いをされてしまう化粧品会社のOL

三木典子(菜々緒)

全身メッタ刺しの黒焦げで発見される被害者。城野の先輩同僚

赤星雄治(綾野剛)

テレビ制作の契約スタッフ。Twitter依存のバカッター

狩野里沙子(蓮沸美沙子)

化粧品会社のOLで三木の後輩パートナー。事件のキーマン

 

あらすじ

 

しぐれ谷で全身メッタ刺しの焼死体が発見される。

狩野里沙子(蓮沸美沙子)から電話を受けた赤星雄治(綾野剛)は、その焼死体は狩野の先輩パートナーの三木典子(菜々緒)で、殺したのは三木の同期の城野美姫(井上真央)だと告げられる。

バカッター記者の赤星は事件の真相を突き止めるべく調査するが、調査内容をTwitterにツイートしてしまう。

Twitter上では、様々な憶測が飛び交う中、容疑者の知り合いらしき人間が絡んできて擁護するも更にエスカレートしてしまう。

姿を表さない城野は犯人に吊し上げられてしまうが…。

 

 

菜々緒さん演じる三木典子の本性とは?

スポンサーリンク



白ゆき姫殺人事件でみっちゃん役の小野恵令奈の出演作は?現在は何してる?

キャラクターを確立した菜々緒さん。今回も綺麗すぎるドSなOLを熱演してくれています。菜々緒さん演じる三木典子をご紹介していこうと思います。

 

物語序盤の三木典子像

 

綺麗で優しく、後輩の面倒見の良い頼れる先輩で同僚からの信頼も厚く皆から慕われる存在。まさに完璧を絵に書いたような女性でした。

エピソード① 後輩パートナーの狩野が失敗し、上司に叱られた際に自分の責任なのでと上司に申し出る。

エピソード② 後輩パートナーの狩野に食事をご馳走してくれたり、度々プレゼントをくれる。

エピソード③ 上司の送別会に体調が悪くても参加し、礼儀を重んじる。

エピソード④ 男性から言い寄られる。

エピソード⑤ 城野の好きな芹沢ブラザーズの雅也に言い寄られ付き合っている。

 

明かされた真相

 

エピソード① 三木はわざと狩野のポケットに白ゆき石鹸を入れ、上司にバレたところを割って入って助けているように見せていた。

エピソード② ご馳走していたのは周囲に自分の株を上げるため、プレゼントはいらなくなったから適当な人にあげていた。

エピソード③ いやいや参加したが、そそくさと帰ってしまった。

エピソード④ 実は興味がないのに、城野から奪うために自分から言い寄っていた。

エピソード⑤ 芹沢ブラザーズ自体知らなかったし、城野に対して嫌がらせのために付き合っていると嘘をつく

 

三木典子の本性を分析!

 

外見は綺麗でスタイルも良く、周囲からは認められていた。しかし、中身はというと、プライドが高く、嫉妬深い。他人を自分より下に見ているフシがあり、一言一言がいやみったらしい。人の手柄を横取りするというように、ドロドロの黒い蛇が腹の中でトグロを巻いている女性。

本性を知ってしまえば、嫌悪こそすれ好感を持つことはないでしょう。

『白ゆき姫殺人事件』の被害者になったことは必然だったと言えると思います。遅かれ早かれ、誰かに同じような事件で殺されてしまうでしょうね。

 

まとめ

 

本作品も「意地悪な美女」を演じることになった菜々緒さんですが、なんとも形容しがたいハマり具合がたまりませんね。見事に整ったお人形さんのような容姿で女王様のような目つき、美女だからこそ出せる上から目線で人を蔑んでいるように振る舞う。まさにTHE菜々緒といった感じでした。ドラマ・ファーストクラスの川島レミ絵役にドラマ・サイレーンの橘カラ役と菜々緒さんの悪女っぷりは更に磨きがかかっています。

今後、どんな役柄をされるのか楽しみではありますが、悪女の役は引き続きやっていってほしいですね。

 

金曜ロードショー『白ゆき姫殺人事件』は2016年4月1日夜9時より地上波初放送です。

お見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す