飯田祐馬の不倫はヒドイし最低?ツイッターなどネットの反応は?

スポンサーリンク

連日世間を騒がしている清水富美加さんの出家報道。

そんな中、清水さんの告白本から被害者が生まれました。

人気バンドカナブーンの飯田祐馬さん。なんと、1年ほど前まで清水さんと不倫していたことが発覚謝罪することに。

そんな不倫が発覚してしまった飯田さんの世間の反応ってどうなのでしょうか??

まとめてみました。

飯田祐馬と清水富美加の不倫報道とは?

坂上忍の飯田祐馬のゲス不倫擁護発言がムカツク?めしだが被害者なの?
出家騒動、告白本出版で毎日のように、世間を騒がしている清水富美加。

そんな中、またしても清水さんがやってくれました。告白本で...

 飯田は書面を通じ「一連の報道にあった通り、私、KANA-BOONベース担当 飯田祐馬は、既婚の身であることを隠し、清水富美加さんと交際をしておりました」と報告。自身は2014年4月に一般人女性と結婚していたとしながら、15年6月から交際に発展。その後、清水に妻帯者であることを明かすも16年1月まで交際関係を続けていたことを説明した。

その上で「清水さんや妻を傷付けてしまったのは事実であり、その事実に誠意を持って向き合い、深く反省しております。清水さんと交際していたことについて、妻と妻の両親に謝罪をし、夫婦間では解決しております」と記し、ファンや関係者に向けて「心よりお詫び申し上げます」と謝罪の言葉で結んだ。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000377-oric-ent

おそらく、ゲス川谷の件を受けての、事務所の対応だとは思いますが、なんだか痛い目をみないために、周到に準備された対応な感じで個人的には違和感。

まあ、言いがかりかもしれませんが、してしまったことが不倫なので、何をしても叩かれてしまう現状ですね。

 

飯田祐馬のゲス不倫はヒドイ?ツイッターの声は?

スポンサーリンク



仮面ライダーフォーゼの呪いが清水富美加の引退の原因?ほのかりんや高橋龍輝に続いて
2月12日の朝からびっくりなニュースが飛び込んできました。

人気急上昇中の女優の清水富美加さんの引退報道。朝ドラ「まれ」への出演...

まずは、もっとも多いだろう批判意見。私も「なんで、、、結婚してるのに不倫。しかも、若い女の子に結婚していることを隠して騙して」そして不倫だけでもヒドイのに「離婚をほのめかして」っていうのが一番最低・・・。

以下、ツイートです。

なぜ、言わなきゃ当人等しかわからないことをわざわざ世間に公表したのか…。カナブン臭い。

 

KANA-BOON 飯田、ゲスさんの不倫があんだけ公になって、自分達もヤバイと思って別れたて最低な話だな。

 

飯田氏のことはよく知らないが、ふみカスを騙し、傷つけた最低な野郎ということだけは理解した。ご迷惑なんてことばではすまないだろう、お前は田中角栄か、って言いたくなる。

 

妻との離婚をほのめかしつつ関係を続けていた飯田は人として最低だと思う。 見損なったわ。 好きだったけど、CD全部捨てます。

 

失礼かもしれないけど…
もっとイケメンな人なのかと思ったからちょっとビックリ…
けど、結婚してることを隠して女心をもてあそぶなんて最低だよ。

 

軽率ですむ問題ではないだろう。

 

結婚して約1年で浮気をする夫を妻は許せるのか…。
飯田さんて、見た感じあんまりモテる感じもなければ、ガツガツ系にも見えないけど、浮気しちゃうんだー。
なんで2016年1月に関係を終わられたんだろう?ベッキー事件があったから?

 

出会った時に自分が二十歳で相手が24歳。
まさか妻帯者だとは思わないよね。

 

昔はモテなかったけど、ちょっと売れてからモテると勘違いして調子にのったって感じかな?

男女問わず批判されてる感じですね。

「見損なった」と見放すファンもいる状況。好きで応援していたファンの人、かわいそう・・・。

 

一方、擁護する意見も

清水富美加引退の芸能人の反応は?批判や同情など番組などでの発言まとめ
連日ワイドシューなどを賑わせている清水富美加さんの引退、出家騒動ですが、先日出家先の「幸福の科学」側の記者会見に続き、所属事務...

どんな意見でも賛否あります。

賛成の意見です。

KANA-BOONの飯田も基地外な女に捕まってかわいそうだなぁ。

 

飯田可哀想… そんな悪い人に見えへんやん… 活動休止とかやめてや(´・ω・`)

そう、賛成というよりも・・・「かわいそう」という同情の意見ですね。

確かに、今回の一連の騒動、清水さんってちょっとヤバイ言動で、それに振り回させれているという見方もできます。

ただ、不倫をしたことは事実なので、きっちり反省してもう二度としないように心がけて欲しいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す