家族ノカタチ第2話のあらすじと感想!赤毛のアン原作の内容は?

スポンサーリンク

まさに現代人とも言うべき、こじらせ男子&女子が主人公の「家族ノカタチ」。前話以上に今話は親に振り回されそうですし、世代によって色んな東洋人物に感情移入できるドラマだと思います。

そんな「家族ノカタチ」(2話)のあらすじ、感想、ドラマを観て気になった点をまとめてみました。ご覧いただければ幸いです。

 

日曜ドラマ「家族ノカタチ」2話のあらすじ

家族ノカタチ第1話のあらすじのネタバレと感想!こじらせ男女が出会う 

相変わらず父・陽三(西田敏行)と、失踪中の後妻・恵(水野美紀)の連れ子・浩太(高田彪我)に振り回され、ペースがつかめない大介(香取慎吾)。そんな折、恵の兄から大介の元に連絡が。母親が見つからない以上、高齢である陽三が育てていくのは難しいのではないか、浩太を預かると言うのだ。大介は、そのほうが良いと陽三には内緒で承諾する。

一方、葉菜子(上野樹里)は縁故入社の後輩社員・莉奈(水原希子)の仕事のできなさに頭を抱えるが、「赤毛のアン」好きと言う共通点ができ、妙に懐かれてしまう。また、自宅には夫と別居を決めた母・律子(風吹ジュン)がちょくちょく来るようになり、しまいには洋三と律子が仲良くなり、葉菜子の部屋で料理を一緒に作ってしまう有様だ。

似た境遇の大介と葉菜子、話が合ってしまい意気投合していく。しかし、たまたま葉菜子は、元旦那・高瀬(田中圭)と遭遇し、一気に現実に戻されるのだった。

恵の兄は浩太を引き取ると言ったが、実は施設に預けることが分かり、動揺するが仕方ないと浩太を見送った。しかし、その様子を見ていた葉菜子に一喝され、心を動かされた大介は浩太を連れ戻しに向かうのだった。

 

日曜ドラマ「家族ノカタチ」2話の感想

 スポンサーリンク



家族ノカタチで長里浩太役の高田彪我の出演作は?さくらしめじって何?

大介の少しずつながら「家族」についての考え方が変わっていく姿は見ていて面白いですね。葉菜子に一喝され、心を動かされた大介は、浩太を迎えに行く…あのシーンを見ていると、大介と葉菜子はなんだかんだで似た者同士で良いコンビなのでしょうね。今後、恋に発展していくのでしょうけど、どんなきっかけでなるか楽しみです。

ドラマの本筋にはあまり関係ないですが、荒川良々さんや、柳原可奈子さん、水原希子さんなど、会社は違いますが同僚キャストが、物語に良いアクセントを与えていて、なんか観ていてホッとしてしまいます。

陽三と律子のようにすぐ周りと仲良くなる世代と、大介や葉菜子のように人とは壁を作る世代、親子でも育った時代が違うと、こんなに性格が変わるものなのですね。

 

世代を超えた人気「赤毛のアン」に視聴者共感!

 家族ノカタチのOL役の小西キスって何者?本名や経歴は?

葉菜子に莉奈が妙に懐いてしまうきっかけとなったのが「赤毛のアン」。名前を聞いたことが無い人は少ないでしょうが、いったいどんな物語なのでしょうか。

「赤毛のアン」は、1908年にカナダの作家L・M・モンゴメリが作った児童文学。

空想力に優れた女の子・アンは、孤児院から引き取ってくれた老夫婦の家に暮らすことに。

そして親友となるダイアナとの出会い、そして何かにつけてアンにちょっかいを出す美少年・ギルバートとのほのかな恋など、主人公アンの青春白書。

他の視聴者の方も赤毛のアンのエピソードに共感しているようです。

以下は、ツイッターでの視聴者の反応です。

「葉菜子さんと田中莉奈『赤毛のアン』世界 笑 」

「あとこれから「赤毛のアン」がかなり重要なモチーフになってきそうなのも嬉しい。律子が贈ったあの本、装丁が松本侑子版を意識しているはずなので、それだけでも「わかってんな」って感じさせられる。 どなたかがツイってたけど、確かに家族ノカタチのロゴ、屋根の緑はグリーン・ゲイブルズ。」

「なんともう一回リピしてた^_^;赤毛のアンも好きだったな♡ またまた流行りそう꒰ღ˘◡˘ற꒱✯*・:.。また集めて読んでみようかなー( ´◡` )」

「わたし子供の頃から赤毛のアンの暮らしに憧れすぎてこのシリーズを擦り切れる程読んでた。季節のお花と手作りのお菓子に囲まれて暮らす予定だったのに、、すごい共感。」

「私も小学生のとき、母親に赤毛のアン買ってもらったなー」

「『赤毛のアン』シリーズのファンとしては、ちょっとうれしい。」

 

葉菜子が、浩太が施設に預けられると知った時に感情むき出しになったのは、アンの境遇と浩介をだぶらせて見たのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す