箱根駅伝2016の明治大学のメンバーや注目選手とは?区間エントリーも

スポンサーリンク

 

青学、東洋、駒大の3強が話題になる中、年々着実に順位を上げている怖い存在、それが明治大学です。前回の箱根駅伝では4位と3強のすぐそばまで来ていました。3強が三つどもえで争っている中、上手にそこをかいくぐり知らぬ間に箱根を制してしまう。そんなことを成し得るのか!?目が離せない大学です。

そんな目が離せない治大学の箱根駅伝2016年の登録選手と注目選手の横手健選手・田中龍太選手を取り挙げています。また、監督の西弘美監督について、出雲駅伝・全日本駅伝と前回の箱根駅伝の結果も載せていますので是非ご覧になって下さい。

区間エントリーも更新しました!

箱根駅伝2016明治大学の区間エントリーとは?

箱根駅伝2016の青山学院大学のメンバーや注目選手とは?区間エントリーも

1::横手健(4)作新学院高

2:木村慎(4)浜松日体高

3:坂口裕之(1)諌早高

4:江頭賢太郎(3)浜松日体高

5:籔下響大(3)須磨学園高

6:小川誉高(4)須磨学園高

7:牟田祐樹(4)西武文理高

8:吉田楓(3)東海大附山形高

9:斎田直輝(4)伊賀白鳳高

10:山田稜(2)九州国際大附高

 

 

※左から、区間、名前、かっこ内は学年、出身校。

引用元:http://www.ntv.co.jp/hakone/92/team/4.html

 

箱根駅伝2016明治大学の登録選手とは?

箱根駅伝2016の山の神神野大地解説!今井や柏原など歴代選手も

明治大学の登録選手です。

 

氏    名 フリガナ 学年 年齢 出身校
横手 健 ヨコテ ケン 4 22 作新学院
牟田 祐樹 ムタ ユウキ 4 22 西武学園文理
木村 慎 キムラ シン 4 21 浜松日体
齋田 直輝 サイタ ナオキ 4 22 伊賀白鳳
小川 誉高 オガワ ヨシタカ 4 22 須磨学園
江頭 賢太郎 エガシラ ケンタロウ 3 21 浜松日体
吉田 楓 ヨシダ カエデ 3 21 東海大山形
籔下 響大 ヤブシタ キョウタ 3 21 須磨学園
山田 稜 ヤマダ リョウ 2 22 九州国際大付属
末次 慶太 スエツグ ケイタ 2 20 西京
皆浦 巧 ミナウラ タクミ 2 19 豊川
森 晃希 モリ コウキ 2 20 倉敷
坂口 裕之 サカグチ ヒロユキ 1 19 諫早
田中 龍太 タナカ リョウタ 1 19 鹿児島実業
東島 清純 ヒガシジマ キヨスミ 1 19 米子松蔭
竹山 直宏 タケヤマ ナオヒロ 1 19 國學院久我山

(下線部は前回出場者)

※主将は横手 健

横手健選手が怪我から復活しています。そして、木村慎選手もエントリー。両選手ともに最終学年ですので悔いのないレースを行ってもらいたいです。注目の田中龍太選手もエントリーしています。

明治大学には5区は特に決まった選手がいない状況の中、今回は誰が走るか楽しみです。ということで5区田中龍太の予想で。エース横手健は前々回に5区で惨敗しており前回は1区の出場。今回も早い区での出場が濃厚です。おそらく前回同様で1区だと思います。木村慎も前回9区で好走しているので不動と思われます。

 

明治大学の注目選手とは?

箱根駅伝2016の予選会の結果や記録は?2015年の優勝校や結果なども

明治大学では誰に注目するかに非常に悩みましたが、今回は二人挙げます。一人目は今回で最後の箱根となるエース横手健選手です。

 

名前:横手健(よこてけん)

生年月日:1993年04月27日

身長・体重:165センチ、54キロ

出身地:栃木・鹿沼市

出身高:作新学院

過去の箱根駅伝成績:13年8区9位、14年5区19位、15年1区3位

抱負:チームに貢献

1万メートル自己ベスト記録:27分58秒40

 

出典元:

http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/data/2016/member/meiji/yokote.html

 

1万メートル27分58秒40は現在日本に在籍している大学生では最速であり、リオ五輪参加標準記録を越している唯一の学生です。

今年、右膝を故障し出雲、全日本とを欠場しましたが、箱根で復帰できる模様です。まさに最終学年では最初で最後の晴れ舞台となりそうです。

怪我の影響が心配ですが、前回の箱根区間記録3位と、本来の力からすると振るわなかった結果をなんとか払拭してもらいたです。能力は申し分ないので是非とも区間賞を狙ってもらいたいです。

二人目は明治大学の駅伝期待のルーキー田中龍太選手です。

 

名前:田中龍太(たなかりょうた)

生年月日:1996年08月13日

身長・体重:173センチ、57キロ

出身地:鹿児島・鹿児島市

出身高:鹿児島実

過去の箱根駅伝成績:不出場

抱負:任された区間で区間上位をねらう

1万メートル自己ベスト記録:29分49秒

 

出典元:

http://www.hochi.co.jp/sports/feature/hakone/data/2016/member/meiji/tanaka.html

 

今回一年生で唯一、出雲、全日本駅伝に出場しています。まさに今後の明治大学のエースを担う最有力選手です。おそらく箱根駅伝でも出場確実でしょう。記録も着実に伸びているので今回のレースでもその走りに注目です。

 

明治大学の監督とは?

箱根駅伝2016の出場校は?優勝順位予想や注目選手も

明治大学の監督は西弘美監督です。女性のような名前ですが男の監督なので気を付けてください。

確かに明治大学が箱根を制するのは、今回も厳しいことが予想されます。しかし、明治大学を現在のように箱根シード大に仕立て上げ3大駅伝に出場できるようになったのは、この西監督のおかげと言ってよいでしょう。

それは西監督が就任した後の箱根駅伝の順位の推移からはっきりと見て取れます。

2001年にコーチとして就任後、2004年に監督として就任、2005年に実に14年ぶりに箱根出場、2009年箱根8位でシード獲得、その後も10位、5位、3位と着実に順位を上げています。そして前回も4位と上位入賞こそ逃しましたが上位入賞は非常におしかったです。

実はこの順位変動、西監督はすでに予見していたようで、なんでも「3、3、3の9年計画」で順位を上げていく指導を行い、見事それを実現しています。まさに有言実行です。

ということで監督しての実力は以上のように折り紙付きです。この指導を続けてもらい今後に箱根明治優勝を実現してもらいたいです。

 

出典元:http://www.nikkansports.com/sports/hakone-ekiden/2011/team/team-meiji.html

http://wasedasports.com/feature/20131220_5180/

 

明治大学の今年2015年他の大会での結果とは?

箱根駅伝2016の東洋大学のメンバーや注目選手とは?区間エントリーも

今年の明治大学どのような軌跡を描いたのか知ってもらう意味も込めて、残りの大学3大駅伝である出雲駅伝、全日本駅伝の結果を見てみしょう!

 

2015年出雲駅伝結果

日 時:平成27年(2015年)10月12日 ※体育の日
コース:スタート:出雲大社正面鳥居前(勢溜)⇒フィニッシュ:出雲ドーム前

上段:選手氏名  中段:通過記録・順位  下段:区間記録・順位

順位:8位

タイム:2:12:53

木村 慎 江頭 賢太郎 齋田 直輝 牟田 祐樹 田中 龍太 籔下 響大
22:52 4 39:02 3 1:04:21 7 1:22:50 7 1:42:07 7 2:12:53 8
22:52 4 16:10 6 25:19 10 18:29 8 19:17 8 30:46 9

出典元:http://www.izumo-ekiden.jp/record/record.html

 

2015年全日本大学駅伝対校選手権大会結果

日 時:2015年11月1日(日)

コース:熱田神宮西門前(名古屋市熱田区神宮) → 伊勢神宮内宮宇治橋前(伊勢市宇治館町)

順位:6位 

タイム: 5:17:51 

坂口 裕之 木村 慎 田中 龍太 江頭 賢太郎 齋田 直輝 山田 稜 吉田 楓 籔下 響大
43:27 01:21:21 01:49:58 02:31:35 03:05:50 03:42:25 04:18:02 05:17:51
43:27 37:54 28:37 41:37 34:15 36:35 35:37 59:49

(上段が通算記録、下段が区間記録)

出典元:http://daigaku-ekiden.com/taikai_kiroku/

 

出雲8位、全日本6位と箱根優勝を狙うにはいまいちパッしない厳しい結果だということが分かります。さらに今年は誰も区間賞がいないという状況。箱根までの間に何か秘策でもなければまず優勝は無理でしょう。ただ、前回の箱根を見ても着実に順位を上げているので早稲田と同様に上位入賞を目指して頑張ってもらいたいです。

 

明治大学の昨年の箱根駅伝2015の記録は?

箱根駅伝2016の関東学生連合のメンバーや注目選手とは?区間エントリーも

第91回大会 2015年(平成27年)

順位:4

総合記録:11時間01分57秒

監督・コーチ:西 弘美

 

区間 区間順位 選手 記録
1 3 横手 健 1時間02分07秒
2 5 大六野 秀畝 1時間07分56秒
3 2 有村 優樹 1時間02分41秒
4 3 松井 智靖 0時間55分00秒
5 6 文元 慧 1時間21分13秒
6 7 山田 速人 0時間59分54秒
7 14 末次 慶太 1時間05分45秒
8 13 牟田 祐樹 1時間07分14秒
9 2 木村 慎 1時間08分58秒
10 10 江頭 賢太郎 1時間11分09秒

 

ご覧のように箱根優勝はおろか区間賞すら遠ざかっているという状況です。ここはなんとか打開して一人でも区間賞を取ってもらいたいです。そうでなければ今後とも優勝はかなり厳しいでしょう。ですがもし区間賞を取れるのであればレース展開次第でひょっとすることがあるかもしれません。

 

まとめ

箱根駅伝2016の早稲田大学の注目選手とは?区間エントリーも

今年の出雲、全日本の結果が芳しくないことが非常に気にかかります。このままの状態でいけば箱根優勝はおろか前回よりも順位を下げてします可能性が大いにあります。正直かなり厳しい状況と言えます。ですが、期待のルーキー田中龍太がどこまで成長しているか、そして怪我明けの横手健がどこまで走れるかでまた違った状況になってくるでしょう。

ですから本番当日まで選手たちがどのような走りを見せてくれるのか期待して待ちましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す