スペシャリスト第7話のあらすじと感想!ロケ地で撮影場所の病院は2つ?

スポンサーリンク

 

今話では刑事ドラマ+病院ドラマと言うテレ朝が得意としている2大ジャンルの融合のような作品で、どんな展開になるか楽しみです。ありそうで今まであまり無い気がしますからね。

それではスペシャリスト7話のあらすじ、感想、ドラマを観て気になった事をまとめてみました。

 

スペシャリスト第7話のあらすじとは?

 スペシャリストの宅間の元妻と子供のエピソードのネタバレは?

「玄豊会病院に恐ろしいものが撒かれる」という怪文書が届き、宅間(草彅剛)らは病院に向かう。この病院には他にも「整形外科でリハビリを受けると金運が下がる」などと言う子供だましの怪文書が何度も送られていたのだ。

その頃、松原(芦名星)と堀川(平岡祐太)は、梶村(黒岩司)という男が撲殺された現場にいた。単なる物取りの犯行かと思われたが、実は梶村、玄豊会病院のセキュリティ担当だったのだ。

宅間は、「整形外科で~」など過去に送られてきた7つの怪文書を七不思議として捜査を行う。すると、「整形外科で金運が下がる」というのは、暇な中年男性と見せかけて、多くの老人に話しかけていた奴が、実は情報を聞き出し、振り込め詐欺などに利用していたのだった。つまり。金運が下がると言うわけだ。そのように他の6つの不思議も宅間が解いた。どれも軽微もあるが、犯罪なものだらけだった。これによって七不思議の謎を解き、七不思議をばらまいた犯人も看護婦だと分かったが、最後の「玄豊会病院に恐ろしいものが撒かれる」と言うのはやっていないと言う。

また、玄豊会病院には大企業のCEO・大城が極秘入院していた。梶村殺しから調べていた松原らは、大城を殺すのが目的で犯人が病院に潜り込んでいるのではないかと推測する。

その頃、犯人の手によって病院内のシャッターが全て締まり、病院内に患者やスタッフは閉じ込められ、電気も消され、大パニックになっていた。

とにかく狙われている大城を他の病院に逃がそうと宅間や姉小路(南果歩)が動くが、セキュリティシステムを占拠している犯人は、エレベーターを操作、逃がしてくれそうもない。仕方なく、他の患者がいるロビーに大城が向かうと、一気に秘密裡にしていたのに顔ばれしてしまった。ここまでは犯人の筋書き通り進んでしまっていた。

パニックになっている患者を掻い潜って、包丁を持った犯人が向かってきたが、間一髪で宅間が阻止、逮捕となった。

犯人は、父親の会社を大城に潰され、恨んでおり、病院のセキュリティシステムを入手して、今回の犯行を計画したのだ。

しかし、梶村殺しの犯人は別にいた。病院の事務長の山本(袴田吉彦)が、大城の入院情報を悪用して、株のインサイダー取引を行おうと、今回の犯人を自分で見つけ、また梶村を殺してセキュリティ情報を犯人に渡し、巧みに言いくるめ、また、怪文書を利用して株価を落とす操作をしたのだ。すべては山本が株価の操作のために行った計画だったというわけだ。

 

スペシャリスト第7話の感想とは?

 スポンサーリンク



スペシャリストの我々の存在とは?最終回の結末をネタバレ!

二重、三重と犯罪者が絡んできていて、かなり面白いストーリーでしたよね。軽微なものまで入れれば、一体いくつの犯罪が、この病院から生まれるんだと言う感じです。

今回の宅間は、カメラワークやBGMなど同じテレ朝の人気ドラマ「ドクターX」をオマージュした感じがしました。そういう遊び心はドラマファンとしてはたまらないものがあります。

とうとう来話から最終章。

連ドラ前の2時間ドラマ版から続いている、裏の組織「我々」が表面化しそうです。一体、我妻(夏菜)の叔父がどのように絡んでくるのか、そして上川隆也や要潤など過去の登場人物がどのように絡んでくるのか、かなり濃密なストーリーが続いているだけに、最終章は盛り上がりそうです。

 

病院ロケ地は2か所を使う豪華さ

 スペシャリスト第5話のあらすじと感想!犯行現場の映画館は恵比寿?

今話のストーリーは、全編病院が舞台だっただけに、こんなに撮影に使える病院ってどこだろうと思いましたが、どうやらシーンによって2病院を使い分けたようです。

1カ所目が千葉・成田にある成田富里徳洲会病院、もう一つが東京北区にある「花と森の東京病院」です。ドラマ上は、ずっと同じ病院のような雰囲気になっていましたよね。カメラワークなどを駆使しているのでしょうけど、さすがドラマはお金がかかるというのが分かる気がします。

 

スポンサーリンク

コメントを残す