スペシャリスト第9話のあらすじと感想!我妻のロングダウンのブランドは?

スポンサーリンク

 

ドラマのテイストも、局も違いますが、今クールの2つのドラマ「スペシャリスト」の宅間と、「火村英夫の推理」の火村、どちらも警察だったり警察サイドだったりするけど、実は犯罪者になり得る心もあると、なんだか似ていますよね。実現は難しいでしょうが、宅間と火村の競演を見てみたいですね。

スペシャリスト9話のあらすじ、感想、ドラマを観て気になった事をまとめてみました。

 

スペシャリスト第9話のあらすじとは?

 スペシャリスト8話で美也子は死んだ?宅間の元妻と子供の過去のエピソードも

宅間(草彅剛)の元妻・美也子(紺野まひる)が、何者かの仕業により毒殺されかける。息はまだあったが、このまま意識が戻らない可能性が高いと言う。それを聞いた宅間はショックで立ち直れない状態だったが、佐神(上川隆也)を捕まえば全てが分かると、それしか今、できることがないと決意をする。しかし、無理して明るく装っているのは明白で、同僚たちも掛ける言葉が見当たらない。

捜査は、殺人トーナメントの唯一の生存者である安西(井上和香)から聞き込みを行うと、やはり黒幕は、殺人が好きで好きで仕方ない男だったと言う。

一方、松原(芦名星)らは、美也子をホテルでマークしていた男を防犯カメラから見つける。その男は、なんと死んでいるはずの我妻の父親・公昭(羽場裕一)だったのだ。公昭は『我々』の一員で、殺人トーナメントに加わっていた安西らは、その『我々』にスカウトされていたメンバーだった。そして、佐神もその一人だ。

宅間と我妻(夏菜)は、最初の殺人の第一発見者である交番の巡査である岸田(神谷まこと)に聞き込みに行くが、岸田は既に毒殺されており、ピストルが盗まれていた。

そんなところに、佐神から宅間宛に招待状が届く。姉小路(南果歩)も一緒に行くと言うが、宅間は招待状どおり一人で行くと言う。

招待状の場所に一人で宅間が向かうと、そこには佐神の姿があった。ただ、佐神は、美也子を毒殺しようとしたのは自分ではなく、『我々』にやり方を盗まれたというのだ。

『我々』は殺人を好むような人間を、有効利用しようとしていたと言うのだ。犯罪者の心理を解くには、犯罪者に聞くのが一番というわけだ。しかし、その計画は失敗。スカウトされた犯罪者たちは、データを盗んで世にはびこってしまったというわけだ。

しかも、『我々』の犯罪者も使い方次第では有益になると言う基本理念は、美也子が学生時代に書いた小説が基になっていて、警察の広報誌に宅間が載せたため、安西は宅間が始めたと言ったのだ。

佐神が言うには、自分が考えた犯罪方法を盗んだ『我々』の誰かが、殺人トーナメント、最後のキングとして宅間を殺そうとしているというのだ。

宅間と話していた佐神は、目の前にいるわけではなく、プロジェクターに投影されていただけだった。宅間が佐神を探そうと外に出ると、『何者』かに腕を撃たれてしまう。

銃口が光ったビルに向かう宅間、そこにいた『何者』は、裏サイトのターゲットとして命を奪われた小池は、実は身代りの偽物で、本物の小池(山本裕典)だったのだ。

実行犯は小池だったものの小池を操っていた人間がいるのだと言う。小池曰く、その男は言動から警察関係者だろうと言う。

法律上、既に死んでいるとされている小池なので、殺しても罪には問われないと銃を小池に向ける宅間、しかし、宅間が撃つ前に小池は屋上から転落死してしまったのだった。

 

スペシャリスト第9話の感想とは?

 スポンサーリンク



スペシャリストの上川隆也演じる佐神稚洋こと殺人脚本家のエピソードとは?

かなり壮絶なクライマックスになってきましたね。まさか、我妻の父親である公昭が生きていて、『我々』の一員だったとは。我妻からすれば、死んだはずの父親が死んでいなく、しかも同僚の元妻を毒殺しようとしていた可能性がある犯罪者だなんて、あまりにも想像できない状況に大混乱してしまうでしょうね。

実際は、小池を撃つことがなかった宅間、しかし、現状が分からない姉小路らになんて言うのでしょうね。なんとなく、宅間は犯行を認めてしまうような気がしてしまいます。佐神は、今シリーズでは、まだ宅間との直接対決はなしで終わりそうですね。これは、間違いなく続編シリーズ作られますね。

 

我妻がいつも外で着ている黒のロングダウンのブランドは?

 スペシャリスト第7話のあらすじと感想!ロケ地で撮影場所の病院は2つ?

宅間はいつも警察官らしくないパーカー姿ですし、同じ刑事ドラマでも『ヒガンバナ』のようにファッション的な話題が少ない『スペシャリスト』ですが、我妻がいつも外での捜査時に着ている黒のロングダウンが気になる人は多いのではないでしょうか。

あのブランドは、DUVETICA(デュベティカ)のもの。価格は意外と高くて?145800円との事。でも、シーン問わずどんな場面でも使いこなせる便利な一着ですし、ビジネスウーマンの方にはぴったりですね。

スポンサーリンク

コメントを残す