朝ドラあさが来たの来週11月9日からのあらすじは?ネタバレあり!

スポンサーリンク

 

来週から大きな山場を迎え盛り上がりを見せるNHK朝ドラのあさがきた。いよいよ来週から炭坑の物語が始まります!

第7週、来週11月9日(月)からのあらすじをまとめてみました。九州の炭坑に着いたあさには、どんな困難が待ち受けているのか?あさの姉の夫の惣兵衛はやっと登場か?今から楽しみですね!ネタバレありなので、閲覧注意してください

あさが来たの来週(7週)11月9日からのあらすじ

来週7週のテーマは「だんな様の秘密」です。なんだか意味深なタイトルですね。以下、明らかになっている、あらすじです。

 

長旅を終えて、あさ(波瑠)が九州の炭坑に到着します。すると、炭坑は静まり返っていました。

炭坑の男たちは、自分たちの知らぬまに炭坑の経営者が変わったことに怒っていました。女の下では働くきたくないという坑夫の治郎作(山崎銀之丞)たちは働かずに酒を飲んでばかりいたのでした。

そして、そんな頑固な炭坑の男たちを、説得できないあさでした。

一方、五代(ディーン・フジオカ)は、はつ(宮﨑あおい)のもとに訪れます。それは、夫の惣兵衛(柄本佑)の居場所を教えにきたのでした。その場所とはいったい…。

 

九州の炭坑では、あさが坑夫たちに働くように説得をします。するとあさは、坑夫たちに囲まれてしまいます。

その時、一人の坑夫があさの胸ぐらをつかみます。すると突然“ドン”という音が響きわたるのでした。

 

それは、あさの懐に隠していたピストルが、落ちてしまい暴発した音でした。このピストルは先週話で、五代(ディーン・フジオカ)から、せんべつとして、もらったものでした。

 

ピストルを拾ったあさは「負けしまへん!!」と叫ぶのでした。

このあさの熱意に負けた炭坑の男たちは、石炭を掘りはじめるのでした。

そこにあさのことが心配になって様子を見に来た、夫の新次郎(玉木宏)が現れます。

そして新次郎は「ピストルより大事なものがある」と、あさを優しく諭します。そんな新次郎に身を寄せるあさでした。

 

あさは、坑夫たちに石炭の重要性を話しかけるのでした。

そんな中、なぜか炭坑の支配人の宮部(梶原善)そして、大阪に帰る新次郎を、じっと見つめる坑夫サトシ(長塚圭史)にあさは気付いて…。

 

あさが来たの来週(7週)の見どころ

スポンサーリンク



ついに朝ドラ「あさが来た」が始まります!あらすじは?ネタバレあり

いよいよ、あさが炭坑事業を本格的に始めることになり面白くなってきました。炭坑での困難を、あさがどうやって切り抜けるかが楽しみですね。

次週の予告では、あさが男相手に相撲で戦おうとしている場面もありました。

男社会だったこの時代、あさのような存在は珍しく、それゆえ反発に合ってしまうんですね~。

また炭坑で働く面々を演じる、芸達者な豪華新キャストにも注目ですね。

 

主なキャストは以下の方々です

 

山崎銀之丞さん(親分 治郎作役)

長塚圭史(納屋頭サトシ役)

富田靖子(治郎作の妻 カズ役)

梶原善(炭坑の支配人 宮部源吉役)

 

また次週予告では、行方不明だったあさの姉はつの夫惣兵衛(柄本佑)がやっと登場していました。

先日放送されていた、あさのスペシャル番組では、はつの子供が4~5歳くらい?結構大きくなってから、夫に対面していた場面がありました。そんなに長い間、惣兵衛は消えていたんですね。お嬢様だった人が、ひどい環境で孤独な子育て。同じ母親として想像すると同情しかありません。

はつは、本当に苦労が絶えなくてかわいそうですね!そんな2人の動向も注目ですね。

 

まとめ

朝ドラあさが来たに出演の山崎銀之丞の経歴は?奥さんや子供情報あり

いよいよ炭鉱の話も始まり、面白くなってきたあさが来た。炭坑での、あさの活躍や夫新次郎との夫婦愛、姉のはつ夫婦の動向など見どころ満載で目が離せないですね。来週も引き続き朝ドラあさが来た必見です!

スポンサーリンク

コメントを残す