夏帆の本名などプロフィールや出演ドラマは?演技力はどうなの?

スポンサーリンク

 

現在、フジテレビの『ラヴソング』やTBSの『ディアスポリス 異邦警察』で出演中の夏帆さん。昨年には映画『海街diary』で優秀助演女優賞を受賞するなど、女優として乗りに乗っている印象ですが、その演技力はどんなでしょうか?

プロフィールや出演ドラマなどで分析していきたいと思います。

夏帆さんのプロフィール・経歴とは?

 水野美紀は結婚して夫はいるの?過去の出演ドラマからみる演技力とは?

名前:夏帆(かほ)

生年月日:1991年6月30日(24歳)

出身地:東京都

活動内容:女優、タレント、ファッションモデル

所属事務所:スターダストプロモーション

 

参考先 http://official.stardust.co.jp/kaho/

 

芸能界に入ったきっかけは、原宿でスカウトされてとのことで、当時まだ小学5年生だったということです。活動開始後すぐにCMで起用され、ティーン向けのファッション雑誌の『ピチレモン』やアイドル誌の『ピュア☆ピュア』でモデル活動をしています。

女優としても2007年に公開された『天然コケッコー』で主演を務め、数々の新人賞を受賞してます。私もこの映画見ましたが、あどけないピュアな中学生を上手に演じていました。夏帆さん、本当にかわいかったです!

共演の岡田将生さんとのキスシーンも初々しくて、思わず微笑んじゃう感じです。

 

本名については、公表されていません。ただ、調べてみると卒業アルバムの流出があったようで、それによると『印東夏帆(いんとう かほ)』さんと言うようです。『夏帆』の部分はそのままのようですね。それにしても珍しい苗字ですが、全国でも300人程度しか居ないようです。

  

夏帆の過去の出演ドラマとは?

 スポンサーリンク



ラブソングではるの役の新山詩織の経歴とは?所属事務所はどこなの?

流石に子役から女優業をしているだけあって、出演作品が非常に多いです。NHKや民放テレビ局、ネットドラマと幅広く出演されています。

目ぼしい所をピックアップしてご紹介していきます。

 

2004年:日本テレビ『彼女が死んじゃった。』#1・4石井ゆかり役 ドラマ初出演

2004年:TBS『世界の中心で、愛をさけぶ』松本茉美子役

2005年:フジテレビ『エンジン』二宮ユキエ役

2008年:フジテレビ『ホームレス中学生』田村幸恵役

2009年:フジテレビ『オトメン』都塚りょう役

2013年:テレビ東京『みんなエスパーだよ!』主演・平野美由紀役

2014年:フジテレビ『信長協奏曲』ゆき役

2015年:日本テレビ『黒崎くんの言いなりになんてならない』一色鈴音役

 

2004年の『世界の中心で、愛をさけぶ』は映画でも制作された感動大作ですね。ドラマ版は、山田孝之(やまだ たかゆき)さんと綾瀬はるか(あやせ はるか)さんがメインキャストとして作られています。夏帆さんは山田さんの妹・茉美子役でしたね。

 

当時、月9の帝王だった木村拓哉(きむら たくや)さんの代表作。実家の児童養護施設にかえってきた元F3000ドライバーの木村さん演じる神崎次郎が一緒に暮らす児童たちとぶつかりながらも立ち直って、再びF3000に挑戦していくというストーリーで、夏帆さんは児童の1人、いつもテディベアを抱いている物静かな二宮ユキエ役を演じていましたね。

 

私の大好きなドラマ『みんなエスパーだよ!』夏帆さんは主演で平野美由紀役でした。同じく主演の染谷将太(そめたに しょうた)さん演じる鴨川嘉郎と同じ能力の「人の心の声が聞こえてしまう能力」を持ち、嘉郎とテレパシーで会話もできてしまう。

特殊な能力(エスパー)は童貞もしくは処女にしか発動しないという、中二病なドラマ。くだらなさがくせになります。今の夏帆さんからは想像できないキャラクターを見事に演じていました。注:夏帆さんのパンチラも有りましたね。

 

 

夏帆の演技力ってどうなの?

 月9ラブソングの歌声に感動?第3話のライブで歌った歌の曲目とは?

2003年からなので、年齢のわりに既に芸歴13年。子役の次期は『三井のリハウス』のCMに出ていた事もあって、清純派子役といった感じでしたね。

雑誌モデルもやっていたので、演技力と言うより、可愛さが優っていた印象です。20歳を過ぎたくらいから急激に演じる役に変化があったようです。

映画『任侠ヘルパー』ではキャバクラ嬢役、主演したWOWWOWのドラマ『ヒトリシズカ』では、ミステリアスな女性、そして『みんなエスパーだよ!』のヤンキー風な高校生と過激な役が増えたように思います。

そして現在は一皮むけて「良い女」や「不思議ちゃん」なんかも演じるようになっています。

これだけ多くの役を演じきる女優さんなので、演技は上手だと言わざる負えないでしょう。優秀助演女優賞をとった映画『海街diary』でも、3姉妹の末っ子で、新しくきた妹のすず(広瀬すず(ひろせ すず))との距離感が絶妙で、カレーを食べているシーンとか、微笑ましく感じました。

 

まとめ

 藤原さくらの演技力に絶賛?月9ラブソングのツイッターの反応は?

大人になって清純派から演技派女優に変わってきた夏帆さんをご紹介させていただいてきましたが、私も調べてみて「あ~あの子、夏帆さんだったんだ!」と思った作品も沢山ありました。名前を知らないうちから印象に残ってるということは、やはり凄い女優さんなんですね。今後、もっと味が出てきて活躍されることが非常に楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す