日焼け後のケアのおすすめとは?赤く腫れてしまったときなどの対策!

スポンサーリンク

 

梅雨の晴れ間はもう真夏のような暑さですね。

長時間外に出ていると手や足、肩などが赤く日焼けしていることがありませんか?

少しぐらいの日焼けであれば、肌がかゆい、あるいは少し赤くなる程度ですが、長時間肌を焼くと赤くなり、腫れて痛みが出ることもありますね。

日焼けが赤く腫れてしまった場合の対処法やケアをお教えします。

腫れがおさまってからシミにならないようにするためにも是非お試しください。

赤く腫れるのは火傷?

食べて痩せる簡単なダイエットの方法とは?伊達友美が食事選びを紹介

簡単に食べながら痩せるなんてそんなダイエットの方法なんてあるかい!と突っ込みが来そうですが。

フジテレビの情報番組「バイ...

プールや南の島に遊びに行くと、初めのうちは日焼け止めをぬったり、パラソルの下で予防しているのですが、時間が経つにつれ、日焼け対策がおろそかになってしまいます。

何度も海やプールに入ると日焼け止めもとれてしまい、浮き輪でプカプカ浮いている間に肩はじりじりと日光に焼かれているということがありませんか?

ビーチでうっかりお昼寝をしてしまい、気が付いたら真っ赤になっていたという話も良く聞きます。

赤く腫れてひどい場合は水ぶくれができることもありませんか?

皮膚がひりひりとして、空気に触れても痛いと感じることもありますよね。

日焼けがひどい場合は、熱湯を皮膚にかけたときと同じ程度の火傷をしているのです。

日光によって火傷を負い、皮膚の細胞を破壊したり、皮膚の水分を奪ってしまいます。

場合によっては発熱や倦怠感をともなうこともあるようです。

火傷をしているのですから、赤くなったり腫れたり水ぶくれになるのも納得ですね。

 

まずは冷やす!

スポンサーリンク



バイキングで滝沢眞規子が公開!スムージーやチアシードを使ったレシピとは?

11月6日(金)放送のフジテレビのバイキングは、人気主婦モデルのタキマキこと滝沢眞規子さんの自宅に潜入していました。

滝...

火傷をしたらまず水で冷やしますね。

同じように水で冷やしましょう。

まだプールの近くにいるのであれば、まずはプールに入りましょう。

海の場合は火傷の程度にもよりますが、赤いぐらいであれば海に入って身体をクールダウンさせても良いですが、腫れている、水ぶくれになっている場合はやめておきましょう。

海の水は塩分が入っていますので、肌に余計な刺激を与えてしまう可能性があります。

シャワーを浴びることをオススメします。

自宅でのケアであれば、水風呂もしくは水のシャワーを浴びましょう。

とにかく冷やすこと、そして皮膚を清潔に保つことが一番大切です。

水ぶくれやひりひりとしている部分に菌が入ると二次感染が心配されますので、ひりひりしている部分も水ぶくれも触らずに刺激を与えないようにしましょう。

アイスノンで冷やすと気持ちが良いので使用する人も多いと思いますが、冷やしすぎは細胞の働きを抑えてしまいますので良くありません。

直接患部を冷やすのではなく、ガーゼを当てた上からアイスノンなどで冷やすことをオススメします。

 

余分なケアをしない

ゴゴスマのTAKAKOが教える金運アップする簡単風水ハッピーメイクの方法とは?
11月30日(月)でTBSのゴゴスマでビューティークリエーターのTAKAKOさんが「無免許メイクお直し!ビューティーパトロール」という企画で教...

ドラッグストアなどでいろいろな塗り薬などを売っていますが、自己判断で使用せず医療機関を受診しましょう。

皮膚が乾燥していますし、痛みやかゆみを伴うので、何か薬や化粧品を塗りたくなりますが、皮膚への刺激が心配です。

オススメなのはワセリンです。

刺激もありませんので、クールダウンと水分補給を兼ねて使用してみてください。

2、3日たっても赤みが取れない、ひりひりする状態が続いているのであれば医療機関を受診するようにしましょう。

キュウリやアロエなどを使用する民間療法もありますが、日焼けする成分を多く含んでいる食材ですので、注意が必要です。

アクセサリーなども日焼けがおさまってからつけるようにした方が良いでしょう。

 

まとめ

ゴゴスマのTAKAKOが教える金運アップする簡単風水ハッピーメイクの方法とは?
11月30日(月)でTBSのゴゴスマでビューティークリエーターのTAKAKOさんが「無免許メイクお直し!ビューティーパトロール」という企画で教...

うっかりとしてしまった日焼け、正しいケアで最小限のダメージでとどめたいですね。

日焼けの後、皮がむけることもよくあると思いますが、無理矢理むかないようにしてくださいね。

日焼けの肌の下に新しい皮膚ができる準備をしている中で、無理矢理皮膚を取ってしまうと肌に傷をつけてしまい、シミの原因にもなります。

皮膚が自然にむけて落ちていくまで待っていてください。

日焼けは皮膚の火傷です。

怪我だという認識を持ち、優しくケアをしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す