火の粉はお墓の移動が怖すぎる?ユースケこと武内の暴走が止まらない!

スポンサーリンク

 

最終回に向けて、折り返し地点を通過した、土曜の深夜ドラマ「火の粉」。

本当に毎回怖すぎるのですが、第6話はユースケサンタマリアさん演じる武内の暴走が止まらなくて、めちゃめちゃなストーリーでした。

そして第6話に視聴者をぞくっとさせたのはラストの「お墓の移転」。そんな武内の暴走の数々と視聴者の恐怖の反応をまとめました。

あまりにも殺しすぎ?暴走が止まらない武内に恐怖!

火の粉のスーツケースの中身は何?第5話の感想は怖すぎて視聴者鳥肌!

梶間家の隣に引っ越してきてから、行動が徐々にエスカレートし、回を追うごとに殺しが大胆になってきた武内。

まずは梶間家のおばあさん。介護をしていて辛そうな尋恵を助けるために。そして武内がかつて殺した家族の奥さんのお兄さんで武内が殺したことを知っている佐藤隆太さん演じる池内。

池内はまだはっきりしませんが、スーツケースに入れられたようでした。そして自分を弁護してくれた弁護士の先生。

そして第6話の最後では、琴音の元旦那を事故に見せかけて殺す。

しかも「アディオス」という意味のわからない恐ろしい台詞とともに。。ひぇ~怖すぎです。

しかも、6話では、かつて近所に住んでいたおばあさんのお葬式に行ってきた話をする武内。家族3人を殺した事件の後に、武内のことを避けたおばあさんが、事故で死んだようだけど、これも武内が殺したっぽい。

っていったい何人殺せばよいんだーー!!!と暴走が止まらない武内に、ただただ恐怖の深夜1時過ぎでした。

このドラマの放送時間がまた怖いんですよね・・・。

 

ラストはお墓の移動で恐怖を増長!?

スポンサーリンク



の粉のユースケサンタマリアの演技が上手すぎて怖すぎる!感想まとめ

そして6話は、ラストでさらに視聴者をゾクゾクさせてくれた武内。

琴音が「(元旦那を殺したいと言ってしまった)秘密を守るために家族になってください、一緒にずっといてください」と言うと、琴音のことが好きな武内はokするかと思いきや「それはできません」と断ります。

どうしてかというと「すでに梶間家という家族がいるから」って、ひぇー怖すぎ。ここでさすがに、琴音も武内がおかしいことに気付いたでしょう。

そして、極めつけは、山梨にあった自分の母親のお墓を梶間家の隣に移転。ってそんなこと可能なの??そんな気味の悪いこと、もうやりすぎだよーーーと。

そんな武内の奇行に視聴者のツイーターの反応です。

火の粉で琴音役の木南晴夏の経歴や出演ドラマは?演技力はどうなの?

墓の引っ越して。。 想像をはるかに超えるぶっとび展開。。 こえーー でも、おもろい こんな遅い時間のドラマだけど、 見逃せない〜〜

 

墓引っ越すとか怖すぎ こーゆドラマほんとすき!! 来週気になる!!

 

サイコパスーーー 墓移動するって怖すぎだろがあぁあ 火の粉すげぇわ(´・_・`)

 

墓ごと引っ越しって狂気過ぎる

 

武内さんこっわーーー!!!! 墓移動させてくるなんて経済力ありすぎ(笑)

 

墓の引越し速すぎwwこわい

 

なぜ山梨に雪見が?って思ったら、 墓を移したらしい

 

墓も引っ越して梶間家よりも背の高い墓建てるし……w。(・_・;アセ

 

墓移動するストーカーって珍しいなw 

 

墓まで隣に越してきたぁぁぁぁぁぁぁ((( ;゚Д゚)))

 

墓まで隣?!怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い

 

墓移動?! ひえ!ーーー!!

武内の斬新な行動にみんなびっくりといった感じですね。怖かったけれど、ツイートをみて少し笑ってしまいました。

ツイートにもあった通り、お墓の移転でどれだけ金がかかるんだろうと、考えてしまいます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す