世にも奇妙な物語2016春のあらすじやキャストとは?放送日や見どころも

スポンサーリンク

 

今回の『世にも奇妙な物語』は春の特別編と題して4作品で放送されます。

毎回、その時期に話題のキャスト陣を揃え製作されている世にも奇妙な物語ですが、今回はどんなキャストがセッティングされているのでしょうか。

気になるキャストやあらすじをご紹介していきましょう。

世にも奇妙な物語2016春の放送日時とは?

世にも奇妙な物語で中谷美紀主演の事故物件のあらすじのネタバレや結末は?感想も

放送は2016年5月28日(土)よる9時~11時10分です。

 

世にも奇妙な物語2016春のストーリーのあらすじやキャストとは?

通いの軍隊

世にも奇妙な物語で竹内結子主演の箱のあらすじのネタバレや結末は?感想も

キャスト

主演・前島啓一郎役 西島秀俊(にしじま ひでとし)

前島の嫁・前島唯役 中村優子(なかむら ゆうこ)

森内 マギー

 

あらすじ

前島啓一郎(西島秀俊)が住む日本では、世界的な納豆ブームを受け、「ニュー・イバラキ」が日本からの独立を宣言し政府軍との戦いが続けられている。

前島が務める会社が納品したライフルに不具合があり迷惑をかけたため政府軍にお詫びにいくよう上司から指示される。謝りに行くと、そこはサラリーマン化した戦場。

すぐに帰るはずが、気づけば戦争へ加担しており、やりがいをも感じるようになっていく。そんな前島を驚くべき結末が待っていた…。

 

引用元 http://www.fujitv.co.jp/kimyo/20160528001-20160528003.html#num20160528001

 

通いの軍隊の演出を担当するのは、映画『キサラギ』や『脳内ポイズンベリー』、ドラマ『ストロベリーナイト』などを手掛ける佐藤祐市(さとう ゆういち)氏です。

世にも奇妙な物語シリーズも数多く手がけている有名な演出家です。過去の作品から考察すると、佐藤氏の作品は、シリアスでミステリーなストーリーに中に何処かユーモアな部分が見え隠れしているものが多いですね。

今回の『通い軍隊』も戦争という思い舞台に、普通では決して交わることのないサラリーマンが巻き込まれていく。しかも納豆ブームにニュー・イバラキですから、そこかしこに笑えるのポイントがありそうですね。

主演の西島さんも『脳内ポイズンベリー』でも見せてくれた、真顔でおかしなことをいうイメージができるので非常に楽しみですね。

 

 

夢見る機械

世にも奇妙な物語で阿部サダヲ主演のバツ×のあらすじのネタバレや結末は?感想も

キャスト

主演・野間崎健二役 窪田正孝(くぼた まさたか)

稲葉慶子役 石坂杏奈(いしざか あんな)

受付嬢役 すみれ

理事長役 山路和弘(やまじ かずひろ)

野間崎健二の父・六郎役 小野了(おの りょう)

野間崎健二の母・直美 舟木幸(ふなき さち)

 

あらすじ

野間崎健二(窪田正孝)は漫画家になる夢を抱きながら作品を描き続けているがなかなか認められない青年。

両親からも現実を見つめ就職を考えるようにと言われている。いつものように母親と言い争った際、部屋から押し出した母親がふいに倒れてしまう。その瞬間驚きの事実が明らかに!

母親が実は機械だったのだ。恋人の慶子(石橋杏奈)はそんな健二を励ますのだったが…。次々と驚きの事実を目撃し追い詰められていく健二。彼が選択した決断とは。

 

引用元 http://www.fujitv.co.jp/kimyo/20160528001-20160528003.html#num20160528001

 

映画やドラマなど出演の活躍がめざましく、実力派になりつつある話題のイケメン若手俳優・窪田正孝さんが主演を勤め、ヒロインには、女優にモデル活動、最近では『LIFE!』でコントにも挑戦し活動の幅を広げている石坂杏奈さんを起用しています。

母親が機械で出来ているというのだから驚きです。正直全貌が見えてこないので、なんともいえませんが、人間型機械ならロボットとするほうが自然だと思うのですが、あえて『機械』という表現を用いているところにヒントが隠されているように思えます。

あらすじにもありますが、迫られる選択とは何を意味するのでしょう。世にも奇妙な物語では、実は自分だけが周りと違ったていたという結末が比較的多いので、久保田さんが機械になるか否かの選択ですかね~??

 

 

 

クイズのおっさん

スポンサーリンク



僕のヤバイ妻で高橋一生がかっこいいと評判?月9いつ恋などファン急増!

キャスト

主演・クイズのおっさん役 松重豊(まつしげ ゆたか)

古賀三郎役 高橋一生(たかはし いっせい)

森本ゆみ役 藤本泉(ふじもと いずみ)

 

あらすじ

古賀三郎(高橋一生)はなんの面白みもない毎日に嫌気がさし、ちょっとだけ変化がほしいと思い軽い気持ちでクイズ番組に出演する。

それがすべての始まり。クイズで優勝した三郎に与えられた賞品は、優勝賞金100万円、そしてなんと「クイズ1年分」。

なんのことかと思っていた三郎の前に翌日からクイズを出題するナゾのおっさん(松重豊)が現れる。“クイズのおっさん”に追いかけ回される三郎。おっさんと三郎の世にも奇妙な日々が始まる。

 

引用元http://www.fujitv.co.jp/kimyo/20160528001-20160528003.html#num20160528001

 

クイズのおっさん扮する松重豊さん。怖いですね~(笑)真顔で松重さんが近寄ってきたらとりあえず逃げます。

しかもそれが1年間も続くなんて、考えただけでもヤバイです。ターゲットになるのが、高橋一生さん。

高橋さんの役作りだと、興奮すると少し震えたようなしゃべり方になるのが演技の特徴でしょうか。『クイズのおっさん』でも、わけも分からず毎日訪れるおっさんに間違いなくキレまくるでしょうね。同じことが繰り返されるストレス時は計り知れないですし、考えただけで思考停止してしまいます。

 

 

美人税

世にも奇妙な物語で妻夫木聡主演の幸せを運ぶ眼鏡のあらすじのネタバレや結末は?感想も

キャスト

主演・愛子役 佐々木希(ささき のぞみ)

 

あらすじ

財政がひっ迫する中、日本政府は「美人税」を導入する。美人は男性からご飯をごちそうしてもらったり、ほかの人が叱られたりする中、優しくされたり、人生において得をしている…だから税金を払えというとんでもない政策だ。

美しい愛子(佐々木希)の美人税は20%と高額。かさんでいく税金に全く納得がいかない愛子だったが、次第に政府に認定された特別な美人であることに優越感を覚え始める。

しかし、美人税が思わぬ事態を次々と巻き起こしていくのだった…。美人税と最初に聞いた愛子が最初にとった行動とは美人税反対を訴えることだった――。

 

引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160522-00000005-cine-movi

 

注釈

モデル時代を過ぎて女優として経験を積み上げてきている佐々木希さんですが、年齢もアラサーになり徐々に可愛いだけの演技では通用しなくなってきてしまった矢先、今回の役どころは、佐々木さんの美人さを最大限に活かしつつも、ストーリー内で凄い顔をしていたりするシーンもあるということで、どんな顔を見せてくれるのか、とっても楽しみですね!

こんな演技もできるんだ~と思わせてくれるのではないでしょうか。『世にも奇妙な物語』のオフィシャルで紹介が無かったのも制作サイドのサプライズなんですかね。

 

まとめ

世にも奇妙な物語2015秋!イマキヨさんのあらすじのネタバレは?結末と感想も

世にも奇妙な物語 春の特別編‘16の放送は5月28日(土)よる9時~11時10分です。

主演陣に西島秀俊さん、窪田正孝さん、松重豊さん、そして紅一点の佐々木希さんの4名を迎えて、不思議な物語が展開されます。今回は、ホラー系は無く、ミステリー要素のドラマが4本立てのようですね。毎回高視聴率をとっているだけに、フジテレビのスペシャル企画となるでしょう。

楽しみですね。お見逃しなく!

 

スポンサーリンク

コメントを残す